« 忘れないように・・・ | トップページ | No.214 本物 »

2004.08.20

取り込んでみて気付くこと

iTunesでCDからデータを取り込む作業も、早3500曲を超えた。
2000曲を超えたあたりからは自分の中でも何か留め金が外れたような感じがして、「あ、あれも全部入れておこう」とか、「これを入れるぐらいならこれも入れなければ・・・」というような状態になっている。

ドビュッシィの歌曲集のCDを取り込んでいる時だったが、3枚組の3枚目だけ、トラックを取得しても、変な表示が出てしまう。おかしいなぁ、と思いながら再度トラック取得するが、関係ないCDのデータを拾ってくるだけである。
「はて?」と思ってCDを取り出して眺めてみると、何とそれはその「関係ないCD」なのであった(笑)
3枚組CDの3枚目だけ、無関係なCDが紛れ込んでいたのである(^_^;)
随分前に買ったCDだから、買ってからこの3枚目を聴く機会がなかった、としか言いようがない。
この調子で、買ったのに聴いてないものは結構あるようである。

全部揃えているつもりが、実は結構もれていた、というものもある。
King CrimsonのCDは、ブートレグはともかくとして、オフィシャルのものは大概あるでしょう、と思っていたのだが、実はEarthboundもUSAもYoung Persons' Guideも持っていなかった。
正確に言うと、前2者はLPでは持っている。大学時代に中古をまとめて引き取ったのである。確か某FM誌の「売ります/買います」コーナーか何かで売りに出されていたものをゲットしたのだった。

ダブって持っているものもそれなりにある。
ベートーヴェンの後期の弦楽四重奏曲をABQが演奏したものは、単体で13番と14番を所持していたが、これは確か覚悟の上で7枚組の全集を買った記憶がある。
しかし、それをすっかり忘れていて、iTunesには両方とも取り込んでしまっている(^_^;)
片方消さないともったいない。

とにかくここ2~3年というもの、殆どCDを買っていない。
よほどの必要に迫られない限り、CD屋自体に足を運ぶことも稀であった。
元々年間100枚ほどしか買っていなかったけれども、それにしてもこの数年は誠に低調だ。

考えてみると、その最大の要因は「買っても聴く時間がない/置く場所もない」だった訳である。
まずそのうち、「聴く時間」はiPod導入によって大幅に増加した。
通勤時間でも出先でも、スタバで一服中でも聴こうと思えば聴ける状態である。
次に「置く場所」だが、CDをそのまま聴こうとする場合、CDを取り出しやすいように、あるいは背タイトルが見やすいように並べる、なんてことが便利だからそうしている、あるいは単に見映えがよいから、部屋に来た人に圧迫感を与えたいから(笑)、地震が来たときにCDに埋もれて死にたいから(いやあの)、棚にぎっしり詰め込むということになるのだが、普段から聴きそうなものをiPodに入れてしまえば、CDを取り出す機会は大幅に減るのだから、それこそダンボールに詰めて押入れに入れてもよいし、極端な話、中古CDとして売り払っても構わない訳だ(リーフレットなどが必要だ、とか、iPodが潰れたり、iTunesを入れたPCがえらいこっちゃになってしまったりした時に備えておかねばならない、という理由で、元CDも手放す訳にはいかない、という理屈はあるが)

まぁそんなこんなで、これからはまたCDをちょくちょく買うことになるのだろう。
拳王様に貢いでいる場合ではない、かも知れない(札幌から戻ってからは一度も打ってないけど)

2004 08 20 03:45 PM [music with iPod] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/1235425

この記事へのトラックバック一覧です: 取り込んでみて気付くこと:

コメント

コメントを書く