« ダウン中 | トップページ | AVG Free Edition v7.0.289 »

2004.12.03

アクティブ新書

岩波アクティブ新書が12月発売分で終刊となるそうだ。

記事はこちら

結構よいものを出していただけに、非常に残念な気がする。

アクティブ新書以外に、岩波書店では、岩波新書と岩波ジュニア新書の2シリーズがある訳だが、そのどちらにも含まれそうにない実用的なネタを取り上げてきたのがアクティブ新書であった。
それがなくなるというのは、岩波書店が実用路線を捨てる、ということなのか、岩波新書に一本化する、ということなのか・・・多分前者なんだろうな・・・

大学時代、同じサークルにいた同期の三重くんが手がける新潮新書が、たった一冊の大ヒット(中身はアレですが(-_-;))でいきなり新書界のメインストリームに躍り出たり(いつかたかってやろう(笑))、クリーム色の表紙が特徴的だった講談社現代新書がシンプルな装丁に生まれ変わったり、新書の世界も激動の時代に入ってきているが、それだけに様々な可能性も広がっていることは事実だ。
売上げ不振、というのはあるかも知れないが、このシリーズがスタートして、まだそれほど年月が経過している訳ではないのだから、辛抱強く、このシリーズを育てていこう、という気持ちがほしかったような気がする。

体制を整え直して、いつかリスタートをきってくれることを望む。

****補足:私が読んだアクティブ新書****
創刊以来、私が読んだアクティブ新書はそれほど多い訳ではない。
ただ、非常に心に残るものも少なくなかった。
以下に、読んだものを全て一覧にしておく(もしかしたらもれているものもあるかも知れない)

  • SOHO新時代が始まった ――「個」を活かす自分流ビジネス 花田啓一
  • 戦下のレシピ ――太平洋戦争下の食を知る 斎藤美奈子
  • 快適自転車ライフ 疋田 智
  • 遊ぶ日本語 不思議な日本語 飯間浩明
  • 本物を伝える 日本のスローフード 金丸 弘美
  • 地図が読めればもう迷わない ――街からアウトドアまで 村越 真
  • 色彩楽のすすめ 尾登誠一
  • 温泉で健康になる 飯島裕一
  • パソコンは買ったまま使うな! ――フリーソフトで作る快適環境 鐸木能光
  • 「ネットの未来」探検ガイド ――時間と言葉の壁を超える 歌田明弘
  • もっと知りたい! ドイツビールの愉しみ 相原恭子
  • いい音が聴きたい ――実用以上マニア未満のオーディオ入門 石原 俊
  • 信州花めぐりの旅 ――とっておきのスポット23 増村征夫
  • 考えるピント ――クラシックカメラ実用入門 田中長徳
  • 泡盛はおいしい ――沖縄の味を育てる 富永麻子
  • 集める! 岩波アクティブ新書編集部 編
  • やりなおしの将棋 先崎 学

中でも心に残っているものとしては、
「戦下のレシピ ――太平洋戦争下の食を知る」
「快適自転車ライフ」
「もっと知りたい! ドイツビールの愉しみ」
「信州花めぐりの旅 ――とっておきのスポット23」
というところかな。
右のサイドバーにある「オススメ本」の中に「京都舞妓と芸妓の奥座敷」という本があるが、これを著した相原恭子さんが手がけた「もっと知りたい! ドイツビールの愉しみ」は、写真が素晴らしかった。
同じく写真、そしてイラストがよかったのが「信州花めぐりの旅」。これは心に沁みます(^_^)

2004 12 03 09:23 PM [Book List, ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/2142341

この記事へのトラックバック一覧です: アクティブ新書:

コメント

コメントを書く