« 海老のフーガ | トップページ | 初戦は横浜FM »

2004.12.05

まさしく強敵だった(笑)

やっぱり他のチームとは違う。
明治の強さは、最後まで集中力が切れず、常に早稲田のディフェンスに挑み続ける「継続力」であり、要は精神的なスタミナというところだろう。

点差こそついたが、後半のノーホイッスルトライなど、明治も随所に鋭さ、強さ、激しさを見せてくれた。
結果は地力の差だろうけれども、今回明治が見せた戦いは、今後早稲田とぶつかるチームには大きな参考になったはずである。

明治は、この試合で燃え尽きてしまうのが怖い。対抗戦は終わったが、まだシーズンはこれからである。
早稲田相手にいい戦いができたことで満足してしまうのではなく、逆に課題を克服しながら選手権に臨んでもらいたい。
初戦は関西Aリーグ3位の大阪体育大学が相手。それに勝てば関東学院大とぶつかる公算大である。

逆に、早稲田にとっては、今回明らかになった弱点や欠陥を、大学選手権までにいかに修正できるかがカギである。
早稲田の初戦は流通経済大。取りこぼしはないと思うが、どれだけ力の差を見せつけることができるかが見所。これに勝てば、大東文化大と京都産業大の勝者とぶつかる。この辺は楽勝で切り抜けなければならない。
最初の大一番となるのが準決勝。同志社か慶應が相手だろう。万全の態勢で臨んでも、簡単に勝てる相手ではないが、今年の早稲田なら、ここも圧倒的な力で勝ち抜いてもらいたいものだ。

2004 12 05 04:09 PM [Sports] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/2160358

この記事へのトラックバック一覧です: まさしく強敵だった(笑):

コメント

コメントを書く