« DVDの要塞 | トップページ | No.210 夏の食卓 »

2004.06.28

No.209 あらののはてに

ひりひりとした痛みの中で
私は、前方の一点を凝視する

もう何度目だろう
こうして少女が大地にはいつくばるたびに
私の使者は旅立っていく

冷たく冴えた空気の中で
私は、目前の光景に釘付けとなる

もう何度目だろう
こうして少年が赤い果実を落とすたびに
私の血肉も虚空に消え行く

戻り来たれ!
我が使者よ!
戻り来たれ!
再び我がもとに!
戻り来たれ!
50人の夏目漱石よ!



























ほんま、何とかして

2004 06 28 05:49 PM [ahorism] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/859346

この記事へのトラックバック一覧です: No.209 あらののはてに:

コメント

コメントを書く