« marzo 2004 | トップページ | mayo 2004 »

2004.04.29

厚年基金、770万人に減 4月1日だけで1割ダウン

厚年基金、770万人に減 4月1日だけで1割ダウン

そりゃまぁ減りもするでしょう。
総合型で抜けたくても抜けられない、というところも多いはずですが、それでも背に腹は代えられないということで、脱退のやむなきに至る、というケースが増えているものと思われます。

確定給付型の年金はもはや苦しいのでしょう。
5.5%なんていう利率も、バブル期ならそれでも低すぎたのかも知れないけど、今となっては現実味の薄いものですしね。

問題はその代わりとなるべきDCが、今ひとつ企業にとっても、加入者にとっても、使いやすいものになりきれていない、という点でしょう。
基金や適年、退職金制度からDCに移換するにあたって、様々な制約があったり、制度設計がなかなか難しかったり・・・
アメリカの401kほどの自由度は必要ないにしても、もう少し融通のきく制度にならないと、普及が進まないのではないかなぁ。
公的年金に、ますます期待ができなくなってきている今の時代に、DCの果たす役割は極めて大きいと思うのだけれど。

2004 04 29 06:18 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

アヒルちゃんのピィンチ

アヒルちゃん倒壊した壁の下敷きになるアヒルちゃん、ピィ~ンチ!

アヒルちゃんは「チビダス」という液晶画面クリーナー。
襲いかかっている(倒壊している)壁はSANKYOのカレンダー。つまり夢夢ちゃん。
その奥のカレンダーは月齢付陰暦カレンダー。
手前の物体はモバイルマウス。
写しているのはヒマ人。
見ているアナタもヒマ人(_ _)

2004 04 29 03:52 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.28

森内、強し!

名人戦:森内が2連勝 羽生大長考も及ばず

とにかく強い。どうにも止まらない。
そういうオーラが、今の森内竜王には感じられる。
オーラの色がレインボウだな(<こらこら、それはケンシロウ)

ただ、羽生名人の3時間46分の大長考というのも、ある意味、羽生の凄さの表れだと思う。
ここまで腰を落として、とことん考えられる、ということは、並の人間はもとより、プロ棋士の大半にもできないことではなかろうか。
まさか、BSの解説が加藤九段だから、それに合わせて大長考した、という訳でもなかろうが(笑)
かつて、(その加藤九段とは仇敵と言ってもよい間柄だった)米長永世棋聖が、「脳に汗をかく」という表現を使ったことがあるが、この時の羽生名人は、まさに「脳が汗だく」状態だった・・・かも知れない。
でも案外、平然と、このシチュエーションと、大長考している自分を楽しんでいるだけだったりして(^_^;)

会社の飲み会でBSの2日目の模様はHDDの中、ということで、どういう展開で、どんな変化が隠れる中での戦いだったのか、それはGW中のお楽しみ、ということにしておこう。

2004 04 28 01:06 AM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

それでは皆さん

自己責任論はNGO締め付け

反日分子、あるいは非国民として、世界のために頑張りましょう!
何と呼ばれようと、その志が貶められてはならない。

ブッシュや小泉、福田(なに?柏村?)などが、どういう状況で、何を語ったのか、それは歴史が白日のもとに曝してくれるはずです。
もっとも、彼らは歴史を無に帰すため、一日も早く世界を終わりに導くため、日夜奮闘しているのかも知れないが。

2004 04 28 12:30 AM [日記・コラム・つぶやき, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.26

どこまでも深く、愚かな国と人

日本人人質「反日的分子」 参院委で柏村武昭参院議員

個人的意見と言いながら、こういうすかぽんたんなことをほざくような輩が偉そうな顔して国会議員をやっている、ということそのものが、日本のダメさ加減を明瞭に示していると言えよう。
それにしても、全く、この国にふさわしい政治家とも言うべきではあるが、なぜに、そこまで世界中から嘲笑されることがうれしいのかねぇ。

さて、私も『「非国民」手帖』、読むとするか。

2004 04 26 06:39 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

復活したテレビにて名人戦を眺む

先ほど、新品のテレビ(前のと同じ型だと思う)がやってきて、やっとめでたく我が家のテレビも復活である。

名人戦第二局、朝のは録れなかったが、夕方の放送分は無事録画できております。
相変わらず加藤先生のトークは回転が速すぎて、シロウトには全くついていけません(笑)
矢内さんもついていけているのかどうか、よくわかりません(^_^;)
困ったように微笑みながら、失礼のないように、きちんと応対しているところに、「囲碁将棋ジャーナル」での経験と自信がにじみ出ています(^o^)

それにしても、先手の森内陣、とんでもない格好してるなぁ・・・
羽生名人の馬が1九にあり、先ほど1八に飛車を打ち込まれて王手。
しかし、羽生陣も既に終盤の趣。
何がどうなれば、一日目でこんな局面になりますかね(^_^;)
ここから、どうやってもう一日、間をもたせるのだろう・・・
NHK杯なら、あと15分で終局でしょうな。

というところで、初手からの解説。
横歩取り8五飛車から、一気に激闘に突入した模様。
(ひとまずここまで)

2004 04 26 05:16 PM [将棋, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

No.207 音声(のみ)で楽しむボウリング(笑)

まだテレビが直らない。
今日中に代わりのを届けてくれるらしいが、まだ今は音声だけの状態。
この状態で、JSPORTSのボウリングの放送を聞いているのだが、これがなかなか味わい深い

何しろ、ボールが転がる「ゴォォォーーーー・・・」という音が微かにしたかと思うと、「パカーン」というピンが弾ける音がするだけ。
スペアを取りに行く時は「ゴォォォーーーー・・・ポコン」
端に残ったピンを取りに行く時なんかは「ゴォォォーーーー・・・ポッカーン」
プロの試合なので、まず有り得ないが、ガターの時は「ゴォォォーーーー・・・ガゴン」

音だけでスコアが分かったりしたら凄いかも知れない

2004 04 26 02:56 PM [ahorism, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.25

ハンガリー戦:ラジオ状態

テレビの映像が表示されなくて、音声とネットの速報を頼りに楽しんでいる。
実況アナ氏は、日本が負けてるのに「2点のアヘッド」なんて言っている。
解説陣も誰も訂正しない。
まぁ地上波民放のアナウンサーなんて、こんなものですかね。

実はハンガリーの回し者だったりして・・・(笑)
個人的にはGKがキラーイじゃないから残念である。ファンなのに。トレパンマン。
それに、合唱団でずっとハンガリーの合唱曲をやっているので、実はとてもハンガリーには親近感がある。

それにしても、加地ってのは・・・マジャール人みたいな名前だな(笑)
ナジ、とか、ハジ(こりゃルーマニアか)みたい。
映像で観てないと、どっちの選手なのか勘違いしそうだ(^_^;)

ただ、テレビがちゃんと映っていたら、この試合は観ていなかったかも知れない。
何故かと言うと、我が家ではテレビ大阪はあまりよく映らないからである。
半ば砂嵐状態で映るので、真剣に画面を観ていると疲れる。
なので、中途半端でなく、殆ど映らないので、逆に観る(いや、聞く)気になった訳である。

ロスタイムに入って、PKをとられたようである。ラモスが怒っている。ジッコも怒っているらしい(^_^;)
ここでは実況アナの方が冷静だな。あ、入れられたみたい。
昨日のU23でもそうだけど、どう観ていても日本のGKはPKを止められそうな気がしない。あ、今日は「観て」はいないけど。

ということで3-2で日本は敗れましたです。
まぁ追いつくとこまでいったのはよかったんじゃないっすか。
FWも点取ったし。

2004 04 25 09:51 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ツール・ド・フランドル放映中

今は中盤から終盤にかけて、というところ。
栗村監督とSaschaの掛け合いも随分こなれてきた感じである。
なのだが、一つ大きな問題が・・・

何だかテレビが映らないのである(>_<)

音声は聞こえる。
多分HDDへの録画もできているであろう。
画面は全く映らない、という訳ではなくて、ハイライト部分だけが微妙に薄青く映っている。
しかし、よほど明るくない限りは真っ黒。

電気屋さんに来てもらったが、「あ、ホンマですね。これはメーカーに問い合わせてみないと・・・。今日は日曜でメーカーやってないんで、今日一日ガマンしといて下さい」とのこと。
う~ん、まいった。
一日で直ればともかく、一週間もかかってしまうと、「スタートレックまるごと70時間」にひっかかってしまう。
CSチューナーとHDD/DVDレコーダーは直結だから、テレビがアウトでも録画はできるのだが、画面表示できないと、録画予約も手探り状態になってしまうし、SPモードで70時間録画しようと思ったら、今HDDに入っているものをDVD-RかDVD-RAMにダビングしとかないといけない。その辺も画面が見れないとほぼ不可能だろう。
小さくてもよいので、修理中は「代車」ならぬ「代テレビ」が必要ですな。

本題のツール・ド・フランドルだが、既に半月以上前に戦われたものだけに、結果はわかっているものの、また音声だけではあるものの、石畳の路面のシビアな様子はそれとなく伝わってくる。
テレビが復活した時に、改めて画面を観るのが楽しみである(^_^)

2004 04 25 04:18 PM [Cycle, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.23

なんなんだか

こ、これは・・・

これ ←クリックするある

これを聞くために、職場のPCのボリュームがみんなでっかくなったりして(笑)

しかし、ネットで調べてみると、結構以前からある、有名なFlashのようですな。
あちこちに転載されているみたいで、どれがオリジナルなんか、ようわからん。

この手のにハマると寝る時間がなくなるので、あまり寄りつかなかったのだけど。

2004 04 23 01:41 PM [おすすめサイト] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.21

No.206 書店にて

※ご注意
以下のアーティクルには
18歳未満の方にウリャウリャな内容が含まれています
ウリャウリャ

「豆乳ローションでキレイになる」

ポスターには
そのように書かれている

のだが、
何故か脳裏に

「巨乳ローション」

という文字列がよぎった人が
必ずいるはずである

あなた
よぎりましたね

2004 04 21 11:46 PM [ahorism] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

本日の獲物

本日の獲物珍しく新大阪で下りて、在来線改札近くの「beer cafe cooking」へ。
生ビールのレギュラー、その後焼酎水割り。
獲物としてテーブルに置いてあるのは西原理恵子の『毎日かあさん』

毎日新聞朝刊の家庭面に週一回連載されている。
帯にある読者の反響にも書いてあるが「毎日新聞、度胸あるなぁー」というのが正直な感想。
しかしまぁ、もはやサイバラというのも、ある種のブランドではあると思うけどね。
考えてみれば、ライバルのA紙との関わりで言えば、『恨ミシュラン』というのもあったし。
毎日新聞社で言えば『怒涛の虫』という実績もあるワケではある。

ただ、これも帯にあるように「家庭円満マンガを描いていたら、連載中に離婚してしまいました(笑)」というあたりが、サイバラのサイバラたるゆえんではあるだろう。
新聞社時代の同期生の一人であるU君撮影のサイバラの「かあさん姿」は、「ちくろ幼稚園」当時の彼女の姿と比べて、確実に「経年劣化」と「熟成」と、それでいて「変わらない何か」を感じさせて、不思議な魅力がある。

連載時に読み落としていたものもそこそこあるので、これから読むのが楽しみである(^_^)

2004 04 21 10:13 PM [Book List, Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.19

雨の日はポイント2倍

本日のお供先週からスタバでは長期間のエクスペリエンスカードをスタートさせているが、雨の日はスタンプが2つつくのでお得である。
本日のお供はトールノンファットチャイラテ
何故かチャイラテには豆乳より無脂肪乳の方が合うような気がする。
読んでいるのは『「格付け」市場を読む』
もうかってますな、ムーディーズさん(^_^;)

2004 04 19 01:43 PM [Book List, Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.18

ミラノ~サンレモ

うかつにも録画を忘れていたのだが、仕方がないので20日の再放送を録画するとしよう。
完全に1ヵ月遅れ(実際にレースが行われたのは3月20日)だけど。

終盤からゴールまでは観れたのだが、それにしても、ゴールシーンは・・・
笑っちゃあ、ツァベルに悪いけど、あれはねぇ・・・(^_^;)

ご覧になった方はご存知の通り、今回はゴールスプリントに持ち込まれ、ペタッキ、ツァベル、フレイレ、オグレディの争いになり、ツァベルが勝った・・・と思って、両手をハンドルから離してガッツポーズをとった刹那、フレイレがハンドルを投げて(ホントに投げるのではなくて、僅かでも前に出ようとハンドルを握った状態で腕を前に伸ばすことを、そう表現します)、結局これが大きくモノを言って、フレイレが微差で勝利を収めた、というワケです。
いやぁ、勝負は最後まであきらめたらいかんし、最後で緩めてはいかん、という、ご教訓を残してしまったですね。いやはや(^_^;)

これが新人だとか、普段スプリント争いすることがあまりないような選手ならともかく、ツールでも何度もポイント賞を獲り、このミラノ~サンレモでも過去4回も優勝しているツァベルがこれをやっちゃった、というところがおかしくもあり、また最近ペタッキに圧倒され続けてきたツァベルの心理状態に思いをはせると、少々寂しくもあり、というところです。

ちなみに3位にはオグレディが入り、ペタッキは4位。

2004 04 18 11:24 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.17

自覚がないのは誰か

先に解放された3人が、「イラクに残りたい」と語ったことに対し、小泉は「自覚を持ってほしい」などとほざいた模様。
誰が自衛隊の派遣を決めたのか、そのことに対する自覚がないのではないのか、この人は?

ブッシュ政権が内部分裂と抗争を続ける中、正常な判断力も、世界の将来に対する確たるヴィジョンも持ち合わせないままイラクに軍を進め、現地の人々の怨嗟の的になっているにも関わらず、その「占領体制」に盲従して派兵したこと、そしてそれが今回の拉致の原因の一つ(最大の要因と言って差し支えないだろう)となっていることを、この首相は理解しているのだろうか。

靖国参拝違憲判決時のコメントを見ても、ブッシュ同様小泉に、正常な判断力や、まっとうな人間らしさを求めるのは、もはや不可能であろう。人質たちの「自己責任」を声高に主張する多くの与党の国会議員たちも大差はなかろうが。

国際的な感覚を有した人材の育成というのは、国家的な課題だったのではないかと思うが、そうして国際的な感覚を身につけた若者たちが、高い志を持って国際的な活動を展開していく中で、何か事が起これば「自己責任」で指弾されるようでは、ますます内向きの、志の低い(いや、志のない)人間しか育っていかなくなるのではないですか、小泉さん。
ま、内向きで、志などカケラもなさそうな人だから、彼らの心情は理解できんのだろうが。

2004 04 17 11:13 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

誕生日なのである

明日は合唱団のメンバーが我が家にやってきて、いろいろと打ち合わせをすることになっている。
それで、大掃除なんぞをしているのだが、こういう時に限って、いろんなものが見つかって、掃除がはかどらないものである。

今回は、ちょうど10年前の手帳、というのが出てきて、いろいろと感慨深く眺めてしまったものである。

10年前の今頃は、初めてのプータロー時代に突入したばかりで、新聞社にいた頃から関わっていた「サラリーマン生活向上委員会」の旗揚げ公演でバタバタとしていた時期である。
というか、芝居の楽日にあたり、公演後の打ち上げで、北新地の「PoPo」を貸し切って、夜通し騒いでいたものであった。
その時の写真も出てきて、思い出に浸ることしばし・・・

そんな訳で、まだ片付けと掃除が完了していないのであった(^_^;)

2004 04 17 07:47 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.15

名人戦第一局

しかし、あそこで投げますかね?
森内相手では羽生マジックは通用しない、という「絶大なる信頼感」ゆえでしょうか。

それぐらい、唐突な印象のある投了図でした。
その直前まで、中央での金銀の繰り替えで、千日手模様の展開だったものを、森内竜王が打開して、その後も細かい金銀の交換をした後、羽生陣にストンと金を打ち下ろして、わずか3分の考慮で羽生名人投了。
BS解説の高橋九段も、自分ならまだ粘っていた、と言っておられましたが、ここで投了、というのはにわかに信じがたいところです。

局面を相当悲観していたことは間違いないし、投了図の場面で森内竜王も「勝ったと思った」とのコメントを出していますから、二人の間では、この局面での投了に不思議さはないのかも知れません。
それと、高橋九段の話の中で、七番勝負全体を見通して、余力を残しておきたかったのでは、という点も「なるほど」と思わせる話ではあります。
朝日オープンと併せて番勝負を二つ並行して戦っているという点も、微妙に影響はしているでしょう。
対局過多による疲労、という話もありますが、これまでの戦績を考えれば、今更それはないでしょう、という気もします。
ただ、積もり積もった疲労感が、最近の森内の進撃によって増幅されて、噴出してきている、というのは、あり得ない話ではないかも知れませんね。

いずれにせよ、これでまたBS2の「大逆転(タレントが投了図の勝った方から指し始め、プロ棋士が負けた方をもつ、という番組。正式な番組名は忘れました(_ _))」のネタができましたね(笑)
これを負かしきるのは、かなりの棋力が必要でしょうけど。

2004 04 15 10:57 AM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.13

バスライト

先週金曜日に訪問した取引先の某パチンコメーカー・ショールームで、粗品としてもらったのが「バスライト」
正式な商品名はバスパレットというもので、かなり売れている商品らしい。

ダチョウの卵ぐらいの大きさ(だろうと思うのだが、本物のダチョウの卵を見たことがないので、実際のところはよくわからない)の物体で、防水構造になっている。
中に入っているLEDか何かのバランスで、青→緑→オレンジ→赤→紫→青・・・と光の色が変化していく、という代物である。
浴槽に入れて、浴室の電灯を消してみると、なかなか神秘的な雰囲気が漂い、リラックス効果が得られる・・・ということのようである。

早速試してみたのだが、折角だから写真に撮ってやろうと画策。
だが、浴槽内で光っているところの色合いがうまく反映できないのでボツ(^_^;)
浴室を暗くするとなかなかいい雰囲気ではある。
こういうのは、べっぴんさんと二人でご入浴、というときに使うと、とても効果的な小道具なんだろうなぁ(^o^)

※それにしても、商品のプレスリリースを読んでみると、この商品のターゲットは20~30代の女性なんだそうな。
40代男性は対象外なんかのぉ(笑)

2004 04 13 11:55 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.11

Round 16~19、はじめてのほくと

3月から4月にかけて、相変わらずパッとしません(=_=;)
まぁ慣れないスロットを打ってるから、ということもありますが。

Round 16
Date 31st Mar.
Place 大阪駅前第4ビル某店
Machine スーパービンゴ
投資3k、回収0、収支マイナス3k
3月累計投資31k、回収13.6k、収支マイナス17.4k
年度累計投資98.5k、回収91.1k、収支マイナス7.4k

一応、2度ほど当たったものの、どちらもAT33で、あっさり呑まれました。
この日は3kまでと決めていたので、あっさり終了。

Round 17
Date 1st Apr.
Place JR茨木駅東側某店
Machine 1 CR大工の源さんM56
投資3k、回収0、収支マイナス3k
Machine 2 スーパービンゴ
投資5k、回収0、収支マイナス5k
投資合計8k、回収0、収支マイナス8k
年度累計投資106.5k、回収91.1k、収支マイナス15.4k

さっぱりワヤです。何もかかりません(-_-;)

Round 18
Date 5th Apr.
Place JR茨木駅東側某店
Machine スーパービンゴ
投資10k、回収0、収支マイナス10k
4月累計投資18k、回収0、収支マイナス18k
年度累計投資116.5k、回収91.1k、収支マイナス25.4k

この日も2度ほどATを引きましたが、いずれも33で終了。
4ケタとは言いません。いや、111でもいいです(^_^;)

Round 19
Date 7th Apr.
Place 1 阪急東通り商店街某店
Machine ナナシー
投資1k、回収0、収支マイナス1k
Place 2 大阪駅前第1ビル某店
Machine 北斗の拳
投資13k、回収12.8k、収支マイナス0.2k
投資合計14k、回収12.8k、収支マイナス1.2k
4月累計投資32k、回収12.8k、収支マイナス19.2k
年度累計投資130.5k、回収103.9k、収支マイナス26.6k

新人君たちを連れて梅田と難波のパチンコ店視察、という一日。
梅田で視察中に1kだけナナシーを打つ。13回/kでした。
難波での視察中は打たずにスタバで休憩。

解散後、梅田に戻って第1ビルの地下の店へ。
人もすなる北斗とやらを我もやらむとぞ思ふ・・・の趣である。
会社の経理の人が先日5.5枚の店でBB31連を叩き出したと自慢していたのに触発された、というのもある。

イマドキ、普通なら超高稼動であるはずの北斗だが、サラリーマン主体の店で、6時前だったこともあり、8台中稼動していたのは僅か1台だけ。
残り7台のデータを見るも、殆ど回っていないので大して参考にはならないが、300回ほどでBBを4回引いている台を選んで打ち始める。
打ち始めて15分ほどすると、そろそろ客が付き始め、30分もしたら満席となった。さすが北斗。
途中BB11連を含めて合計22回のBBを引けたので、そこそこの戦績だったと思うが、7.6枚交換ということもあり、わずかに収支はマイナス(974枚でした)
11連後に止めておけば、若干のプラスだったかも知れないが、初めて打つので、ヤメ時がよくわかんなかった、ということもある。ちょっと悔やまれる。
端玉でキャラメル貰ったので、200円のキャラメルを買ったと思えばよいのだけどね(笑)

北斗を打った感想だが、ラオウステージ以外でただひたすらケンシロウが歩いている時は、確かに退屈である。
私は結局BB初当たりは5回だったが、ボスキャラに勝ってのボーナスゲットは1度もなかった。
その代わり、黒王はよく見ました(^_^)
BB11連の時に、テーマソングも聴けました。いや、これはうれしい。
まぁまた時間のある時に打ってみてもいいかな、とか言いながら、ハマったりして(笑)
ハマるとキツいとはわかってるけどね。

2004 04 11 03:13 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.10

久しぶりの始発電車

始発待ちのプラットフォームで始発電車で帰るのは、いつ以来だろうか。
まだこんなことができる体力が残っていたとは幸いである(笑)

前日は午後から新人研修に同行して、難波・元町のパチンコメーカーのショールームへ。
木曜の夜に購入したばかりのデジタルビデオカメラを持って、パチンコ台の構造などの説明をしてくれているところ等を撮影。

その後、社に戻り、片付けをしてからセンチュリーの練習へ。
ストレッチと発声は今回も松元さん。
練習は松尾先生。
前半は2番の、後半は3番の練習をして、最後に4番を通しておしまい。

通常なら練習後は江坂に戻って、オールドバーに行くのだが、この日は呼び出しがあって、新地へ。
新地の「445」は、昔「PoPo北新地店」でママをしていた英子さんがやっているお店である。
某女史がここで週一回バイトすることになったので、早速顔を見に行こう、というワケである。

少し迷って、細い路地を入ると、店はあった。
店に入ると、某女史が出迎えてくれ、先週再会したばかりのハトさんの隣へ(笑)
途中でハトさんが「たこ八」でたこ焼きを買ってきてくれたのをみんなで食べ、中尾ミエとか江利チエミとかの歌を歌って(笑)、ハトさんが帰り、某女史も仕事を終えて帰って行った。

私はそのまま店に残って、英子ママと話をしたり、レパートリーの棚卸しをしたりしていると、3時になっていた(+_+;)
ママは翌日に予定があるので、この日はまっすぐ帰って寝る、と言っていた。

一人で店を出て、キタの街を徘徊したが、この時間帯の東通りはどうしようもない感じである。
5m間隔で客引きが立ち、近寄ってくる。
「いらん! 帰る!」
と強行突破して、一筋北に回って堂山に出る。本来ならこちらの方がアヤシゲなのだが、この時間は殆ど客引きはいなかった。

そうこうしているうちに4時半頃になっていた(その間、元町のメーカーで貰ったノベルティやら、デジタルビデオカメラやら、ドイツレクイエムの譜面やらを抱えて、ひたすら歩いていたワケである(^_^;))ので、JR大阪駅へ。
駅は4時には開門するが、この時間帯は駅構内の改装工事が盛んである。
大掛かりに組まれた足場の脇を通り過ぎて改札を入り、プラットフォームに上がって撮影したのがこの写真。
始発とは反対側の7番線に停まっているのは回送列車である。

昔は4時半頃には始発が入線していて、扉が開いているから、と、うかつに中に入ると、車内の電気が点いたり消えたり、ホーム側の扉が閉まったり、反対側の扉が開いたり、ガタガタガタっと少し前進したかと思うと、ゴトゴトゴトっと後退したり・・・と、なかなか楽しい試運転を満喫できたものであったが、最近は4時45分に入線するだけになった。
始発電車は草津行きで、前に一度寝過ごして草津まで行ったこともあったが、この日は無事に茨木で下車できた。
帰宅は5時25分頃。

2004 04 10 11:12 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.08

噂の眞相の休刊

愛読者ではなかったし、実は殆ど読んだ記憶がないのだが、こうしてなくなってしまうと、何故かはわからない「喪失感」にとらわれてしまう、というものはあるものだ。

「後は任せろ」と「ダカーポ」が名乗りを挙げているのを書店の店頭で見たが、どんなものだろうか。

この手の情報誌というのは昔から連綿と続いてきているが、ここまでメジャーになり、独自のスタイルを作り、存在感を示したものは数少ない、と言うか、稀有だと思う。
違ったスタンス、スタイルで刊行されてきた他の雑誌が、この路線を引き継ぐというのは難しいだろう。
当事者の皆さんも、そんなことは先刻承知、だとは思うが、所詮はライバル誌からの惜別のメッセージ以上のものにはなり得ない、と考えておくのが無難であろう。

で・・・
「これから何を読めばいいんでしょうかねぇ」と途方に暮れている人も多いのだろうが、本当にどうなさるのでしょうか。
ねぇ、COMET師匠。

2004 04 08 10:35 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

新人引率中

本日のお供本日(4月7日)の午後は研修中の新人を連れて、梅田と難波のパチンコ店の視察。

梅田ではG店前で解散して、1時間余り、勝手に視察をさせた。
難波ではK店前で解散して、1時間半、放し飼い。

写真は難波で放し飼い中、戎橋のスタバで休憩中に撮影したもの。
飲んでいるのはアイスダブルトールソイラテ。
食べているのはエクレール・プラリネ。
読んでいるのは「ローカル線おいしい旅」
節操をなくした内田百閒、という趣の一冊である。

2004 04 08 12:26 AM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

大川べりでの花見

お花見先週の土曜日、それも夕方から、某女史と共に天満橋で待ち合わせて、大川べりをのんびり散策。

桜ノ宮から都島方面がお花見スポットとしてはメジャーだが、今回は反対に西を向いて中之島方面を目指す。
途中までは川沿いの公園で、普通に花見をしている人たちが多かったが、途中からはホームレスの皆様のお住まいが連なっており、お邪魔をする訳にもいかないので、少し逸れて、西天満から老松通りを抜け、アメリカ総領事館の裏から新地方面に出るルートをとった。

その後は某COMET師匠とも合流し、お初天神横の「天狗」で飲み会。
さらに明石からH氏も合流し、4人でさんざんに飲み食い倒す。

2004 04 08 12:16 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.04

買ってしまった・・・

HDD付きDVDレコーダーを・・・

購入したのは東芝のRD-XS35である。
160GBのHDD内臓。
DVD-R,DVD-RW,DVD-RAMの3メディアが利用可能。
BSチューナーは内蔵されていない。

個人的に東芝の製品を買うことになろうとは、直前まで考えてもいなかった。
東芝の製品を買った記憶も殆どない。
ただ、会社で扱う予定のメディアとの絡みで、できたらDVD-RAMが使いたかったので、東芝とパナソニックの争いとなった次第である。
そうなると、同じようなスペックでの価格勝負ということになる。
結果、東芝の圧勝となった訳だ。

購入したのはヨドバシ梅田だが、ここではこの機種を「週末特価」76,600円で売っておりました。
「来週の週末もまた週末特価、するの?」と店員さんに確認したところ、
「いやぁ、わかんないっス」とのこと。
こういう「今日まで」「期間限定」というのに、人は弱いものだ(笑)
しかも、現在ヨドカメでは通常時よりポイントが3%上積みされるので、現金・デビットカードで18%、クレジットカードで16%とお得。
私はポイントの蓄積が11,463あったので、これを全部つぎ込んだので、実質65,137円の買い物。
5年間のワランティは新たに発生したポイント(10,422ポイント)から差し引いてもらう。

持って帰って、早速接続。
D端子対応のコードなどがないので、普通に接続。
スカパーもちゃんと映ってます(今録画してるとこなので、ちゃんと録れてるかは後で確認します)
メディアも買ってないので、しばらくはHDDに録りためていこうかと思ってます。

取り敢えず、これで月末の「スタートレックまるごと70時間」への備えはできた(^o^)
ジロやらツールやらもこれで万全(^o^)
サッカー関係も結構いろいろ録れそうでウレシイ(^o^)
あとはクレジットが無事落ちることを祈るのみ(笑)

2004 04 04 10:58 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2004.04.01

Y!ニュース - Yahoo!ばぶばぶスタート

Y!ニュース - Yahoo!ばぶばぶスタート

いつまで残ってるかわかんないですが、毎年恒例のやつです。
個人的には2年前のスペースシャトルに液晶で広告・・・ってのが印象に強く残ってますです。
イソプレスはちょっとネタ切れ気味かなぁ・・・

2004 04 01 10:50 PM [おすすめサイト] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック