« 60GBはともかくとして | トップページ | FG失敗の巻 »

2004.10.30

初失トライ・・・

いかに慶応に勝っている筑波が相手といえど、また雨中の戦いであったといえど、この時点で相手にトライを許したというのは、少々いただけない。

今季の早稲田は、春先からライバルの関東学院大にすら力の差を見せつけてきており、順調にいけば、大学王座は堅いと考えられているが、故障者の多さ、試合ごとのムラなどがまだまだ目につく。

筑波相手に10トライは十分の収穫だが、ハンドリングのミスがなければ、あと2トライは重ねられた。
シーズンが深まれば、コンディションの悪い中での戦いがさらに増えてくる。そんな中でこのハンドリングエラーの多さは要修正点だ。

後半、立て続けにトライをあげられたのは、筑波の疲れがピークに達していたことと、幾分気持ちが切れかけていたことが相俟ってのもの。
そんな相手にトライを許したのは、気持ちのどこかに緩みがあった証拠。
トライ直前のゴロパントは明白なサインプレー。でなければ、あそこに相手のFBがいるはずがない。
相手の陣形からその作戦を見抜けるぐらいでないと、慶応、明治はもとより、帝京にすら、さらに失点を重ねる惧れがある。ここも要修正点の一つだろう。

清宮監督としては、この辺で綻びが顕わになってくれて、まだ少し助かったというところか。
あまりにも簡単に、圧倒的に勝ち続けるだけでは、その裏に隠れている問題点が見えづらいだけに、筑波には感謝すべきなのかも知れない。

2004 10 30 03:54 PM [Sports] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/1811200

この記事へのトラックバック一覧です: 初失トライ・・・:

コメント

コメントを書く