June 12, 2005

「蝦夷=アイヌ?」DNA分析

縄文人と弥生人の二重構造だとか、混血、住み分け、そして「蝦夷」の実態・・・などについて、これまでは考古学的なアプローチが主体であったが、これを人類学的視点で本格的に調査しよう、ということだそうだ。

元記事:(北海道新聞)蝦夷はアイヌ民族? 日本書紀記す東北の民 札医大と東北大解明へ 人骨600体の形やDNA比較

Continue reading "「蝦夷=アイヌ?」DNA分析"

| | Comments (0) | TrackBack (0)

November 02, 2004

1700年前の住居址遺跡

和歌山のみなべ町で発掘調査中の遺跡が、意外に広域にわたっていることが判明した、という記事。

住居域の規模は6ヘクタール

1700年前、古墳時代初頭のものということだが、6ヘクタールというと、結構広い。
社会的にも「ムラ」から「クニ」への変容が顕著になりつつある頃である、と記事には書かれている。
何となく、「火の鳥」の映像が脳裡をよぎりますね(^_^)

| | Comments (0) | TrackBack (0)

March 31, 2004

9000年前祭礼跡か 上猪ノ原遺跡から土器出土

9000年前祭礼跡か 上猪ノ原遺跡から土器出土

例の旧石器捏造事件(神の手事件)以来、日本における考古学の成果に、何かしら懐疑的な目が向けられてしまう傾向が見られるようではありますが、まぁ9000年前というのは全然かすってもいない時代の話なので、安心して読みましょう(^_^;)

Continue reading "9000年前祭礼跡か 上猪ノ原遺跡から土器出土"

| | Comments (0) | TrackBack (0)