« 読書の秋? | トップページ | 基本的におつむが弱いの »

2004.10.14

音楽を「提供する」形

日本で「着うたフル」が話題になっている最中、アメリカではこういうサービスが、スターバックスでスタートするらしい。

米スターバックス、店舗内に音楽のCD録音コーナー設置

iTunes+ミュージックストアの存在などを考えれば、特段驚くにはあたらないのかも知れないが、スターバックスが手掛ける、というところが興味深いニュースではある。
記事を読めばわかるように、米スタバはそのための布石を、5年前から着々と打ってきていた訳だ。
なかなかやる。

こういうニュースに接して感じるのは、音楽が持つ価値や、それが提供される形態というのが、デジタル化によって大きく(しかも加速度的に)変容したのだなぁ、という思いである。そのことに対して、肯定的にも、否定的にも言及する気はないが。

2004 10 14 05:40 PM [Starbucks, パソコン・インターネット, 音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/1678812

この記事へのトラックバック一覧です: 音楽を「提供する」形:

コメント

コメントを書く