« エヴァンゲリオンも | トップページ | 地震の余波 »

2004.10.25

チェーンストアの権化

ウォルマートと言えば、チェーンストアに関して勉強している人でなくとも、今や世界最大の小売業者であることはよく知られているが、こういうことをするのはどんなもんなのか?

ピラミッドそばにスーパー メキシコで賛否論争

中南米諸国はアメリカの裏庭であるから、好きなことができるし、よそから文句を言われる筋合いはない、と彼らがホンネの部分で思っているのは承知の上だが、それにしても、これはやめておいた方がよくないだろうか?

グローバリゼーションとはすなわちアメリカナイゼーションであり、それはアメリカが自国に富と快適さを集中させるのに都合のよい(これをアメリカでは「フェアな」と表現する)仕組みである、ということは、今さら強調するまでもないが、他国の歴史や文化にリスペクトを示すなんてことは考慮の外、言わば「アンフェアな」こととも見なされる訳だ。

私は、アメリカのチェーンストア産業を否定するつもりはないし、敬意を払って学ぶべきものはたくさんあると思っているが、他国の歴史や文化、あるいは地球環境や人類の将来ということについての狭隘かつ自己中心的な認識の仕方については、唾棄すべきものでしかないと、思う。

2004 10 25 01:35 PM [(-_-;), ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/1769161

この記事へのトラックバック一覧です: チェーンストアの権化:

コメント

アメリカは自国の歴史が200数十年しかない(もちろん先住民族の歴史はありますが、今のアメリカ文化にはまったく反映されていない)ので、それより古い歴史や文化を尊重しない以前に、存在そのものを理解できないのではないでしょうか。
また、WASPが指導層を占めているとはいえ、いろいろな民族・人種が寄り集まって国家を形成してきたことから、自分たちが決めたことが世界中で通用するのだと、本心から考えているのではないかと感じられます。
だいたい、彼らは外国に言っても現地の人に平気で英語で話し掛けますから。(もちろんそれを傲慢と言うのは酷な話で、国内ではさまざまな人種・民族が英語を使っているので、外国でもその感覚が抜けないらしいです。)

投稿者: まのちゃん (25-oct-04 18:26:38)

まのちゃん、コメントありがとうございます(_ _)
自国の歴史は短い上に、彼らの祖先の多くが、ヨーロッパでは食っていけなくなって、海を渡ってきた移民であったり、そういう連中が奴隷として連れてきた人々であったり、ということがあるので、書かれているような歴史に対する認識はあるのかも知れませんね。
まぁ、それだからこそプラグマティズムなんてものが出てきたりもするのかも・・・と思ったりもします。
ただ、歴史認識や国民性などの問題であるだけでなく、かなり意図的にこれをやっている連中がいることも間違いないと思いますが(-_-;)

投稿者: ちいしゃ (25-oct-04 18:47:07)

コメントを書く