« 地震の余波 | トップページ | 飛躍の時期 »

2004.10.25

確かに振り回すと危険物

某おねたまの日次抄に張られていたリンクで知りましたが・・・
そんなことって・・・実はあるんですよねぇ(^_^;)

アシュケナージのケガ

うちの団でも、練習中にM尾先生が指揮棒を折ってしまったことがあった。
別に怒り狂って指揮棒を何かに叩きつけた、とかではなく、指揮棒で譜面台を叩きながらリズムをキープしていたら、ポッキリと折れちゃった・・・という話で。まぁそれぐらい5拍子は大変だったということですね(^_^;)

しかし、自分の手のひらを指揮棒でブッスリと刺してしまうというのは・・・
本職のピアノ(って、今でも弾いてるのかしら?)には大いに差し障りがありそうな気がするけど。
スターリンの祟りかな(シャレにならん(-_-;))

2004 10 25 11:50 PM [音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/1774156

この記事へのトラックバック一覧です: 確かに振り回すと危険物:

コメント

 そういえば、歌っている最中に指揮者が指揮棒を振り上げた瞬間に指揮台に当たり、そのまま指揮棒がこっちに向かって飛んできたことが・・・コーラスは歌いながら一斉に飛びのきました。これって、本当に怖いです。

投稿者: Joちゃん (26-oct-04 23:53:49)

Joちゃん、まいどです(^_^)
去年の夏オフだったと思いますが、3分間指揮者コーナーで某師匠の指揮棒が飛翔していった、という話が実はあったりして(笑)
詳しくはご本人が語ってくれるかも知れません(^_^;)

投稿者: ちいしゃ (30-oct-04 01:38:09)

コメントを書く