« 誕生日なのである | トップページ | ミラノ~サンレモ »

2004.04.17

自覚がないのは誰か

先に解放された3人が、「イラクに残りたい」と語ったことに対し、小泉は「自覚を持ってほしい」などとほざいた模様。
誰が自衛隊の派遣を決めたのか、そのことに対する自覚がないのではないのか、この人は?

ブッシュ政権が内部分裂と抗争を続ける中、正常な判断力も、世界の将来に対する確たるヴィジョンも持ち合わせないままイラクに軍を進め、現地の人々の怨嗟の的になっているにも関わらず、その「占領体制」に盲従して派兵したこと、そしてそれが今回の拉致の原因の一つ(最大の要因と言って差し支えないだろう)となっていることを、この首相は理解しているのだろうか。

靖国参拝違憲判決時のコメントを見ても、ブッシュ同様小泉に、正常な判断力や、まっとうな人間らしさを求めるのは、もはや不可能であろう。人質たちの「自己責任」を声高に主張する多くの与党の国会議員たちも大差はなかろうが。

国際的な感覚を有した人材の育成というのは、国家的な課題だったのではないかと思うが、そうして国際的な感覚を身につけた若者たちが、高い志を持って国際的な活動を展開していく中で、何か事が起これば「自己責任」で指弾されるようでは、ますます内向きの、志の低い(いや、志のない)人間しか育っていかなくなるのではないですか、小泉さん。
ま、内向きで、志などカケラもなさそうな人だから、彼らの心情は理解できんのだろうが。

2004 04 17 11:13 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/454927

この記事へのトラックバック一覧です: 自覚がないのは誰か:

コメント

コメントを書く