« ごった煮練習 | トップページ | トラックバック野郎に願いを »

2004.07.06

第2ステージはマキュアン

ゴール前、スプリント、クラッシュ、マキュアン、そしてハスホフト・・・
コフィディスは神に見放されたのか?

ツール・ド・フランス第2ステージはシャルルロア~ナミュール間197km
序盤の4級山岳ポイントは昨日も頑張ったベッティーニが獲り、2番手にはこれも昨日同様トンバックが入る。
途中のスプリントポイントではトンバックの僚友エダレーヌが2つ連続で獲得。
この二人の活躍だけ観ていれば、コフィディスもなかなかやるやないの、というところ。
なのだが・・・

途中で3人ほどがクラッシュ。
道路から弾き飛ばされたのはコフィディスのベシー。
めちゃめちゃ痛そう・・・しかし必死にリスタート。
サエコのカサグランダも道路脇に吹っ飛んでいたが、こちらは一足早くスタート。

ゴールスプリントに突入した時点では、マイヨ・ジョーヌのカンチェッラーラまでが献身的な引きを見せて、ファッサの列車ができた、かに見えたのだが、途中でトレインが分断されてしまう。
そしてゴール前の直線に入る最後の左カーブでクラッシュ!
落車したのは・・・またもコフィディスのジミー・カスペール、そしてCSCのアルヴェセン。
コフィディスはどこまでもツキがない。

そうこうするうち、ゴールスプリントではスルスルっとマキュアンが抜け出し、最後は大差をつけてゴール!
今日のマキュアンの強さの前には、ペタッキも全く形無し。
2番手にはまたもハスホフト。途中クラッシュで遅れていたのだが、さすがである。
その他、上位には名だたるスプリンターたちが名を連ねる。

1位 ロビー・マキュアン(ロト・ドモ)
2位 トル・ハスホフト(クレディ・アグリコール)
3位 ジャン=パトリック・ナゾン(AG2R)
4位 ダニーロ・ホンド(ゲロルシュタイナー)
5位 ステュアート・オグレディ(コフィディス)
6位 ヤン・キルシプー(AG2R)
7位 エリック・ツァベル(Tモバイル)
8位 アレッサンドロ・ペタッキ(ファッサ・ボルトロ)
9位 ゲリット・グロムザー(サエコ)
10位 マリオ・チポリーニ(ドミナ・ヴァカンツェ)

いやぁ、壮観ですな(^_^)
昨日優勝のキルシプー、今日は僚友ナゾンの後塵を拝する。
番組中でも、AG2Rの二人のスプリンターの位置付けに関する話題が出ていた。
普通どちらかがエース・スプリンター、もう1人はいわゆる「発射台」役となるのだが、どうもこの二人は協力体制にはないのではないか、という感じ。
キルシプーは12回目のツール出場で、スプリントでの活躍は目覚しいが、これまで11回連続途中棄権である。
山岳ステージに入る前にやめちゃうのである。
それなら、自分もポイント狙いに行ってもいいでしょお、というのがJP.ナゾンの言い分だろう(^_^;)
彼は昨年のツールでは最終ステージで優勝を飾っているぐらいの選手なのだから。

総合成績では、連日上位に食い込んだハスホフトがトップに躍り出る。
2日間マイヨ・ジョーヌを着たファビアン・カンチェッラーラは8秒差の2位。
3位にはこの日優勝のマキュアンが17秒差で入る。
ランス・アームストロングは18秒差で4位、ヤン・ウルリッヒは33秒差で17位、タイラー・ハミルトンは34秒差で19位、イバン・マヨは37秒差の31位、ロベルト・エラスは53秒差で102位、ジルベルト・シモーニは58秒差の138位。山岳優位のマヨがこの時点でこの差につけているのはなかなかよい傾向。エラス、シモーニもこの程度なら山岳で挽回可能と考えているだろう。
そして気になるのが、前日背中の痛みを訴えていたブラドリー・マクギーで、なんと6分30秒差の184位(第2ステージ完走者186名中!)と大きく沈んでしまっていることだ。山もこなせるようになってきたとは言え、もともとそういうタイプではないマクギーにとって、この差は早くも絶望的と言わざるを得まい。

JSPORTSのクイズは「本日の優勝者の所属チームは?」ということで、バーデン・クックに賭けていたワタシは、エフデージュー・ポワン・コムと書いたのだが、残念ながらクックは15位に沈んだ(-_-;)
ま、マクギーの調子があんなんでは、チームとしてうまくいかないのも仕方ないところ。

それより、今日はロトとしては何が何でも勝たねばならない理由(7月1日に、元ロトの選手だったスティーブ・ブルモートが死去~心臓に持病があり、6月13日に心臓発作から脳に障害を起こして意識不明となっていた。享年28歳~この日が埋葬の日だった)があった訳で、そこのところを考えておくべきだった。
マキュアンの今日の勝利は、まさに執念の成せる業だったのかも知れない。

2004 07 06 02:19 a. m. [Cycle] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 第2ステージはマキュアン:

コメント

今年もロイターの人名表記には笑わせていただいておりますが、「マックユーイン」って誰だ?(笑)
Nakoさんとこなどでは「マキュエン」がスタンダードのようですね。「マキュアン」はちょっとフランスっぽいのかな?

投稿者: ちいしゃ (6 jul. 2004 9:39:25)

コメントを書く