« No.211 新たなる日本語に向けて | トップページ | No.213 クール、であること。 »

2004.07.13

No.212 梅雨明け

本日の大阪は34度の灼熱地獄である
だからと言って
冷たいものばかり飲んでいるとおなかをこわす

夏場の
特に午後になると売れ行きが悪くなるが
会社ではコーヒーメーカーでコーヒーを淹れている
たまにはこういうものも飲むべきであろう

カップホルダーを手に取り
コーヒーサーバーからホットコーヒーを注ぐ

漆黒の液体は
カップホルダーに穿たれた穴より
勢いよく中空へと舞い落ちる

どうも
脳ミソが沸騰していたやふだ

2004 07 13 04:15 PM [ahorism] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/958460

この記事へのトラックバック一覧です: No.212 梅雨明け:

コメント

コメントを書く