« diciembre 2004 | トップページ | febrero 2005 »

2005.01.31

背中が痛い

朝(と言っても10時半(^_^;))起きると背中(やや左寄り)が痛い。
一日中コタツの前でゴロゴロしていたツケが回ったか・・・
少々息が詰まるような痛みである。

で、今日は本番ステージ(^_^;)
歌えるのか?

2005 01 31 01:14 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(8) | トラックバック

2005.01.30

明日は今年最初の本番

明日は以下のコンサートに出演予定

阪神淡路大震災10年 チャリティ・コンサート
私たちは忘れない
7 Conductors Presents

2005年1月31日(月)
7:00pm開演(6:00pm開場)
ザ・シンフォニーホール

"7 Conductors"というのは以下の7人のこと(出番順)
池辺晋一郎(自作の阪神大震災鎮魂組曲「1995年1月17日」から抜粋)
延原武春(モーツァルト「レクイエム」から抜粋:私の出番はココ)
寺岡清高(スメタナ「モルダウ」)
宮川彬良(大阪で生まれた女、運がよけりゃ)
藤岡幸夫(エルガー「威風堂々」第1番)
大友直人(チャイコフスキー「くるみ割り人形」から「花のワルツ」)
岩城宏之(ストラヴィンスキー「火の鳥」)

オケは以下のオケからの特別編成オーケストラ
大阪シンフォニカー交響楽団
大阪センチュリー交響楽団
大阪フィルハーモニー交響楽団
オペラハウス管弦楽団
関西フィルハーモニー管弦楽団
京都市交響楽団
京都フィルハーモニー室内合奏団
神戸市室内合奏団
宝塚歌劇オーケストラ
テレマン室内管弦楽団

合唱は以下の団からの特別編成合唱団
大阪センチュリー合唱団(うちです)
大阪フィルハーモニー合唱団
オペラハウス合唱団
関西歌劇団
関西二期会
合唱団京都エコー
京響市民合唱団
神戸市混声合唱団
神戸市役所センター合唱団
テレマン室内合唱団
フロイデ合唱団

A席(1Fと2F)は5,000円、B席(3F)は3,000円、ペア券(限定100組)は8,000円だそうです。
前売り(と言っても、もう当日になっちゃうけど)は以下で取り扱ってる模様。
ABCチケットセンター(ザ・シンフォニーホール内)06-6453-6000
大阪アーティスト協会050-5510-9645
カジモトプレイガイド06-6345-2751
電子チケットぴあ0570-02-9990
ローソンチケット0570-00-0403

チケットまだあるのかどうかわかりませんが(^_^;)、指揮者だけ見てもかなり豪華な顔ぶれなので、お時間のある方はぜひお越し下さいませ(_ _)

2005 01 30 08:27 PM [Chorus] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

康司やった、ステージ優勝!

ツール・ド・ランカウイ、開幕から3日間、毎日果敢な逃げを見せてくれている福島康司選手だが、第3ステージでついに大逃げが成功、見事にステージ優勝を遂げた!
日本人レーサーがこのレースでステージ優勝するのは初めてらしい。
素晴らしい! 快挙!!

実況の白戸さん、解説の栗村監督ともに大興奮。いやぁ、これはすごいことになった・・・
大逃げが決まって、しかも後続とも2分35秒の大差。総合リーダーの座も奪取!
黄色の総合リーダージャージを着た康司選手、立派!!

常に果敢なレースを見せてくれることもあって、地元でも絶大な人気を誇る康司選手だが、それがこうして結果につながったというのは本当に喜ばしいことだ(^_^)
今夜このニュースを取り上げないスポーツニュースがあったらアホですよ、まじで。それぐらい値打ちがある(でも、きっとアホなスポーツニュースばっかりなんやろうなぁ・・・と半ばあきらめの心境でもある(笑))

2005 01 30 05:53 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

何が役に立つかわからん

大阪のおばはんパワーもうまく使えば世のためになる。
まさにその好例・・・なのか?

元記事:「大阪のど迫力」が威力?=振り込め詐欺、月間初の1けた-静岡

静岡は海に面し、温暖でのどかな風土ゆえ、そこに住まう人々ものんびり気味の傾向があることで知られる(少なくともワタシの知り合いの静岡県人にはそういうタイプの人が結構多い)
それゆえ、振り込め詐欺のような「激水之疾、至於漂石者、勢也」を地でいくような犯罪には弱いとみえる。
激水には激水をもって制す、これが今回のCMの狙いであり、奏功したようである。

2005 01 30 04:25 PM [ニュース] | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

見るにしのびないので

う~ん、神鋼もここまでかな・・・
仕方ないので隣のチャンネルでジュビロ-グランパス、ヤマハとトヨタの試合を観る。
うちの取締役が解説している。J SPORTSも人材が(以下略)

トヨタが連続トライで逆転、ヤマハもネイサン・ウィリアムズのPGで離されまいと食らいつく。よい試合だ(今のところ)
20-13でトヨタがリードして前半終了。
東芝府中-神鋼は22-0で前半終了。これが今季の実力ですな。

****追記****
東芝-神鋼戦はそのまま見るにしのびないスコアで終始。
ヤマハ-トヨタ戦は最後に広瀬のPGでトヨタが同点に追いついて終了。抽選でヤマハが決勝進出。
日本選手権への出場権は、ヤマハがほぼ当確。トヨタも多分OK。問題はもう1枠あるトップリーグのチームがどこになるか、なのだが、どうやって決めるのかよく知らない(^_^;)

2005 01 30 02:43 PM [Sports] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

教育に関する最大の問題

こういう人が文部科学大臣だということが、一番の問題。
いろんな考えがあるのはいいとして、自ら約したことを簡単に破って、恬として恥じないということが、教育上よい訳がない。

元記事:歴史教科書:中山文科相、また「自虐的」と発言

2005 01 30 02:23 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

コレクションボックスに

コレクションボックスに収納された「わたしのオーケストラ」「わたしのオーケストラ」の面々を入れてみた。
母がダイソーで315円で入手してきたもの。
既に満杯状態。

クラリネット奏者、と書いたのは、どうやらオーボエ奏者だったらしい。失礼しました>横暴な皆様

しかし、ティンパニは組み立てが大変である。
一つはすんなりと組みあがったようだが、もう一つは微妙な歪みや穴の大きさの問題などがあって、かなり苦戦。完成したものの、いくぶん傾いているのが気がかりである。

2005 01 30 01:11 AM [グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.29

東西クニオ対決!

米長vs内藤、宿命の対決!
立会い、谷川棋王!
先手米長の5二歩で注目の一戦は幕を開けた・・・

対局場はおそらく「芝苑」
盤は7寸はあろうかという極上品。
駒もおそらく盛上げの逸品。

これでハサミ将棋というのが素晴らしい(^o^)
昨今風当たりの強いNHKだが、こういう番組をたまに作れるところは評価しなければならない。

2005 01 29 08:10 PM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

忘れた頃に「わたしのオーケストラ」

わたしのオーケストラ 箱買いです巷のコンビニではなかなか見かけない「わたしのオーケストラ」
折角「星空ファミリーコンサート」後に役得で1ついただいたのに、11月の発売(東日本は9月)以降、あちこちのコンビニを探すものの、全く見つからない・・・

これは私だけではなくて、あちこちから「見当たらん!」という声が聞こえてきていたのだろう。昨年の年末、センチュリーの事務局でまとめ買い企画が立ち上がったのであった。
私も一口乗っていたのだが、昨日の練習終了後に分配が行われた。

わたしのオーケストラ 10箱入り箱買い、中身は10箱入りである。写真を撮った時点で、早々に母が2箱開けてしまっているが、こうして10箱並ぶと壮観である。

わたしのオーケストラ その一部朝起きてみると、既に母が全部開けて、こんな感じで並べていた。残りはダブリである。
小さい方では指揮者、ヴァイオリン奏者(男女)、コントラバス奏者、クラリネット奏者、トランペット奏者、ホルン奏者、ティンパニ奏者と並んでいるが、あと3つはまだ箱の中らしい(多分ダブリ)
100均でコレクションボックスを買ってきて、それに入れることになる。

しかし改めて見てみると、造形と言い、塗装と言い、よくできてますなぁ(^_^)
ティンパニが一番大物だが、きちんとペダルがついていて、キャスターまでついている(さすがに動かないが)。ホルンの朝顔の光沢具合なんかも実物を髣髴させる。
一応レギュラーの6種類はこれで全て揃ったことになるが、シークレットもあるようなので、まだ見つけたら買う予定にしている。それに、ミニチュア奏者はまだ7種類なので、残り2種類を引き当てなければなるまい。

2005 01 29 12:50 PM [グッズ, 音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

残りわずかな日々を

考えてみたら、有給休暇を使ってしまうと、殆ど出勤する日がなくなってしまうことに、今さらながら気がついた(笑)
まぁ引き継ぐような仕事をしないように用心してきたので、あまり焦る必要もないのだが。

取り敢えずこの土・日は公休だし、月曜日は震災コンサートなのであらかじめ公休をあてこんでいる。
火曜日は月初で朝礼があるので有給休暇を充てるのが奥ゆかしいワタクシらしい。
木曜日は朝から健康診断を受けに行くが、夜は送別会をしてくれるらしいので午後から出勤する。
来週も土・日は休む。
再来週の水・木も休む(木曜が最終日)予定なので、正味出勤するのは来週の水曜と木曜の午後、金曜、再来週の月曜と火曜、つまりあと4.5日である。
で、再来週の金曜からその次の週の火曜までがブランク期間で、水曜(2月16日)から新しいところに出勤(但し最初の4日間は研修所通いらしい)という予定である。

朝から「カイジ」のリセットor設定6を狙うか!(金はリセットより重い)
「北斗」終日打って、目指せラオウ昇天&BB150回!(チェリーも止められんくせに)
「エヴァZF」大連チャンでドル箱タワーもよし!(496.5分の1なのを忘れてるやろ)

というようなことも考えなくはないのだが、部屋の大整理と大掃除にあてるか、長らく通っていないスポーツジムに行って汗を流すのが生産的というものだろう。このワタシに生産的という言葉ほど似つかわしくないものもないが。

2005 01 29 12:54 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.28

あっけなく・・・

2日目午後3時45分、72手で終局とは・・・
ということで、羽生の勢いは止まらず、これで一気に3連勝して王将位復位にあと1勝とした。

元記事:王将戦第3局 羽生が3連勝、復位に王手

森内王将の弁によれば、封じ手がマズかったのでは、とのことである。
この手を見て羽生二冠は顔をしかめた、とあるが、「こりゃ負けられん」と思って、そんな表情になったのかも知れない。こういう場面で、「よしよし、しくじりおったな。ウシシシ・・・」とコウケツのようにほくそえむようではいけない。

第四局は2月9、10の両日、熊本県で行われる。
その間に棋王戦五番勝負も開幕するので、羽生二冠にはハードスケジュールだが、七冠当時のことを思えば何てことはないだろう(まぁ年齢を重ねている、とは言え、まだ30代半ばである)

この勢いがそのまま続いてしまうと、棋王戦は谷川先生が相手なのでどうなるかわからないが(希望的観測)、順位戦もそのままトップ通過して、3年連続で森内-羽生の七番勝負という可能性も見えてくる。今度羽生が名人に返り咲けば5期目となり、引退後は永世名人を名乗ることができる。第十八世名人(有資格者)の誕生ということになる(第十六世が中原永世十段、第十七世が谷川棋王である)
一方、森内が名人を防衛すれば通算3期目となり、永世名人資格獲得にイーシャンテンである。
この「永世名人資格獲得レース」でも、羽生と森内はデッドヒートを繰り広げることになるのかも知れない。

2005 01 28 05:44 PM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

もはやジョイスの域か

うむ、そうだそうだ。
わからんぞ、コイズミ!

・・・あ、当て逃げ疑惑の女性ではなく。

近事片々:漢字の読み書き

確かに「赤十字」を「あかじゅうじ」と読むのはどうかと思うが、こうして並べられると、「別にどっちでもええやん。わしかてこっち選ぶでぇ」的なものも多い。こんなもので漢字の読み書き能力を論議しよう、というのも、何だかなぁ、という感じがする。

参照記事1:小学生漢字調査:「川下」「米作」…なじみ薄い言葉に
参照記事2:小学校漢字調査:苦手な読み書き、時代を反映 初等教育研
参照記事3:赤十字は「あかじゅうじ」 小学生の漢字読み書き調査
参照記事4:「本を正す」「用いる」は死語?=小学生漢字読み書き調査

それにしても片々子の言う「小泉語」、確かにわかりませぬ。もはやジョイス並の難解さ(笑)
ただ、意図はよく伝わる。

「ケムに巻いたろう」

これだ。

2005 01 28 02:45 PM [ことば] | 固定リンク | コメント(8) | トラックバック

羽生攻勢

まだ優劣云々を口にする段階ではないのかも知れないが、羽生の攻勢、森内の受け、という展開は、まさにここのところの両者の勢いを象徴しているようでもある。

王将戦:羽生の攻勢続く 第3局2日目

朝刊で指しかけ図を見た限り、居玉の森内は当分ガマンが続きそうで、3筋から伸びてきている歩を何とかしないといかんだろうなぁ、という感じ。それで封じ手では2五銀といった訳か。
で、中央での折衝があって、3筋は森内が押さえ、バタバタと手が進んで焦点は再び中央へ・・・
森内の残り時間が羽生の半分ほどになっているのが気がかり。終盤で時間切迫の中、真綿で首を絞めるような羽生の「緩くて厳しい寄せ」をくらってしまうのか・・・?!

2005 01 28 01:42 PM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

むむむむ・・・・

おかしい・・・teacupのブログからのデータ取り込みができていない。
というのは、ECナビのブログチェッカー(この勝手口の左サイドバーにも表示されている)での話なのだが・・・

※もちろん件のブログには定期的に書き込みがあることは確認済み

JUGEMだと動作が重いのでRSSファイルの取得に失敗する場合がある、と書いてあるが、teacupは別に動作が重いということもなさそうに思える。
にも関わらず、全然取り込めないというのは、ファイルのタイプが違うのかしらん?

一度削除して再登録してみるとしよう。

****追記****
teacupブログのトップサイトからQ&Aを見てみたが、ちゃんとRSSファイルを吐き出しているように書かれている。原因がようわからん。

2005 01 28 11:21 AM [ウェブログ・ココログ関連] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.27

明日からTDL

幕張方面は関係ありません。
マレーシアを舞台としたアジア最大のステージレース、それが「ツール・ド・ランカウイ(Tour de Langkawi)」
J SPORTSでは今年もきっちり放映してくれるようで、実に楽しみなのである(^_^)

休みなしの10日間でタイ国境近くのランカウイ島からクアラルンプールまで、マレーシアをうねうねっと縦断する感じで南下していくのが今回のコース。総走行距離1282.6km。
今回のランカウイは、昨年末のインドネシア・スマトラ沖地震と大津波の影響が心配されたが、防波堤のおかげで被害も軽く(それでも死者1名は出たが)、レースは支障なく開催されるようである(津波後のランカウイの様子→こちら

温暖な気候もあって、ヨーロッパの強豪チームから、年初のトレーニングを兼ねての参加もあり、それなりに注目のレースなのであるが、今年に関して言うなら、今回UCIアジアツアーの総合リーダーとなった福島晋一選手(チーム・ブリジストンアンカー)のリーダージャージ姿が観れることが最大の話題かも知れない(福島選手のブログ→こちら

第1ステージの様子は明日16:30からJ SPORTS 1で放映される。楽しみだ(^_^)

2005 01 27 04:37 PM [Cycle] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

王将戦第三局始まる

羽生が復位にあと1勝とするか、森内が反撃ののろしをあげるか、注目の第54期王将戦七番勝負第三局が長野県諏訪市で始まった。

参照記事:王将戦第3局始まる 第1局に続き相振り飛車に

第一局が相振り飛車、第二局が後手森内の三間飛車、そしてこの第三局も相振り飛車となっている。
戦型にも流行があるが、トップ棋士が大一番で相振り飛車を連採するということは、最近のプロ棋界での相振り飛車というのは、一つの焦点となっているのであろう。

昨日の毎日新聞夕刊には第二局の解説が西川慶二七段の解説で掲載されていたが、相変わらずタイトルには「王将位決定戦・指し込み七番勝負」とある(元記事:こちら

かつては三番手直り(半香)で、有名な「陣屋事件」も、第1期の王将戦で4-1と当時の木村名人(当時。第十四世名人。故人)を破った上、3つ勝ち越した升田八段(当時。実力制第四代名人。故人)が名人に香車を引いて戦う注目の一局として行われる予定だったものである。結局この事件で香落ち戦は実現せず(升田の不戦敗)、第七局の平手戦で升田が勝って終わった訳だが、「名人が香車を落とされる」というのは、当時、「天皇の玉音放送以上の衝撃(高柳八段~当時。名誉九段)」だったとのことである。
升田はそれ以後も、第5期で名人・王将の2冠を保持していた弟弟子の大山相手にこの指し込みをやっている。この時は香落ち上手で勝ったが、最後の平手戦は升田の体調不良で不戦。しかしそれにしても二人の名人相手に香車を引いた、というのは、まさに前代未聞、空前絶後の出来事であった。

その後、第9期からは香落ち戦一局のみ、第15期からは四番手直りに変更になったが、「当分香落ちは行わない」ということになっているようである。実際、第15期以降で4-0で決着がついたケースが8回あるが、そのまま何事もなかったかのように終わっている。まぁかつての名残であり、実質の伴わないものだから、田辺忠幸さんがお怒りなのもごもっともである。しかしタテマエとしては、今も四番手直りで香落ち、ということなのだろう。

それと、王将戦で思い出すのは、10年前の第44期、そしてその翌年の第45期である。
当時六冠を保持して、全冠制覇にあと一つとしていた羽生六冠が谷川王将に挑戦したのがこのとき。
第44期では七番勝負の期間中に阪神・淡路大震災が起きて、神戸在住の谷川王将は被災。しかし、この逆境をバネに戦い抜き、見事フルセットの末、防衛に成功したのである。
しかし、翌年もまた六冠を保持したまま(ここが凄いところ。全部防衛に成功した訳だ)王将戦の舞台に戻ってきた羽生は、今度は4-0のストレートでタイトルを奪い、ここに(またしても)空前絶後の七冠全冠制覇が成ったのであった。

このあたり参照サイト→王将戦ヒストリー

2年連続、同じ顔合わせとなった今回の王将戦七番勝負、今年はどんなドラマが演じられるのか、要注目である。

2005 01 27 02:50 PM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

踏鞴踏む

・・・ではなくて、Tadalafil、とは何か。
最近妙に英文SPAMのタイトルにこの単語が多いので、一応調べてみた。
なるほど、バイアグラ、レビトラに次ぐ第三の勃起不全治療薬なのだそうだ。

で、これが以前よりよく英文SPAMのタイトルに登場していたCialisの正体な訳である。
対応させるとすると
sildenafil - Viagra
vardenafil - Levitra
tadalafil - Cialis
ということになるらしい。

こいつは、バイアグラ、レビトラに比べると作用の持続時間が長いのが特徴なのだそうである。シルデナフィルやバルデナフィルが4時間程度なのに対して、タダラフィルは何と36時間!
1日半にわたって・・・いや、みなまで言うまい(笑)

****追記****
添付ファイルのないその手のSPAMが早速届いていたので、以下に本文を転載しておく。
なかなか能天気な内容だ。

Hi!

We have a new product that we offer to you, C_I_A_L_I_S soft tabs,

Cialis Soft Tabs is the new impotence treatment drug that everyone
is talking about. Soft Tabs acts up to 36 hours, compare this to
only two or three hours of Viagra action! The active ingredient is
Tadalafil, same as in brand Cialis.

Simply dissolve half a pill under your tongue, 10 min before sex,
for the best erections you've ever had!

Soft Tabs also have less sidebacks (you can drive or mix alcohol
drinks with them).

10分前でよいの?
さっき調べた医薬系サイトでは45分ぐらいと出ていたが・・・
それとも35分ほど・・・みなまで言うまい。

2005 01 27 01:38 PM [etc.] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

オグリ延期

「えんき」で変換したら、いきなり「塩基」と出た。
オグリのDNA?

折角期待していた「まぶや」であったが、出るやいなやゴト騒動(関連記事→こちら)だそうで、サンセイR&Dは次の機種である「オグリ」の発売延期を正式に決めたようである。残念至極。
発売までにハルウララが勝ってしまったりしたらどうするのだろう・・・と、ちょっと心配でもある。まぁ大丈夫か。

某D社機種にも古典的なゴトが発生しているようだし、何だかあちらを締めればこちらが尻抜け・・・みたいな話が多くていけませんなぁ。

加えて、本日の「フジサンケイビジネスアイ」にも掲載されていた「打ち子募集問題」
これもまたゴトとの関連が強く懸念される。
もちろん、データ取りのためのものかも知れないし、単純に「大規模なノリ打ち」みたいな話かも知れないが、通常「打ち子」と言えば、檀さんであれ大和田さんであれ、すぐに「セット打法」と連想が働くぐらいのものであって、これはもう明白にゴトである。

2005 01 27 11:22 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.26

頭痛肩こり野口英世

違う、樋口一葉だ。
まぁ、我が許を去った英世群のことを思ってのキーボードの誤りとご理解賜りたい。

そんなことより、頭痛で本日は会社を休んでおります(_ _)

残りの期間で有給休暇を使い切る必要はあるのだが、結構こまめに休んでいたこともあって、実はそんなに残っている日数は多くなく、このままいけば無事キレイに使い切ってオサラバ、ということになりそうである(^_^)
まぁ今日は無理して会社に行けないことはなかったのだが、今は無理するよりも、きっちり養生して、来週月曜日の本番に備える方が得策、という状況(と言うか、その方が大事、という価値判断)である。

しかし、昨日は白川台の店を出て、バス停までの約7~8分ほど、小雨の中を傘もささずに歩いたのがよろしくなかったようだ。同じ神戸市内でも、三宮あたりと比べると、確実に2~3度ほど寒い地域だしね。バスがすぐに来たのが救いだったが、マジで寒かった。ただ、もっとはっきりと降る雨なら折り畳み傘を出すのだが、微妙に降ってるのか降ってないのか判然としないような雨だったのが、結果的には敗因だったようだ。

そんな訳で、今は「還元麦芽糖水飴、植物油脂、ハーブエキス、甘味料(キシリトール、ソルビトール)、香料、乳化剤、紅花色素、(その他大豆、乳由来原材料を含む)」というものをなめながら、養生中でございます(_ _)

あ、付け足すなら、肩こりは恒常的なものですね。

2005 01 26 04:33 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.25

本日の行動予定

本日は最後のご奉公、ではないのだが、CSに関するアンケート調査の事前説明のため、店舗巡回をする予定である。午前中茨木、そして夕方に白川台。

さて、そうなってくると、昼間の時間帯をどう過ごすか、である。
心の中で、「第二ビルの等価の店に行け」という囁き声が聞こえる。
いや、梅田で等価の店に行かなくても、三宮まで出て6枚の店で遊べばよいではないか、という説も根強い。
ざわっ・・・ ざわっ・・・(違う)

右肩に張りを感じるので、どこかでクイックマッサージでも・・・という意見も出ているようだ。
姫路まで電車に乗って昼寝、これもなかなか強硬意見である。
いずかたよりか、三宮でどこかのスタバにしけこんで読書せよ、と命じる声あり。
どうしよう・・・
大人は質問に答えたりはしない。それが基本だ(わかりまちた)

なお、この発言はおそらく午前10時頃にアップされているはずだが、もちろんタイマー予約なので誤解のないよう。

2005 01 25 10:00 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

もはや楽しむ機種ではない

ということはわかっていても、演出に一喜一憂し、レア小役にアツくなり、ついつい投資がかさむ・・・そういう機種は店の宝でもある。
少し心を入れ替えよう(笑)

金・土と打ちに行った等価の店は私の打てる機種は満席で、待つのも馬鹿らしいので、ふらふらと(絶対に空いている)駅前第一ビル地下1階の店へ。
7.6枚ではあるが、パチンコの42玉と比べれば多少なりとも有利ではある。

こんな店でも「トゥエンティーセブン」が入っている。この一週間で随分あちこちに増殖した気がする。
「パチスロだよ黄門ちゃま」の評判が芳しくないこともあって、「カイジ」を買えない(機種構成上、とか、次に「ポパイ」や「鬼武者3」を入れる予定がある、とかの理由)ホールではこの機種に走っているのかも知れない。

しかし3K打ってみて、やっぱりつまらなかった(^_^;)
仕方がないので「北斗」に移る。
本日まだBBを引いていない台で120余りしか回っていない台があったので打つと、4Kでチャンス目、単チェと引いて、ジャギさんご登場。簡単に勝ってボーナス確定。
ところが、忘れていたのだが、この店では台の高さ(妙に低め)のせいか、うまくボーナス図柄が揃わんのである(+_+;)。どうも黒いのに揃いたがるので、逆押しで北斗テンパイにとるが、左に7が止まったりする。では7で、と思うと、今度は最後が黒い。いらいらしていたら黒いので揃ってしまった(笑)。オーラ緑。

ところがクレジットが8枚しかなく、最初の2Gでスカを引いてしまったので1枚足りなくなってしまった(;_;)。泣く泣く1K追加してBBを消化するハメに陥る。実はボーナス図柄が揃わなかったときも、途中で10枚役を2回ぐらい引いているので、決してボーナスが揃わなかったのでコインをロスしまくったという訳ではないのである。なんか割り切れない。

それにしても、北斗・緑オーラはさすがに強い。ケンシロウのパンチは当たりまくるし、さらに剛掌波を食らっても自力で立ち上がったりもする(継続率85%以上確定失礼、継続率79%以上確定。でも北斗図柄だし、やっぱり限りなく85%以上?)。順調にBBが継続するが、11連でストップ。
BB後がサウザーステージだったので、今一つか、と思ったら、いきなりベル揃いでコーナーランプ赤! こりゃ高確に入っとるではないか・・・と思ったら、スイカが・・・揃わなかったけど(^_^;)、29GでBBを引き戻す。今度は聖帝さんに勝つ。楽しんでいる場合ではないので、ぬくもりなし(笑)。今度はサックリ揃って7、オーラ青。
このBBは4連で終了。どうもここんところ、単発があまりないのがよい感じである。

その後、218G回して低確を確信して終了。流して1538枚。交換率が・・・10Kほど・・・ああっ・・・ああっ、光帝バラン!(意味なし)

投資8K
回収20.2K
収支12.2K
2005年
投資249K
回収212.2K
収支-36.8K

2005 01 25 12:00 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.24

お粗末さま

ここまでシステムができていながら、やはり最後は人の問題だったのか、という感じ。
こんな試験で人生左右されてると思うと、受験生ってのはホントに切ない。

元記事:センター試験:教科書「出題」 国語問題、”一発検索”

24時間セキュリティチェックがかかろうが、1年半かけて作ろうが、こんなお粗末なことをやってるようでは話にならない。
結局、最初の弁明もウソだったということになるし、折角のシステムが全く生かされていない訳で、システム開発にかけた費用ぐらい、件の委員たちから拠出させてはどうか、と思うぐらいである。

2005 01 24 04:41 PM [(-_-;), ニュース] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

深刻なエラーは消えたが

少し前に書いた「深刻なエラーからの回復」うんぬんの表示、先週の週末から出なくなった。
めでたしめでたし・・・なのだが、ゆうべは久しぶりにマシンがフリーズしました(^_^;)
まだ夏までは随分あるぞ、大丈夫か?>バイオちゃん

まぁそれはそれとして、ぼちぼち先日購入して、デスクトップくんとはUSB1.1でつながっている外付けHDDくんをバイオちゃんにも引き合わせなくてはならない。こちらはUSB2.0でちゃんとつながるはずだが。
できればiTunesのフォルダに入っている大量のAACデータを外付けに移し、バイオちゃん本体HDDをスリム化したいところである。と言って、iPodの容量も20GBから40や60GBにしよう、などと考えている訳ではない(したいけど、先立つものが・・・)

で、iTunesの分が空いたら、そこにニフマネとそのログをほりこんで、バイオちゃんでニフマネが動くかどうか確認してみる。とにかくログのサイズが巨大(一つ一つはしれているのだが、トータルすると1GBをはるかに超える)なので、K6-2(400MHz)のデスクトップくんでは四苦八苦しているのである。まぁメモリ増設の効果もあって、以前よりは少しましになったのだが、その一方でHDDがUSB1.1接続のため、IDEより読み書きに時間がかかっている、ということもあるのである。

とにかく、思いの外、財政状況は芳しくはないので、今あるものでうまくやりくりせざるを得ない。
あとは・・・取り敢えず今日も北斗でがんばろうか(何かちがーう)

2005 01 24 01:45 PM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

それって福音?

スギ花粉に苦しめられている人たちにとっては、確かにこれは喜ぶべきニュースなのかも知れない。
このこと自体は悪い話ではないと思うのだが、どうもそれが根本的な解決法なのか、というと、疑問に思わざるを得ない点が多々ある。

元記事:「無花粉スギ」全国に普及へ…林野庁が花粉症対策

もちろん、このような事態を予測できずに、戦後スギの大量植林を進めてきたツケが回ってきている、ということは確かであるので、どこかでその連鎖を絶たねばならない、という理屈はわからないでもない。
結局のところ、花粉症の最大の原因はスギ花粉だから、スギを絶滅(に近い状態に)させて、その原因を根本から絶とう、という発想なのだろうけど、果たしてそれでカタのつく問題なのだろうか。

そもそも、花粉症はスギだけが原因ではない。他にも花粉を飛ばす種はたくさんあるし、もっと言えば花粉だけの問題でもない、とも言われる。
例えば、土の地面が減ったことで、花粉が地中に吸収されるケースが激減して、大量に飛散するようになった、という話もあるし、塵埃や空気中の様々な微粒子とタッグを組むことで、人体に悪影響を与えるようになった、などという話も聞いたことがある。植物そのものが地球環境の変化に伴って花粉の形態や性質を変え、それが花粉症を惹き起こす原因となっている可能性だってある。
人間の側も、化学物質の大量摂取や生活環境の変化によって脆弱になったり、様々な自然物・人工物に対するアレルギー反応が強くなったり、ということがあるだろう。
要は、スギだけが悪者ではない、ということである。

加えてこの無花粉スギ、記事にもあるように、現在のスギがこれに入れ替わるには、かなりの年月(20~30年)が必要らしい。従って、即効性のある花粉症対策という訳でもないようだ。

花粉症で苦しむ人を見ていると、傍目にもつらそうである。それに、自分だっていつ花粉症になるか、知れたものではない。何とかしてほしいのは確かなのだが、無花粉スギの普及ってのは、まさに「隔靴掻痒」を地でいく話だと思う。
まぁでもいろいろ考えることはよいことではあるし、こういう話は、いずれにしても時間と手間のかかることではあるだろう。

2005 01 24 11:21 AM [ニュース] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.23

朝昼晩3部構成

これまた1日遅れの話。
本当は開店に間に合わせたかったのだが、微妙に出遅れて店に入ったのは10:30。
地元ではなく、大阪駅前第二ビルまで出張して、だから、やむを得ない点はある。
「カイジ」「トゥエンティーセブン」には空きはなく、「ゴールドXR」という線も考えたのだが、取り敢えず開店から少しだけ回って、BBを引けずに放置されていた「北斗の拳」に座る。

それで1Kを投じて打ち始めると、コインがなくなる寸前でボーナス確定。
何とか追加投資せずにBBに入りたいと思い、21G目、慎重に7を狙ったのだが、何故か1コマズレて止まる。
ま、まさか・・・
22G目、今度は黒に狙いをしぼって狙ってみる・・・あら、揃ったわ。しかもオーラ赤!

朝一で北斗・赤オーラを引いてしまったのだが、残りのコインはついに3枚。最初にザコ3匹とかを引いてくれないととても困る・・・と思ったら、とても困ったことに赤ザコが出てきてしまった(^_^;)
全く自慢ではないが、狙ってチェリーやスイカが取れる腕ではない。中押ししているので、時々リプレイすら取りこぼすぐらいである。これはえらいこっちゃ・・・目をつぶって左ストップボタンを押すと、上角にチェリーが光っていた(ToT)

しかし、言っても3枚が4枚になっただけのこと。次にまたハズレを引いたらいよいよ追加投資なのだが、ここでようやく黄色ザコ3匹登場。彼らの背後にレインボウオーラを見たような気がしたが、幻だろうか(そうです)

結局、北斗・赤にも関わらず7連ぽっちで終了してしまったが、その後、45Gと間を置かずに4連を引く。
但し、その後は439Gハマって終了。今日はそんなにのんびり打っていられるほど時間がないのである。流して655枚。

投資1K
回収13.1K
収支12.1K

さて散髪に行こう、と店を出ると、私の前にメダルカウンターに3000枚余り流していた年配の客(多分、朝一で「ゴールドXR」のPGGでも引いたものと思われる)が前を歩いて、そのまま私が入ろうとしていた散髪屋に入ってしまった。今日に関してはこのおっちゃんと思考回路が似通っていたらしい(結果が大違いなのだが・・・)
この散髪屋にはギャンブル好きの店員がいて、そのおっちゃんはその店員を指名したようである。そう言えば以前来た時にもこの二人の会話を聞いたような気がする。待合の席で「蒼天の拳」を読みながら(笑)、聞くとはなしに、二人の会話を聞いていると、なかなかディープでシャープな話が出てくる(笑)。おっちゃんは業界人とみたがどうか。

散髪後は靴屋に行って普段履く靴(と言っても通勤仕様のウォーキングシューズ)を探すが、めぼしいものがなく断念。そのまま第三ビルB2の「WEST」で焼きそば目玉焼き定食。
店に戻って、先ほど自分が打っていた台を見ると、BB回数が18になっていた。私がやめてから7回引いたらしい。まぁ悪くはない台だったのかも。

続いて東西線に乗って「御幣島」へ。ここで下車するのは初めて。そこから目当ての店を視察し、ついでにその近所に昨年オープンしたP店へ。ここは私が昔いた会社の新店舗である。
土曜日の午後ということもあり、ほぼ満席に近い盛況ぶり。入口に一番近いところにある北斗の黒王パネルが空いていたので座り、6K投じるが実らず。

本日累計投資7K
本日累計回収13.1K
本日累計収支6.1K

そのまま東西線を尼崎まで行く。駅の北側を探索してみるが、何となく震災後の再開発が中途半端な状態でしくじっている、という趣を漂わせる一帯である。それでも土曜日なので人通りは多かった。
ただし、P店は2つほどあったものの、いずれも全くイケていない。「ニューM」と「J」では仕方ないか。

南側での用事まで1時間あったので、ミスドで時間を潰していたが、急に眠気を覚える。後の用事のことを考えると、こんなことではいかんのであるが。

で、南側での用事を無事済ませて、2月半ばより尼崎で仕事をすることが決定。
詳しくはまた後日。

尼崎の駅に戻って、某師匠に電話並びにメールを入れる。
速攻で電話がかかってきて、後ほど北新地で合流することに決定。

松井山手行きで北新地駅に着くと、改札の外で某師匠が声をかけてきた。さっきまで第二ビルの上の方で仕事をしていたそうである。
一旦第三ビル地下の沖縄料理店に行くが満席のため断念。JR大阪駅構内の「るぅ」で「残波」を飲る、ということに決定。途中、第二ビル1Fの店に戻って、またまた自分が朝打っていた台の様子を見ると、BB回数は66回まで伸びていた。まぁ1時間に10回程度のペースで推移しているようである。閉店時に120~130回なら、まぁよく出た方だろう。

「るぅ」では二人合わせて6.6Kほど飲み食い。普段は一人で1.7~1.8K程度しか使わないのだが、今日はさすがによく飲み、食った。「冴えんなぁ」と森信雄先生ばりのセリフを連発する某師匠であったが、店を出る頃には少し元気になってきたようである。

その後、茨木に戻った私は、一人で夜の部(笑)
駅前の6枚の店で三度北斗。
1台目は(この店にしては)よくBBを引いているけれど、1000近くハマっている台を狙う。しかし5Kで断念。随分コイン持ちがよかったのだが、どう考えても高確以上に上がっているような徴候が見えない。
2台目はまだ4回しかBBを引いていないという可哀想な台。夜から行くときは、こういう台をレスキューしてあげるのも悪くない(もちろん前日、前々日のBB回数や当日の総G数も要確認だが)

すると、2K使ったところで第二停止時に「あたっ」。をを、確定だ。スイカもしくはレアリプレイぐらいで解除か。
そこで、これが出ました。
ダ・ナ・ゾかの有名な、「獣王」の「ダ・ナ・ゾ」である。
これでまだ見ていないボーナス確定のプレミアはエイリやんのみとなる。
いやぁ、うれしいね(^_^)
ただ、プレミアが出たからと言ってBBが馬鹿みたいに継続する訳ではないのだが(^_^;)

この時も結局7、青オーラで4連止まり。
時間もそこそこ遅かったのと、結構疲れていたので、BB後はチェリー後32G、トータル53G回したところで終了。
流して456枚。

本日累計投資14K
本日累計回収20.7K
本日累計収支6.7K
2005年
投資241K
回収192K
収支-49K

****追記****
散髪屋のくだりを書き忘れていたので追加しました(_ _)

2005 01 23 07:33 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

なめとんか、おら

・・・とジェステが言ったかどうかは知らないが、ここはサンマメスである。
0-3などというスコアが許されるはずはないのであって、それがまして同じバスクの隣人とあっては、このまま済ませては重大問題だ。

リーガの映像が観れなくなって1年半以上になるが、こういう試合を観れないのはつらい。
倉敷さんと幸谷さんのコンビでもよいが、こういう展開の試合は、やはり金子たつー氏であろう。

ということで、Athletic de Bilbao - Osasuna戦、得点経過を記しておく。
'15 Pablo García(0-1)
'47 Webo(0-2)
'55 Puñal(0-3)
'60 Yeste(1-3)
'64 Yeste(2-3)
'83 Tiko(3-3)
'89 Guerrero(4-3)

最後が余計なのだが、2得点のジェステ君、紙も2枚目をもらってピッチからさいなら(-_-;)
次節はメスタージャでのバレンシア戦なのだが、ジェステ不在で戦わねばならないのは痛い。
まぁでも引っ繰り返したのはえらいことだ。
もはや「かつてのアイドル」呼ばわりされているユーレンが決勝ゴールを決めてくれたのもファンにはうれしいところ。
そして、今回の勝利によってオサスーナとの順位も引っ繰り返って暫定7位に浮上。まだビジャレアル、あるいはアトレティコの試合結果いかんでは順位は変わるものの、UEFAカップ圏内が近づいてきた。

2005 01 23 01:34 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

合同練習

先日の金曜日は、月末のチャリティーコンサート(詳細情報→こちらでどうぞ 左記サイトが見れない場合はこちらもどうぞ)の合同練習(そのため、センチュリーの練習は休み)
谷四の大阪府庁まで行き、1Fの「さいかくホール」へ。

ここはパスポートセンターの上にあたるので、駅からはパスポートセンターを目指せば間違わない。
97年の秋に訪れて以来だから、7年以上も経っている。あ、ということはパスポートの期限も残り3年を切っているということではないか(=_=;)

「さいかくホール」に着くと、既に大勢集まっていて、しかも「Lacrymosa」の前奏が始まっている。
18:30受付開始の19:00練習開始だと思っていたが、えらい早いではないか・・・
・・・などと文句を言っていても仕方がないので、楽譜を取り出しながら、覚えている限りで歌いながら席につく。
会場は縦に長細く、正面に向かって右側にソプラノ、以下順番にテナー、ベース、アルトでまとまっているが、こう縦に延びていてはまとまりも何もあったものではない。しかも、いかにも響きそうにない、という造りの部屋だ。

今回の演奏会のために集まった合唱の面々は、大阪センチュリー合唱団、大阪フィルハーモニー合唱団、オペラハウス合唱団、関西歌劇団、関西二期会、合唱団京都エコー、京響市民合唱団、神戸室内合唱団、神戸市役所センター合唱団、テレマン室内合唱団、フロイデ合唱団からの有志というところだが、別の曲(池辺晋一郎さんの作品)を歌うメンバーもいるので、モツレク組にどこの団が参加しているのか、というのは実はよく知らない。周囲の会話などの具合から、大フィル合唱団と関西歌劇団の人がいたのはわかったが。

取り敢えず「Lacrymosa」「Hostias」「Sanctus」を通し、それから細かい練習に入る。
「後ろからやらせてくださーい」と延原先生。
小説の主人公にまでなった大先生であるが、口は悪いし、面白い。
「ソプラノさーん、音程揃ってへんねんけど、それ、わざと?」
には他パートも苦笑。
全般的に「18世紀の音楽であること」を再認識させるようなものを目指していると感じた。
勢いに任せたり、ベタベタしたり、という要素を徹底的に排除していく。
フーガなどは、ある意味「楽器(それも鍵盤楽器)になったつもりで」歌う。

20:30過ぎまで休憩なしで練習が行われ、事務局の女性からの連絡がある。
31日当日は大所帯になるため、シンフォニーホールの楽屋が使えず(ここは指揮者とオケで使う)、徒歩5分ほどのところにある別の施設を控え室として借りることになっているそうな。つまり、当日はその施設からシンフォニーホールまで、黒黒(女性は白黒)の面々が大挙して行進する(笑)、という光景が見れることになる。150人のそういうメンバーが横断歩道を渡っているというのは、実に壮観であろう(^_^;)

練習後はそのまま流れ解散。センチュリーのベースの皆さん(と言っても2人)と東梅田まで出た私は、そこでお2人と別れ、一路大阪駅前第二ビルへ・・・あとは、前の発言(急ぐ人と叩く人)に続く(笑)

2005 01 23 12:16 PM [Chorus] | 固定リンク | コメント(4) | トラックバック

2005.01.22

急ぐ人と叩く人

カップルで並んで打っていた客が揃って席を立ち、北斗に2台空きが出る。
では、と左側から空席に近づいた私は、もちろんまず左側の台からデータを見ようと思ったのだが、カップルの右隣の台で打っていた客がすかさずそこに座ってしまった。

この客、なにゆえ自分の左隣の台でなく、一つ離れた台を選んだのか、その辺の理由はわからない。彼なりに近くで打っていて感じるものがあったのだろう。
仕方がないので、その右隣の台に座る(この客が捨てた台も空いていた訳だが、きっと捨てたなりの理由があるのだろうから、そこは避ける)

で、千円札を投じて、さらに缶入りのお茶をぐびぐびっと飲んでいると、件の客はぼちぼち2枚目の英世氏を投じようかという勢い。何をそんなに慌てて、というぐらい、急いで打っている彼を尻目に、私はのんびり、ぺしぺし。

すると2K、56GでBBを引いたのは私の方であった。隣の客の表情までは見なかったが、きっと痛い顔(どんな顔?)をしていたのではないかと推察される。
このBBは2連で終わったが、60Gで次のBBを引き、こちらは6連まで続く。

そのあたりから、今度は右隣の客の挙動が気になり始める。元々左隣の客が座っていた台なので、多分あまりよろしくない状態から打ち始めていたものと思われるが、何か台に怒りをぶつけているとしか思えないような、激しい打ち方なのである。
BETボタンをバシーン、レバーをバシーン。ストップボタンもゲシ、ゲシ、ゲシッ・・・アクションも派手だ。レバーを叩いたあと、手首が返っている(笑)。きっと自分ではカッコよいと思っているのかも知れない(^_^;)
この手の客はよく見かけるのだが、正直なところ目障りなことこの上ない。台も傷むし、迷惑な存在である。

私はと言えば、6連後はパッとせず、327G回してかなりコインを減らして533枚流して終了。
さぁやめよう・・・と思ったら、ちょうど閉店アナウンスが流れ始めた。そんな時間帯。

投資2K
回収10.6K
収支8.6K
2005年
投資227K
回収171.3K
収支-55.7K

2005 01 22 11:39 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.21

新基準機に関するデータ

P-WORLDの本日時点でのデータを元に、11月以降に発売されたパチンコ新基準機について、簡単にまとめてみたい。

現時点までで既に発売され、店舗に導入されているのは
11月が
F.大ヤマト2シリーズ(SANKYO)4タイプ
おそ松くん(大一)

12月が
釣りキチ三平シリーズ(豊丸)4タイプ
新世紀エヴァンゲリオンシリーズ(ビスティ)4タイプ
ウッディー・ウッドペッカーシリーズ(マルホン)7タイプ
ハクション大魔王2シリーズ(サミー)3タイプ
ハイパーパッション(大一)

1月が
大わんわんパラダイスシリーズ(三洋)2タイプ
まぶやシリーズ(サンセイR&D)2タイプ
うる星やつら2シリーズ(奥村)5タイプ
俺の空シリーズ(サミー)3タイプ
天童よしみシリーズ(ニューギン)4タイプ

というところである。1月はさらに「アントニオ猪木という名のパチンコ機」「F.スターウォーズ」「華原朋美とみなしごハッチ」の発売が予定されている。

第一弾、ということもあって、単体で最も多くの店舗に導入されたのが「F.大ヤマト2ZF」である。現時点でP-WORLD登録11517店舗中、5750店舗に導入されている。ざっと半分というところだが、スロット専門店も結構多いので、導入率としてみると64.4%という高率を誇る。これは何と、あのモンスターマシン「新海物語M56」をも上回って、現時点で導入率ナンバーワンなのである。導入台数も「新海物語M56」「同M27」に次いで堂々の第3位。

次に売れたのも第一弾である「おそ松くんFN66B」で、導入店舗数4153、導入率46.5%、導入台数第6位と立派な成績を残している。

12月発売分では「ハクション大魔王2BN」が3488店舗に導入(導入率39.1%)され、導入台数でも第9位とベスト10入りしている。

その次が「新世紀エヴァンゲリオンZF」で導入店舗数2266、導入率25.4%、導入台数第10位だが、「エヴァ」に関してはバージョン機である「同SF」も1802店に導入(導入率20.2%)、導入台数第11位という感じで、シリーズ内で競り合う形になっている。また2月に再販も決まっているようで、これからさらに設置数を増やしそうな感じである(多少願望も混じっている(笑))

また、特異なゲーム性が光る「ハイパーパッション」も2153店に導入(導入率24.1%)、導入台数第13位と健闘している。通常時249.5分の1の大当り確率に、4ラウンド9カウントで賞球14、確変継続率87.5%というスペックは、いわゆる「北斗タイプ」と呼ばれる「少出玉高継続」の連チャンを楽しむものであるが、液晶を使わず7セグだけでこれだけの実績を作ったのはなかなかのものだ。

「釣りキチ三平」と「ウッディー・ウッドペッカー」はシリーズ合計で見ると、いずれも導入店舗数が3400以上であり、決して悲観する数字ではない。「三平」に関しては「MAX」と「H」がそれぞれ1500店以上の導入で競っているし、「ウッドペッカー」では低確率高継続タイプの「FZ7」と、3回1セットの「ST3」に人気が集まっている。

1月発売分はまだまだ導入途中ということもあるが、はっきりしているのは「大わんわんパラダイス」がやはり導入台数的には図抜けているということと、「うる星やつら2」が快調なスタートをきっている、という点であろう。

「大わんわんパラダイスM2」は1091店舗での導入(導入率12%)に対して、導入台数ではいきなり第12位に食い込むパワーをみせてくれている。さすがに三洋、店舗あたりの導入台数がかなり多いようだ。

「うる星やつら2」も、奥村のイメージをいい意味で裏切ってくれたデザインが光る。導入は「PSF」に集中しており、既に1787店に導入(導入率19.9%)され、導入台数でも第17位に食い込んでいる。バージョン機を合わせて、既に2600店舗以上に導入が進んでいるようである。

「まぶや」「俺の空」「天童よしみ」はこれから、というところだろう。

導入率が10%を超えている機種についてみていくと、「釣りキチ三平H」(時短搭載せず)を除き、いずれもフル時短の機種である、という特徴がある。
「ハイパーパッション」のフル時短4回転のみ、とか、「まぶやFER(鬼まぶや)」のフル時短50回転を除くと、いずれも100回時短が全ての大当り後についてくる。「新海物語M56」の隠然たる影響力ということも言えるかも知れない。
また、全般的に低確率・高継続の機種の人気が高い中、出玉を抑え、その代わりに確変継続率を高めた機種(「釣りキチ三平H」「ハイパーパッション」「鬼まぶや」)にもそれなりの人気がついているのは興味深い。
それと、やはり「ウッディー・ウッドペッカーST3」の「確変率100%、但しリミット3回」つまり「3回1セット」というスペックも特徴的だ。そう考えると、同じようなスペックの「天童よしみS3」あたりも期待できるかも知れない。

詳細はP-WORLDなどでご確認いただきたいが、毎日のようにデータは更新されていくので、これはあくまで1月21日時点のものである、ということをお忘れなく。
来週には「猪木」「スターウォーズ」も出るし、再来週には「華原」も出る。
2月に入れば「オグリキャップ」「怪物くん」「キカイダー」「清水アキラ」「スパイダーマン」「ゴレンジャー」「チャンピオンフィッシング」と目白押し、さらに3月以降には・・・あ、紙数が尽きたようなので(笑)この辺で。

2005 01 21 05:57 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

そう言えば昨日は

DeForest Kelly's Birthdayディフォレスト・ケリーさんのお誕生日でした(^_^)
実は去年の日めくりは、ここでストップしてしまったのであった(^_^;)
三日坊主ってのはあるが、二十日坊主だった訳だ(笑)

そんな訳で、今年はいやでもめくらざるを得ないように、日めくりを茶の間に置いている。
それはよいのだが、"Ships of the Line"をまだ飾っていないのであった(^_^;)

2005 01 21 12:27 AM [Photograph, StarTrek] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

いきなり小役解除?

2台目の北斗で拳王様と出会うものの2連。
呑まれて追加投資も今ひとつ。
ここらでカイジに走るとしよう。

330Gで捨てられていた台があったので座る・・・と言うより、その台ぐらいしか空いていなかったのだが、やはり現実は甘くはない。ようやくバニーに勝って得たボーナスはバケ。その後も36G内の連チャンはなく、128Gも何事もなく過ぎ去る。164Gも過ぎて、追加投資(カイジだけで15K目、合計31K目)をしてすぐ、いきなり液晶画面でガッツポーズをとるカイジの姿があった。

リプレイでの解除はおよそ950分の1程度の確率である。リプレイが大体6.8分の1の確率とすると、ざっと6460分の1。1日打つと1回か2回は拝めるかも知れない、というやつであるが、どうもそういうのを引いた可能性がある。

とは言え、それで連チャンモードに入った訳でもなく、淡々とコインは目減りし、消失し、追加投資5Kもあえなく終了。
昨日の勝ちがいとも簡単に吹き飛ぶが、まぁ2日で3.3Kしか使っていない、と考えればよいか(よくない)

2005年
投資225K
回収162.7K
収支-62.3K

はぁ~(*_*;)

2005 01 21 12:10 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.20

変わらぬ流れ

王将戦七番勝負第二局は挑戦者の羽生王位・王座が勝って2連勝。
名人戦を境に微妙に変化し始めた流れは、ここにきて明瞭になってきたようである。
しかし第一局が相振り飛車、第二局が三間飛車とは、横歩取り8五飛中心だった竜王戦とはまるで異なる展開で面白い。

竜王、王将、名人と、立て続けに羽生からタイトルを奪った森内だが、棋聖挑戦失敗(佐藤防衛成功)、王座挑戦失敗(羽生防衛成功)、竜王防衛失敗(渡辺タイトル奪取)と、今度はタイトル戦3連敗を喫して2005年を迎えた。

一方の羽生は、名人戦と並行して行われていた朝日プロを制した後、王位奪取、王座防衛、そしてA級順位戦でも7回戦終了時点で5勝2敗で、藤井九段、久保八段と共にトップを並走中(この他2敗は谷川棋王の4勝2敗)
王将戦と共に棋王戦でも挑戦者に名乗りを挙げており、棋界の第一人者としての実力をいかんなく発揮し始めている。

羽生と森内の調子というのは、こうやってみると、どうもどちらか一方に偏る傾向があるらしい。
一年前は完全に森内乗りだったのだが、今は羽生。不思議な関係である。

ちなみに、A級の7回戦、残り2局のうち、高橋九段-佐藤棋聖戦は本日、深浦八段-谷川棋王戦は明日行われる。
がけっぷちの高橋は、やはりA級では星のあがっていない佐藤を降級争いに引きずり込むことができるかどうか。
そして谷川先生は2敗を守ってトップに並べるかどうか。注目である。

2005 01 20 02:21 PM [将棋] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

札に反応する台

そうだ、トゥエンティーセブンでも打ちましょう。
打ってみないことには真っ当な評価はできませぬ。

さて、「週末まではお預け」のはずだったのだが、某所でのコメントから、トゥエンティーセブンに対する調査が必要であると判断し、先日行ったばかりの東通り商店街のC店に赴く。

11台あるトゥエンティーセブンは6割程度の客付き・・・まぁ要するに4~5台は空いているというところ。
取り敢えず心を無にして4K。
・・・なるほど、これは当たらなければ確かにつまらないかも知れない。
27ラインというのも、事前に知識があれば、別にそう驚くというほどのことでもないし、液晶がないことで、かなり単調さが際立ってしまっている。

ここは一つカイジでお口直し。
251Gの台があったので打ってみる。最初の1Kで46Gも回った。
しかし結局6K投じて芳しくない様子なので断念。

再びトゥエンティーセブンに戻ってみると、3台ぐらいしか稼動していない。
100Gちょっとでやめている台があったので再び漱石、英世を繰り出すが、3K投じた時点で飽きた(^_^;)

もう帰るか・・・と思ったところ、何故か足は北斗の島へ。
この時間(多分20時少し前)でボーナス0、わずか105Gしか回っていないという台があった。
2日前に少しBBを引いてはいるが、昨日は一桁である。全く7.6枚の店はいずこも苦戦のようだ。
取り敢えず・・・と座って投じること2K。サウザーステージでレア小役を引いて、そのままジャギステージに移って、めでたく生ぬるい地獄にかつて兄と呼んだ男を送り出す。7。オーラ白。単発。

さて、150枚ほど手持ちができたが、できればこの中で次の当たりがくれば・・・と思っていると、店員さんが来て、台に札を挿していった。「5.6」と書いてある。設定5.6だそうである。超中間設定
さぁ、これで急には席を立てなくなってしまった・・・

BB後のモード移行は悪くなさそうな気がする。いや、今さら「これはもしかして設定が・・・」などと詮索しても始まらないのだが。レア小役をあれこれ引いてラオウステージ。ここでもさらに錯乱坊を引いたりして、いい雰囲気・・・と思っていたが、手持ちのコインは全て飲まれ、仕方なく1K追加したところで黒王の蹄跡出現。あとはお定まりのコースで拳王様登場。7。オーラ白。

ところが、これがどうも白オーラとは思えないほど続くのである。
レイもユリアも出てこなかったし、ケンシロウの攻撃がそれほどヒットした訳でもないのだが、妙にしぶとい。引き強の66%か、もしかしたら79%あったのかも知れない。結局14連した。しかし愛は取り戻せず。

BB後は明らかに高確スタート。レア小役も引いて、ラオウステージのまま44GでBB。7。オーラ青。
今度は6連までいく。4連目まで連続してケンシロウの攻撃という、なかなか珍しいものを見れた。レイ1回登場。よって79%濃厚。

次も高確から順調に進んで、本日3回目の拳王様登場となる。今日は拳王様とよくめぐりあう、そういうめぐりあわせの日らしい。多分80Gと少し(メモってない)、7。オーラ青。
これもまた、終わりそうでしぶとくつながって、結局9連まで。店員さんが「千両箱」というのを取り出してきて、席の後ろに置いてくれた。しかし通常のドル箱が小さすぎる気がする。

次はどうも低確スタートっぽい雰囲気。48G目にレアリプレイを引いたが、80Gまで回して不発だったので終了。ステージ移行もシン→サウザー→シンときていたので、潮時であろう。

流して3704枚。等価なら・・・せめて6枚なら・・・などとは思うまい(思うけど)
それにしても、札がついてから急に高設定らしい出方をし始めるとは、なかなかよい子ではないか。
「お、何や、わし設定5か6やったんか。ほんなら出しとこ」などという人工知能が組み込まれていたのにちまいない。

投資16K
回収48.7K
収支32.7K
2005年
投資189K
回収162.7K
収支-26.3K

5連敗を免れると共に、やや収支持ち直す。
で、やはりトゥエンティーセブンは今ひとつですなぁ。通常時がこう退屈では・・・

2005 01 20 12:01 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.19

深刻なエラーからの回復2

深刻なエラーだったのね去年の3月にもそんなタイトルの記事を書いた記憶があるが、それとはちょっと状況が違う。
最近のVAIOちゃんは、比較的機嫌よく動いてくれているのだが、何故か起動後に「システムは深刻なエラーから回復しました」のメッセージが必ず表示されるのである。
気になるので、シャットダウン前にNorton WinDoctorなどでチェックしているのだが、そこで何もエラーを検出しなくても、次の起動時には必ずこのメッセージが出る。

エラー報告すると、デバイスドライバの問題だが調査中である、のような表示が出るだけで、有効な(有益な)情報は何も提供されていない。
ちなみにOSはWindowsXP Homeで、SP2は未導入である(一度魔がさして入れようとしたら、HDD空き容量が足りなくて入れられなかった、ということがあり、その後もSP2に関してはあまりいい話を聞かないので、そのまま放置している)

別に起動時にそのメッセージが出るだけで、具体的に動作がおかしくなるなどの障害はないので、当面放置しておくしかないかなぁ、と思っているが、まぁあんまり気分のよいものではない。

2005 01 19 11:15 AM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

ダメですなぁ

最近あまりサッカーの話題を載せていないが、多分やってないのだから仕方がない(笑)
ドイツやオランダのように、きっと冬休みなのだ。きっとそうだ。

・・・とは言え、一応現実も直視しなければならない。
ピッチコンディション不良のために延期されていたFAカップ3回戦の対バーンリー戦、負けてどうしますのん(-_-;)
「伝統的にカップ戦には強い」なんて評価、もはや返上ですな。
まぬー戦ではトフィーズ出身の坊主に決められるし。散々のありさま。ピッチに携帯投げ込むバカまで出る始末。真正のKopにはそんなバカはいないはずだし、ここはスタディオ・オリンピコではないのだが・・・

スタディオ・オリンピコと言うと、最近のローマは観客なしで戦うのがお気に入りのようである。
ヴィオラとのコッパ・イタリアは無人のスタジアムで行われたそうな。
同じローマに本拠を置くラツィオでは、ディ・カーニオがゴール後のパフォーマンスで(今のイタリアではご法度となっている)ファシスト党礼賛ポーズをとってしまって物議をかもしている。元々ラツィアーレの中にはそういう性向を持った者が多く、子供の頃からラツィアーレだったらしいディ・カーニオにもそういう面がなかったとは言えないのかも知れない。ただ、ハマーズ時代の彼のファンタスティックなプレーと、負傷した相手GKを見てシュートをせずにボールを外に出したフェアプレー精神というものを考え合わせると、どうにも残念な話というところ。まぁ人間とは複雑な生き物だ(それで片付けちゃいかんが)

ところで、松井大輔君の活躍を放映してくれるような度量はないですかね、スカパーさん。
フランス2部では難しいかも知れないが、結構観てみたい気がする。
中田浩二のマルセイユ入りがなくなったので、リーグアンの放映枠を使ってルマンの試合を流す、なんてことは・・・無理かな・・・
メキシコリーグも俄然観たくなってきた人が多いと思うが、これはESPNあたりに期待するか。

****追記****
何だか結局中田のマルセイユ移籍が決まりそうですね。内容に修正を加えておきました(って、取消線を入れただけだけど)

2005 01 19 10:57 AM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

アルゼはどこへ・・・

この会社、このところ迷走気味なのだが、はて、一体どこに向かおうとしているのだろう。

前社長の取締役退任のプレスリリース→こちら
ネバダ州のゲーム機製造販売会社の子会社化に関するプレスリリース→こちら

警察庁のキャリアから参議院議員などを経て昨年8月にアルゼ顧問、そして昨年9月に社長に就任した阿南氏に対し、今回退任する原氏というのは住友銀行出身で、昨年3月にアルゼに入って営業本部長、そして6月に社長就任、9月に副社長に降格、そして今年に入って退任、という、何とも慌しい一年を過ごしたことになる。
原氏から阿南氏へのバトンタッチに至る期間というのは、時期的に、「ゴールドX」事件を引きずっている中、「雀帝倶楽部」の納品遅れ問題が発生し、業界内のアルゼに対する風当たりが強くなった時期と合致する。ただ、こんなことが一朝一夕に決まるという訳でもないだろうから、この政権交代は既定の路線に沿ったものであった可能性も否定はできない。まぁ内部事情などはわからないので、勝手に想像しているだけだが。

何しろ、原氏の取締役退任の理由が「腰痛」である。どうもとってつけたような気がしてならない。
もちろん、米マクドナルドのCEOのように、鳴り物入りでオーストラリアのアルバイト上りの若手を抜擢したものの、就任直後にガンであることがわかって退任(先日亡くなられたそうな→訃報記事はこちら)、というケースもあるので、本当に身体的な問題なのかも知れないが。

阿南氏の社長就任に伴って代表権を手放した岡田和生氏(取締役会長)というと、「業界のカリスマ」とも呼ばれた人物だが、今回のネバダ州のゲーム機製造販売会社の株式取得のリリースを見る限りでは、この人の関心は今やカジノ向けゲームマシーンの開発・販売に占められているようにも見える。いや、「今や」ではなくて、元々そういう志向があったのが、国内外の事情で、そちらに注力せざるを得なくなってきた、と見るべきなのかも知れないが。
各種訴訟案件、国内シェアの苦戦、遊技機規則の改正によるパチスロ市場の今後の不透明感、パチンコ全面液晶機の思わぬ不振、ネバダ州ゲーミング・コントロール・ボードによる調査などのマイナス要因に加えて、国内でのカジノ法制化問題の進展とも絡んで、アルゼの向かう先が、パチスロでもパチンコでもなく、ゲーム業界やカジノにシフトされるとしても、それは不思議でも何でもないだろう。
ユニバーサル時代からのファンや、クラコン、HANABIで人生が変わった人たち、あるいはミリゴに夢を託した人たちには、やはりアルゼのパチスロ機に期待する向きはあるだろう。噂される新規則対応の5号機第一弾が成功すれば、風向きが変わる可能性もあるかも知れないが・・・

2005 01 19 10:27 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.18

謎の台、謎のナンバーランプ

帰宅後、少しよいことがあったので、12Kぐらいの負けなんぞ、別に何てことない・・・
・・・と言い切れるほど、割り切りのいい人ではないのでして。

エヴァZXに空き台がなければ、本屋にでも寄って帰ろうと思っていたのだが、何と1台だけ空きがある。
相変わらず稼動がよい。というか、ここしか稼動していない。

その空き台、本日の調子はいかが、とナンバーランプを見てみると、何と18時半の時点で大当たり0である。
では思い切りハマりまくっているのか、というと、回転数は85である。
訳がわからない。どういうことでせう? まさか85回転するのに30Kぐらいかかっているとか(笑)

さて、と1英世を投じて打ち出すと、いきなりミサトの部屋からのスタートである(^_^;)
前の客はここで捨てていったのか。まぁ別に高確率でも何でもないですからね。いいんですけど。
で、そこから2英世消費するまでの間に、何とミサトの部屋に4回も訪れることになるのである。謎だ。まぁそういうフラグを引いただけだと思うことにしよう。

それからしばらくすると、今度はミッションモードを連続で引きまくる(^_^;)
ミッション中に追加ならうれしいのだが、終わった途端にミッションモードの連チャン(笑)
何なんすか、この台。

12K投じて308回だから、25回/Kオーバー。一応やる気のある調整ではあるのだが、それでいて何でこの時間までに85回しか回っていなかったのだろう。
もしかしたら途中でトラブルがあってリセットしたのだろうか。

2005年
投資173K
回収114K
収支-59K

給料日までパチはお預けですな・・・と思ったが、冒頭に触れたように、少しよいことがあったので、どうなるかは不明。しかし、少なくとも週末まではお預け。

2005 01 18 09:30 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

コメント荒らし?出現

今までブログのコメントで「荒らし」「宣伝」に遭ったことはなかったのだが、ついに現われた。
もちろん速攻で削除&IPアドレスの拒否リスト登録を実行。
海外からとおぼしきコメントで、内容は読んでいないが、タイトルなどから判断するに、ポーカーがどうのこうの、という話だった。

BBSならごく普通に見られるこの手の宣伝だが、ブログのコメントにも当然のごとく進出してきているようだ。
しかし、コメントとトラックバックはブログの世界を豊かにしている大きな要素であるので、無下に全てを拒否するなどというのは得策ではない。よって、こまめに削除していかざるを得ない。

今回が初めてのケースだが、これから増える可能性が十分にあるので、多少憂鬱なところではある(-_-;)

2005 01 18 11:40 AM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

動いてよぉ

ほんま、それ、ワシが言いたいっちゅうねん。
74%のはずが、なんで1セット2連で終わりまんねん(-_-;)

JR駅前の店にたどり着いた時点で、既に20Kの負債を抱えていた。
久しぶりに行った東通りのC店で、エヴァZFとカイジにそれぞれ11Kと9Kを投じて収穫なし。
それでも収まらずに、まだ投資してしまうところが、非常によろしくない。

エヴァZX。確変率74%。但し一切時短はない。
2K投じたところ(42回転)でシリアス系ステップアップ予告がステップ5まで行き、シンジ群出現!
1と9で初号機リーチがかかり、「これは当たるでしょう」と見ていたら、7でATフィールドが閉じてしまう。「なんじゃそりゃ」とつぶやいたら、シンジくんが「動いてよぉ」・・・で発展型へ。そして見事1で大当たりである。

ところが、この確変、あっさり終わるのである。
33回転目にリラックス系ステップ4で、アスカに「あんたバーカ」と言われてかかったのは6のリーチ。
またしても初号機リーチで、今度はあっさり当たってしまい、再変動もなし。
それで、冒頭のような感想となった次第である。

確変で当たっても、最後の単発の後は時短に突入しない。「フル時短なし」である。
結局その後150回回したところで閉店となる。
端玉が34個もあって、出してくれたのはビスコ(笑)
高いビスコじゃ。

投資22K
回収5.3K
収支-16.7K
2005年
投資161K
回収114K
収支-47K

2005 01 18 12:00 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.17

これからの携帯市場

この記事を読む限り、「ドコモは迷走」「auは躍進」「ボーダフォンは巻き返し」「ツーカーは触れられてもいない」(^_^;)ということのようだが、果たして現実はそんなに簡単なものなのかどうか?

元記事:MNP、導入してもしなくてもauの一人勝ち~野村総研

auの戦略が明確なのは今に始まったことではないが、昔からそうだった訳でもない。
うまく運んでいる現状で、社員たちにも高いモラールがあるから、この経営姿勢が維持できている、という部分は大いにあるだろう。

現実問題として、3Gで出遅れたとは言え、ドコモの底力は大したものである。
ここにきて、ようやくFOMAメインでも何とかなりそうなムードが漂ってきただけに、auとしても脅威を感じざるを得ないのではないかと思う。

ボーダフォンに関しては、正直なところ、個人的には全くよい印象を持っていない。これならJ-PHONE時代の方がよほど魅力があったと思う。駅などに巨大な広告があるのを見かけるが、あれを見てボーダフォンが魅力的だとはとても思えないのである。まぁこれは個人的な感想なので、一般的にどうなのかはわからないが。おそらく、ヨーロッパではあれでもよいのかも知れない。しかし、日本的な感性とは相容れない部分もあるのではないだろうか。

ボーダフォンは、グローバルと日本間の軋轢がサービスや端末に影響している。

と書かれているが、確かにそういう側面は否定できないと思う。

ツーカーに関しては、シンプル携帯が高い評価を得たことでもわかるように、生き残りのためには、ニッチ市場を埋めていくような動きが必要だろう。シェア4.2%ではいかんともし難いのは否めない。
KDDIはDDIポケットを手放したように、ツーカーに関してもソフトバンクへの売却、という話が出ているようだが、仮にツーカーがソフトバンク傘下に入るようなことになれば、携帯のマーケットにも地殻変動が起きる可能性がある。

ナンバーポータビリティが実施される頃に、上位3社の力関係、勢いがどのようになっているか、またソフトバンクを含めた新興勢力の動きがどうなるか、これからの2年ほどは各キャリアにとっては正念場を迎えると言ってもよさそうである。

2005 01 17 05:56 PM [携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

あの日のこと(極めて私的な1・17)

1995年1月13日は金曜日だった。
その日の夜半、日付としては既に14日になっていたが、新地の某店に勤める知人が、帰宅途中、自転車で梅新の交差点を突っ切ろうとしたところ、車にはねられた。
その後、犯人が捕まったという話は聞いていない。いわゆる「ひき逃げ」というやつだ。

私の中で、あの日のことを語るには、この、数日前の出来事を避けて通ることができない。
震災とは何の関わりもない事故・事件であるが、何故か自分の中ではひとつながりの出来事のような、そんな思いになってしまうのだ。

私がこの事故のことを知ったのは翌日だった。
その店の常連さんが集まる新年会の席で、店のマスターから「実は・・・」と告げられたのが事故のことだった。
肋骨を何本か折る重傷だったし、しばらくは面会に行くこともできない状態だっただけに、この日の新年会の中止も考えたそうなのだが、幸い命に別条はない、ということもあり、簡単に、ではあったが、新年会は開催された。

翌日だったか、翌々日だったか、合唱団の男声パートのみの練習があった。
合唱団のメンバーでもあった彼女の事故のことを、そこで私は男声メンバーに伝えたのを覚えている。

そしてそんな重苦しく、もどかしい気持ちの中、1月17日が訪れたのであった。
前夜は、ちょうど一年前に起きた、ロサンジェルスの大地震のことを振り返る番組なども見ていたかも知れない。

5時46分、というのが震災発生時刻である。
しかし、私が時計で確かめたときには、5時47分であった。
震源から多少なりとも離れていたので、タイムラグがあったのかも知れない。

揺れ始めのほんの小さな振動で、多分は私は目を覚ましたのだと思う。
それからすぐ、ただならぬ揺れがやってきて、私は寝床で上体を起こした。
蓋を開けたままにしていたアップライトピアノの鍵盤の上に、楽譜などが落ちて、激しく不協和音を奏でる。
寝床と反対側に設えてあった書棚がグラグラと揺れて、ついに寝床側に倒れてきた。

この部屋が作られたときに、併せて大工さんに作ってもらった書棚は、壁一面を占拠する大きさで、上は天井まで届いている。
当然、壁に固定されているものと思っていた私は、その書棚が倒れてきたということは、すなわち壁が崩れたということであり、ということは家が倒壊するということでもあり、つまり私にとって世界の終わりを意味することに感じられたのであった。

文字通り、「わあぁ~~~~~」という叫び声をあげていた私だったが、ふと気付くと、倒れてきた書棚がパソコンラックに引っかかって75度ぐらいの角度で止まり、その向こうの壁は、いささかも崩れていないのであった。もちろん家も倒壊していないし、世界は終わっていなかった。
「当然、壁に固定されているもの」というのは、私の思い込みであり、その作りつけの書棚は、単に壁に立てかけられていただけだった、という訳だ。

しかし、書棚に置いてあったものは、全て床に落ちて散乱している。
中には割れたガラス類などもあるので、揺れが収まったあと、それらを用心深くよけながら、私は部屋を出て、1Fに下りる。TVをつけると(という事は、電気は無事だった訳だ)速報は流れているが、妙に遠い地域の震度の情報だけである。この時点で、どこが震源だったのか、全く見当がついていない。
時間が経つにつれ、どうも神戸方面がかなりひどいらしい、ということがわかってきて、それとともに交通網があちこちで分断されているような情報も入ってくる。
トイレに入っていると、大きな余震がきた。

いずれにしろ、まずは会社に行ってみよう、と思い立ち、身支度を整えて近くのバス停まで行く。
バス停のすぐ横の家のブロック塀がものの見事に道路側に倒れている。
バスは・・・来ない。
やってくる人たちがいろいろと、どこで仕入れたのかよくわからない情報を教えてくれたりするが、どうもバスは動いていないらしい。
ちょうどタクシーが来たので、まずはJR茨木駅まで行くことにする。途中でバスとすれ違うこともなかったので、どうやら確かにバスは運転を見合わせているようだ。

JRの駅に着くと、大勢の人たちでごったがえしている。
ラジオをつけている人がいて、その周囲に大勢の人だかりができて、ニュースを聞いて状況を確かめている。
駅のアナウンスもあるが、何が正確な情報なのか、よくわからない。
少なくともJRは動いていないようだ。また、阪急も運転していない模様。
しかし、何故か京阪が動いているらしい。JR茨木から京阪バスで枚方市駅まで出ることはできる。
京阪で北浜まで出れば、あとは歩いてでも堺筋本町のオフィスにはたどり着けるはずだ。
ひとまずここで会社に電話を入れると、会社からそう遠くないところのマンションに住んでいる社員が出て、殆どの社員が出社不可能のようだ、と告げてくれる。一応、時間はかかるが、一度会社に行ってみる、と告げて、京阪バスに乗る。

随分長い時間バスに揺られて、ようやく枚方市に着き、そこから北浜へ。
地上に出ると、あちこちのビルのガラスが割れて、路上に破片が散らばっていた。まだ頭上から降ってくる可能性もあるので、足元と頭上の両方に注意しながら、堺筋本町まで歩く。

昼前、ようやくオフィスに着くと、社員は2~3人しかいなかった。この日に入社予定だった社員のうち、一人は律儀に出勤していたが、もう一人は出社不可能とのこと。そりゃ来いと言っても、これでは無理なのだが。
オフィスをざっと見渡すと、あちこちでパソコンのディスプレイが引っ繰り返ったり、キャビネットからファイルが飛び出したりしている。デスクの位置も若干ズレている箇所があった。
普段は環境音楽を流している有線放送をNHKのラジオ第一に変えて、状況を逐一確認するが、どうもかなりひどい様子だ。店舗にも若干の被害が出たようで、取り敢えずこの日は営業を取り止めたところが大半。神戸方面から通勤していた社員からは、無事を知らせる連絡が入るが、自宅はかなりやられているため、当分はどこかに避難せざるを得ないらしい。
ひとまず翌日も自宅待機とすることが決まり、隣のビルの地下の喫茶店(奇跡的に営業していた)で昼食をとり、あとはオフィスの片付けをして帰宅することになる。この頃には辛うじて地下鉄も動き始め、JRも変則的ながら、京都向きには動き出していたようで、時間はかかったものの、何とか帰宅することができた。
こうして、私にとっての「あの日」は終わった訳である。

もっと被害の中心におられた方々から見れば、その程度か、というような話ではあるが、10年経ったところで、改めて書き留めて、記憶を新たにしておきたいと思った次第である。

2005 01 17 10:48 AM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.16

こんなものまで・・・

全然知らなかったのだが、こういうものも出ているらしい。
と言っても、活動限界まであと11時間足らずだ(笑)

こんなもの→新世紀エヴァンゲリオン「NERV」刻印入りのiPod - バンダイネットワークス ララビットマーケット

予約受付期間が2004年12月22日正午~2005年1月16日
つまり今日までである。
しかも限定2000個受注生産。出荷は3月末予定。
特製エナメルケースやイヤフィットヘッドフォン、液晶保護フィルムがセットされ、47,250円。

ベースのiPodはclick wheelの20GB(fourth childrenではなくて第4世代iPod)
つまり私が使ってるのと同じやつ。
U2バージョンなどにもなっている、現行のiPodの中では一番普及タイプである。

これを書いている時点で既に予約受付期限が迫っている(今日の何時までなのかは不明なのだが)
申し込みが1000個に達したら生産決定。2000個で受付終了らしい。
今日の、今の時点でまだ宣伝してるのだから、多分2000個には達していないのだろう(^_^;)
TOSのDVDギャラクシーボックスもそうだったけど、メーカーが強気に出ても、なかなか消費者がついてこれない場合、というのはあるものだ。価格やタイミングというものがありますから・・・

2005 01 16 01:03 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

わたしまけましたわ

これは回文である。
たけやぶやけたを上回る傑作だ。
なんてしつけいいこいいけつしてんな、には負けるが。

何を打ったか、ぐらいは覚えているが、何でどれぐらい投資して、どんなありさまだったかまでは・・・(^_^;)
1軒目のカイジではバニーに勝ってRBを1回引いた。北斗ではサウザーに勝って12連(黄色オーラ。その間、剛掌波を4回も耐える。レイも2回登場)、うわらばで単発(青オーラ)と2連(緑オーラ)。
2軒目のカイジは不発だった。
3軒目のエヴァも不発だった。北斗も不発、吉宗も不発。
4軒目の北斗では拳王様登場で4連(前兆中にレインボーオーラを見た。白オーラ。連チャン中にレイ1回)した。ラストにエヴァ。

4軒目のエヴァはZX。
確変突入率74%と書いてある。
それをいきなり26%の方で引いてしまうのだから、きっと本日はとことん悪い流れだったのだろう。
タイトル予告(使徒、襲来)が出て、レイ背景から初号機リーチで、図柄は4。再変動せず(-_-;)
時短もないのですぐやめてもよいのだが、ここまできたらラストまで・・・と回し始めたら、119回転目で再び単発。ユイ背景(これって確定?)からやはり初号機リーチで、再び図柄は4。再変動なし(T_T)
26%って激アツなのね(T_T)
さらに回すこと261回。ついに持ち玉なくなる。つまり2箱で380回回ったということである。1箱190回。

ところが、この261回転目でえらい予告が入ってしまった。
ステージが格納庫にチェンジし、さらに背景がレイ。
当っても玉がなければどうしようもない。仕方がないのでさらに1漱石をカードリーダーに入れ、リーチが終わるのを待つ。
これが・・・

最後の最後で確変(ToT)
時刻は22:24。こりゃ取りきれない・・・
取り敢えず0.5Kだけ玉を出し、大当たりを消化し、確変を消化・・・これがまたなかなか当らないのだ(-_-;)
閉店間際の確変はなかなか当らない、ということわざがあるが、まさにそれだ。
閉店補償を含めて2箱で終わるか、3箱までもっていけるか、時間との戦い。そして確変か単発かの引きの戦い。

回すこと199回。
シリアス予告のステップ5から初号機のリーチへ。
単発2回もこのリーチからだった(予告などが異なるが)
そして6で当って再変動! 助かった・・・(ToT)
大当たりを消化し始めたところで店員がやってきて、「これ終わったら補償しますんで遊技をやめて下さい」
何とか3箱確保できた・・・

投資75K
回収24.4K
収支-50.6K
2005年
投資139K
回収108.7K
収支-30.3K

最後の確変がなかったらどうなっていたことやら・・・

****追記****
格納庫背景チェンジは確変大当たり確定のようです。玉がなくて焦っていたので余裕がなかったのですが、この時点でBGMに「残酷な天使のテーゼ」が流れていた模様。なんかもったいないことした(笑)

2005 01 16 12:06 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.14

今日の練習はピンチだ

決定的にアウトになるところまでひどくはないのだが、「風邪気味」の状態のまま週末になってしまった。
どうも熱っぽいし、まとめて咳が出るときがあるし、頭痛もする。
無理をするとヤバい、というサインが出まくっている。
前兆モードではないが、高確モードには入っていそうだ。
明日も午前中に野暮用があるし、無理せずに真っ直ぐ家に帰るかな・・・

そうなると、1月31日の本番までの練習は、来週と再来週の2回だけとなる。
モツレク、それも3曲だけの抜粋だから何とかなるのでは、という気もするが・・・
来週の合同練習(という事は延原さんのレッスン?)に賭けるか。

2005 01 14 02:29 PM [Chorus] | 固定リンク | コメント(4) | トラックバック

ぶざまね

はい、おおせの通り(_ _)

CR新世紀エヴァンゲリオンZX
12K投じて音無し。
わずか229回転。20回/Kも切っている。極悪(-_-;)(<なのに12Kも投じるなって・・・)

しかしこの機種、面白いとは言え、欠点も目立つ。
盤面右側がどうにもならんというのもその一つ。
まぁ最近の機種にはそういうのが多いけれど・・・
あと保3、保4時の時短があまり効かない点。
これは最近の機種ではサクっと止まるのが多くなっているのだが、どうもエヴァはもったりしている。
時間効率を気にするプロ達には嫌われそうな気がする。

それにしても今年はここまでのところ○●○●○●と交互にきとりますなぁ。
次は勝つ順番なのだが・・・

2005年
投資64K
回収84.3K
収支20.3K

2005 01 14 12:29 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.13

やな話ではある

こういう事犯を引き起こす要因となる、という点で、新聞のお悔やみ欄(業界的に言うと「亡者記事」)の取扱いについては、今後十二分の配慮が必要になるだろう。

参照記事:葬儀で不在、公衆電話で確かめ次々空き巣に…札幌

喪主はもちろんとして、住所から電話番号まで載せてしまう、というのは、故人に縁のある人で、連絡先がわからない場合などには便利であるが、このように悪用されることを考えると問題が大きい。
最近はこうした情報は載せないか、載せても完全には明記しないようになってきているが、故人の名字と市区町村レベルの情報からだけでも電話番号の特定が可能になる場合だってある。

生存していない個人(=故人)の情報は保護対象となる個人情報ではないが、遺族に関しては個人情報は保護の対象となるので、マスメディアもこの手の情報の取扱いには、もっと神経質になるべきなのだろうと思う。特に、喪主として個人名が出てしまう人にとっては、このような記事から個人が特定されうることを想定しなければならない。

そうなると、故人名、生前の肩書き・業績等、享年(省略可)、死因(省略可)、葬儀場所と期日、喪主(本人の意思確認必要)ぐらいしか書けない、ということになるが、これも時代の趨勢と割り切って、簡素にせざるを得ないのだろう。

2005 01 13 12:04 PM [(-_-;)] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ユニゾン

こういうタイトルならば音楽の話であろう、と考えるのは早計である。
しかし、原作をちぃとも観たことがないので、さっぱり訳がわかっていないのも事実である。

前の発言の通り、風邪気味の体を引きずって江坂から千里中央、そしてモノレールで沢良宜へ。
とてもえすぺしぁりぃないしょな調査を終えて、とある店へ。
年末にグランドオープンしたばかりの店である。まぁ実は単に店の名前が変わっただけなのだが・・・
P33、S5.5というレート。

昨日の27K負けにも懲りず、本日は最初からパチンコで勝負。
しかし新海のシマも客付が悪い。というか、客がいたのは新基準機のコースだけであった。
そんな中、私も新基準機のコースをうろうろし、「CR新世紀エヴァンゲリオンZF」に空き台を見つけて着席。本日1回しか大当たりしていない(^_^;) しかも1100回ハマり中(^_^;)

1K投じて回りはいかに、と様子を見ると、何と30回オーバー。
さすがに低確率の新基準機だけに、ある程度のS%は必要ということであろう。それでなければこの客付は説明がつかない。

2K目、51回転で「警告」の表示。「使徒」系リーチ予告である。
出現したのは「第七使徒 イスラフェル」
そのまま初号機と弐号機のユニゾンリーチに入り、8で大当たり。その直後、再抽選で9に。確変だ(^o^)

今年初めてのパチンコの大当たりということもあったが、この大当たりは妙に胸に来るものがあった。
大当たり中に機種の題材にちなんだ歌が流れることは珍しくも何ともなくなったが、「残酷な天使のテーゼ」は実にハマっているのではないだろうか。素晴らしい。
だからって、今からエヴァのビデオを買って勉強してみよう、という気には(今のところ)ならないのだが(^_^;)

その後は20回転で2→3、44回転で6→1と確変昇格が続き、さすがに新基準機・・・と思ったが、次は25回転で8を引いて再抽選せず、確変終了(-_-;)
途中で裏詰まりが2度発生。マシン調整がなっとらん。

大当たり1回分の出玉でどれだけ回るか。
レートを考えると・・・ようわからん(^_^;)
まぁ時短込みで280も回れば上等か?
・・・そう思っていたら、1箱317回転も回る。
早い時間帯なら勝負続行であるが、既に21時前。しかも茨木市内とは言え、微妙に遠くて不便な場所。加えて風邪のひきかけ。
ということで終了。交換は5390発。

投資2K
回収16.3K
収支14.3K
2005年
投資52K
回収84.3K
収支32.3K

****追記****
ごく大雑把にボーダーラインを算出してみると、21回/Kぐらい。
1箱あたりで言うなら170回/箱という感じだろうか。
180回/箱となるとちょい浮き。今回のように217回/箱というのは時間があるのなら迷わず突撃、であることがわかる。

****追記2****
機種名に「フィーバー(F.と略)」はつきませんでした。
フィールズと提携してからはついてないのかな?・・・と思って調べてみたら、「サーキットへ行こう」からつかなくなったようですね。

****追記3****
ユニゾンリーチは零号機と弐号機ではなく、初号機と弐号機だったようです。一応勉強してみているワタシ(笑)

2005 01 13 12:01 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.12

風邪のひきかた

アッコちゃん(と言ってももちろん矢野顕子)の曲にそういうのがあったが、少々ヤバい状況である。
周囲で風邪をひいている人もそれなりにいる。
普段よりもクシャミの回数が3割増。
鼻の奥からノドにかけて炎症の気配。
目の奥あたりに痛み少々。

今日は個人的には千里中央からモノレールで沢良宜方面に出かけてあれこれ調査活動を行い、阪急茨木市駅経由で帰る、というパターンを目論んでいるのだが、こんな具合で大丈夫だろうか。

2005 01 12 05:37 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

iPod shuffleはどないでっか

フラッシュメモリタイプのiPodが登場、とのこと。
512MBと1GBの2種類が発売されるそうな。

参照記事:「iPod shuffle」登場~国内価格は1万980円から

ごく普通にUSBフラッシュメモリとして使うのもOKだが、やはり携帯MP3プレーヤーとして考えるのが本筋なのだろう。
1GBあれば普通のレートでAAC化すれば15時間分ぐらいは取り込めるのかな・・・と思うが、日常的にはこれぐらいでも十分かも知れない。iTunesにはもっと大量に取り込んでおいて、その日の気分でiPod shuffleに取り込むものをチョイスする・・・みたいな感じであれば。
まぁ個人的にはそれも結構面倒かな、という気がするので(^_^;)、「大容量=何でもぶち込む」タイプに走ると思うが、こういうのもアリではあるだろうな、と思う。

また、用途(あるいはジャンル)を限定した使い方はあるだろう。例えば外国語のレッスン用とか落語とかサブリミナル自己暗示用(笑)とか・・・。こういうものならビットレートを落としても差し支えないので、もっと長時間取り込むことができる。エクササイズ用にテンポのよい曲ばかり集めてスポーツクラブに持参する、というのもよさそうだ。何しろ小さいので、装着していてもあまり気にならない(アームバンド等で固定すればOK)

という訳だが、それでは買うか? と言われると、当面は見送りかな(^_^;)
また「カイジ」で勝てば考えるかも知れないが(笑)

2005 01 12 11:12 AM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

私を通り過ぎたあなたへ

合計27人の漱石くんと英世くん。
また会おうな。
きっとやで。

けんしろうさんに14人
えう゛ぁんさんに10人
なきのりうさんに3人

たっさでな。

2005年
投資50K
回収68K
収支18K

2005 01 12 12:28 AM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.11

改めて、恐るべしスマトラ沖地震

何とスマトラ沖地震の影響で、地球の自転速度が上がったのだそうだ。
いやはや、そのエネルギーの凄まじさがうかがえる話である。

参照記事1:地球の自転わずかに速まる スマトラ沖地震で
参照記事2:100万分の2秒短くなった=スマトラ沖地震で1日の長さ-NASA

もっとも、これはNASAの計算によるデータで、速度変化があまりにも微小(1日の長さが100万分の2.68秒短くなった)なため、まだ検出された訳でもないし、標準時への影響もない模様。まぁ100年で0.1秒足らずってとこだから、確かにそれでどうなる、というものではないと思うが。

それにしたって、地球にそれだけの影響を与えた、ということは、やはり今回の地震の巨大さ、強烈さを、改めて実証したということになるだろう。

2005 01 11 03:25 PM [ニュース] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ニノミヤ会社更生手続き開始

負債総額は279億8432万円だそうで。
それはまぁ、やむを得ないだろうな・・・

参照記事:家電量販:ニノミヤが会社更生手続き開始 大阪地裁

昔、CDラジカセとポータブルMDプレイヤー(一応録音可能)を買ったのが、日本橋のNaMuだった。
今では殆ど使っていないが、そのことを思うと、ご愁傷様・・・という気持ちになってくる。

ただ、関東系の家電量販店の関西進出で打撃を受けて・・・というところは、表面的にはそうなのかも知れないが、このような状況で有効な打開策がとれなかった点は、企業体質によるところも多かったのではないか、というような気がしてならない。
思い切り店舗のコンセプトを変貌させて再生を果たしているところや、都心にこだわらずに郊外、ロードサイドで関東系と正面から勝負をして、それなりに戦果をあげているところもある。
ニノミヤの場合は、87年にあのマークにしてから、大きな動きがあまりにもなさすぎたのではないか、と思う。少なくとも他社に先駆けて、とか、他社とは一味違う、というようなものが打ち出せていなかったようにも見受けられる。
正直、「これがあるから、やっぱりニノミヤでなくては・・・」というものが乏しかったのではないだろうか。

生き残っているところも決して安閑としていられるような状況ではないはずで、これをきっかけとした合従連衡、新機軸、業態転換など、様々な動きが起きることだろう。
ネットショッピングなどのさらなる一般化や、電子マネー等の決済システムの多様化などにも対応せねばならない。
一方では売ったらそれでおしまい、ではなく、アフターフォローからリサイクルまで、長いスパンで、より密に顧客との接点を持つ必要も生じてくる。
でありながら、個人情報の取扱いに関して、より一層の厳しい規制が必要ともなる。
これらのことを一つ一つクリアしていかなければ、(家電販売業界に限らず)これからの生き残りは困難になっていくのだろう。

2005 01 11 02:03 AM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.10

庭への訪問者

庭のメジロ外で聞きなれない鳥の声がするなぁ、と見てみたら、ムラサキシキブの枝に2羽のメジロが止まっていた。
窓越しに携帯で写真を撮ってみたが、さすがにそううまくは撮れない。

ムラサキシキブの実なんて、すっかりないのであるが、それでもメジロやヒヨ、ジョウビタキなどがやってくるので、小さなプラスチックの器にオレンジジュースを入れ、針金のハンガーを曲げて作った簡易餌台にそれを載せて与えたりしている。

スズメに関しては、母が行きつけのパン屋さんでパンの耳や失敗作のパン、賞味期限切れのパンをもらってきて、それをスズメが食べやすいように小さく切り刻んで、目の細かい籠に入れてベランダから吊るしてやっていたりする。
スズメの食べこぼしは庭猫の胃に収まることになる。

2005 01 10 09:33 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.09

増設な一日

先日のメモリー増設に続いて、本日はPCIバスへのUSB2.0インターフェイスの増設、外付けHDDの増設に取り組む。

USB2.0インターフェイスはまのちゃんから生中2杯で譲ってもらったラトックの製品(ありがとうございます(_ _)>まのちゃん)
HDDは「カイジ」の勝ち金の約半分を投じてヨドバシ梅田で購入したバッファローの250GB(7200rpm)のもの。始めは120GBぐらいでいいかと思っていたが、思いがけず勝利を得たので、気が大きくなった訳である(笑)

まずデスクトップのサイドパネルを開ける。
今回は昼間の作業なので掃除機持参である。軽く掃除機で筐体内のホコリを吸出し、それからインターフェイスの接続。
FW TI5VGFには6本のPCIスロットがあるが、実は空きスロットは1本だけしかなく、そこは近くをフラットケーブルがかすめていたりして、大き目のものが挿せないポジションなのであった。
幸いラトックのREX PCIU3はさほど大きくもなく、フラットケーブルをかいくぐってPCIスロットに挿すことが可能。意外とすんなりハマる。拍子抜け。

PCを起動し、ドライバーをインストール(WindowsMeの場合は付属CD-ROMからドライバーをインストールしなければならない)するのだが、どうもハードウエアの認識の仕方が中途半端である。「不明なデバイス」として表示はされるものの、何故か「ドライバーは既にあるが、こりでわないみたいよ」みたいなインフォメーションが出る。
マニュアルに書かれているような手順では進まないため、手動でドライバーのインストールを試みるのだが、どうやってもうまく認識してくれない。
カードの刺さり方が悪いのかと思って、もう一度挿しなおしてみるが、結果は変わらず。
もしかして相性問題、というやつなのかも知れない(=_=;)
マザーボードのチップセットによっては、うまくいかないケースもある、ということであり、それにハマってしまった可能性がある。
あるいは他のデバイスとの相性である可能性も否定できない。

とにかくここで止まっていても仕方がないので、不本意ながらUSB2.0を断念して、外付けHDDをUSB1.1で接続してみることにする。
こちらはドライバーの問題は特になかったのだが、HDDの電源が入らん・・・という事態に(+_+;)
これは、オートとマニュアルの切り替えスイッチがオートにセットされていて、PCと接続していない状態では電源が入らないだけであることがすぐにわかって、事なきを得た(^_^;)

接続したばかりのHDDだが、これはきちんと認識されていた。容量も238GBと表示されているので問題ない。
マザーボードBIOSのバージョンによっては、IDEのHDDだと34GBまでしか認識されない、ということだったが、USBの場合は問題ないということか、それとも既に最新BIOSになっていたのか、その辺は不明(^_^;)

で、せっせと内蔵HDDからファイルの移動を行っているのだが、さすがにUSB1.1。遅い(+_+;)
途中で夕食の時間になったので放置してきたが、戻ったときに作業が済んでいるかどうか・・・(^_^;)

2005 01 09 10:15 PM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

新春お前はイカサマをした大会

3連休初日の午前中、某所で野暮用を済ませてから梅田に出て、大阪駅前第三ビルB2の「WEST」で昼食。
新聞社が堂島にあった頃、つまり13~4年前からたまに通う店であるが、何しろボリュームと熱さ(料理の)、そして従業員の接客が一貫してよいので、機会があれば立ち寄るようにしている。
今回は張り込んで生中も1杯つけたら、超満腹になってしまった(^_^;)

その足で第二ビル1Fの等価交換の店に赴く。
狙うは「カイジ」のリベンジ。年末、江坂でトータル38Kやられているので、何とかしたい。

年明け初戦は北斗で20.6Kの勝利を得たが、その2日後に北斗、哭きの竜、釣りキチ三平でトータル20K負けており、この時点で累計0.6Kの浮きという状況。

店に入ると、以前「カイジ」が設置されていた場所には「黄門ちゃま」が設置されており、「カイジ」はそのすぐ近くに移設されていた。但し、全台稼動中・・・
店を変えるか、他の機種でいくか・・・と思案に暮れていたら、入口近くの角台の客が席を立つ。「両替かな?」と思ったが、台の所に何も置いていないので、やめたものと判断し、そこに落ち着く。
時刻は多分1時前後だっただろう。

投じること1漱石、実は最初のスタートゲーム数を見てなかったので、何ゲームかかったのかわからないが、仮に15Gとしよう(多分それぐらい)、そこでボーナス・ファーストヒット!
何しろ前回は3回のボーナスが連チャンしたとは言え、全てRBだったという苦い記憶がある。
上部のメインリール・・・右リールが赤7で止まることを念じる・・・赤!
やっとビッグが引けました(ToT)

で、それ以降が展開としてはまずまず恵まれたものだったと言えよう。

投資ゲーム数Bonus
1K15(仮)BB
-17BB
154BB
34BB
13BB
19BB
176RB
237BB
86BB
51BB
410BB
154RB
28BB
147RB
236RB
122BB
71RB
55RB
56RB
112BB
71RB
69BB
29BB
44RB
37BB
39RB
59RB
85RB
623RB
100BB
164ヤメ
総ゲーム数3513、ビッグ17回(206.6分の1)、レギュラー13回(270.2分の1)、獲得枚数2273枚

トータルするとそんなでもないのだが、最初にビッグ6発が固まってそこそこ大きな持ちコインができ、追加投資の心配をせずに打てたのは大きかった。
最後にバケが固まったのは痛かったが、投資額、交換率を考えれば上々であろう。

ところでタイトルに絡んだ話だが、サイコロバトル復活アクションのとき、最初に大槻に負けたカイジが「お前はイカサマをした!」と叫ぶのは、いかがなものか。負けてからではなくて、大槻がサイを投げた後に言うのが筋というものだろう。まぁそれでは演出として成立しないけれど(^_^;)

何やかやで店を出たのは6時45分を回った頃だったか。後の予定もあったので、まぁちょうどよい潮時というところ。
取り敢えず、年末のリベンジは果たす(^_^)

投資1K
回収45.4K
収支44.4K
2005年
投資23K
回収68K
収支45K

****追記****
こうしてデータを見てみると、292G超えというのがわずか2回だけなので、設定6の可能性がないとは言えない。
ただ、410Gハマリ(設定5?)とか623Gハマリ(小役解除っぽい)、ほどよく数珠連している点など考えると、そうでもないのかな、と。
要するにようわかりまへん(^_^;)

2005 01 09 02:34 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.08

稽古始

と呼ぶべきなのかどうかわからないが、7日はセンチュリー合唱団の年明け最初の練習日。
6時半頃に打合せが入ってしまい、およそ30分ばかり遅刻して練習に参加する。

年明けからの練習では、モーツァルトのレクイエムが取り上げられている。
阪神大震災10周年記念演奏会の一つとして、1月31日に合同演奏会があり、そこでモツレクが演奏されるのだが、センチュリー合唱団からも有志20名が参加することになっている、というのと、来年(2006年)2月のセンチュリー交響楽団の演奏会でこの曲が取り上げられる、ということもあって、このようなことになっている。
要するに、いきなり目前の演奏会でやるのと、1年先にやるのと、両方に対応しないといけない訳である。
(ついでに言うと、その「有志20名」の中に、私も含まれている(^_^;))

目前の分、つまり1月31日に演奏するのは、モツレクの抜粋である。
LacrymosaとHostias、Sanctusの3曲が取り上げられている。なんだかなぁ、という選曲である(^_^;)
まぁLacrymosaは有名だからよいとして、またHostiasも穏やかさと激しさの対比がなかなか聴かせるのでよいとして、あとは黙して語らず(笑)
それはともかくとして、音取り的には、実はSanctusが結構難関でもある(音そのものよりリズムと歌詞が、と言うべきか)
本日の練習ではLacrymosaとHostiasをざっと歌詞がつくまでやっておしまい、であったが、Hostiasの後半ももう少しじっくり音取りして臨むべきではあるだろう。

練習後は江坂に戻り、オールドバーに新年挨拶。
レッドアイ、グラスワイン白、冬の月、マカ不思議(秋限定メニューだけど言ったら作ってくれた)、XYZ、マンハッタン。
スモークサーモンのクリームソーズピザとねぎ入りだし巻きもいただく。
それと、マスターの和歌山土産で、金山寺味噌をあつらえたもろきゅうをサービスでいただく。名前は知っていたが、金山寺味噌を(少なくともそれと意識して)味わうのは初めてであった。美味美味(^_^)

カウンターの向こうでは、某K大生のI内ちゃんが、フジワラくんの指導のもと、シェイカーを振る練習をしていたが、なかなかテンポよく振るところまではいかない。
私はシェイカーを振る若い女性を見ると、大変シアワセな気持ちになるのだが、カッコよくシェイカーを振る彼女の姿を早く見てみたいものである(^_^)

2005 01 08 01:06 AM [Chorus, ] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.07

正義こそ・・・

正義こそ悪なのか?
正義の味方が敵をやっつけるゲームは、子供の攻撃性を高める・・・これを意外ととるか、やっぱりねと感じるか・・・

元記事:ヒーローものゲーム、子供の攻撃性増加の可能性

ゲームの中では、プレイヤーは正義の味方と同一化する傾向が強いため、敵役に対する攻撃は正当化されてしまう。
加えて、ゲームにおいては、そこで行われる破壊や暴力、殺戮のようなものがもたらすカタストロフィが、一種の陶酔感として受け止められる。
つまり、「自分は正義の味方だから、敵をやっつけるのは当たり前だ。やっつけると敵の戦闘機や船や基地が破壊され、敵が倒れ、粉々に砕け散る・・・ああ、快感!」

それって、まるで今のア(以下省略)

2005 01 07 11:54 AM [etc.] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

四字熟語欄

右サイドバーのカレンダーの下、本来は本人の顔写真などが載る部分なのですが、しばらくこういう感じで四字熟語を掲載しておきます。
そのときの気分とか、雰囲気とか、そういうものとは関係なく(笑)、テキトーな採用基準で選んでおります。

画像データとしてはいくつか登録してありますが、切り替えるタイミングは特に決めておりません。
気が向いたら切り替える、という感じですね。
飽きたらやめると思います(^_^;)

****追記****
「諸般事情無能禅」の設置に伴い、「四字熟語」欄は終了いたしました。

2005 01 07 10:01 AM [Information] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.06

売れているらしい・・・

以前、「使わずじまいカレンダー」で触れたRioカレンダーだが、今年もかなり売れたらしい。
7万本というのは、一説にはヨン様カレンダーを上回る数字らしい。

しかし、肝心の「スーパーブラックジャック777」の方は、販売から1年以上が過ぎて、ホールでもあまり見かけなくなってきたのは残念な話だ。
中古台でも買うか(笑)

メカピット価格:35,000円也(メダル1000枚セット)

まだ高い・・・
しかも品薄。

う~む、こりわ見送り濃厚。

2005 01 06 07:25 PM [Pachinko, グッズ] | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

メモリー増設完了

タワー筐体のサイドパネルをきちんとネジ留めしていないこともあって、デスクトップくんの中は綿ボコリのオンパレードだったが、取り敢えず目立つものだけ除去し、しかる後にメモリーの増設に移る。

FW TI5VGFのDIMMスロットは結構ケースの後ろ近くにある。
一番後ろ側に当初から挿してある128MBのメモリーが見える。
その一つ手前のスロットに、今回購入したバルクのメモリーを挿すことになる。

両端の留め具を解除し、間にメモリーを、そろりそろり・・・ありゃ、失敗。
フラットケーブルなどが行き交う筐体内は、なかなか容易に人間を寄せ付けない。
少し見る角度を変えてみると、何とかスロットには刺さった。

だが留め具がうまく嵌らない。ということは、きちんと刺さっていない。
確かに隣のスロットのメモリーとの間で明らかな段差が認められる。
仕方ないのでグイグイ押し込んでみるが、これがなかなか頑固である。
しかし、メモリー増設などでは、力を入れ過ぎるとマザーボードが損傷したり、他のパーツを傷めたり、という怖れもある。だからと言って、力を入れない訳にもいかない。思い切りも必要なのである。

ぐにゅん。
あ、入った。
留め具がうまく嵌る。
もう一方の端も少し力を入れると奥に入る。

何とか増設作業は完了。
次は動作確認である。
WindowsMeを起動し、何でチェックしよう・・・と思ったが、取り敢えずフリーのメモリーデフラグツールであるBeMemを起動してみると、ちゃんと容量が256MBに増えていることがわかる(^_^)
ひとまずは成功したらしい(これから他のチェックもしてみる)

これで次はUSB2.0と外付けHDDである。
延命措置は功を奏するか?

2005 01 06 01:28 AM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.05

デスクトップPCの行く末

1999年の7月に購入したデスクトップPCも、既に5年半を経過した。
初代TOWNSを5年使い、白TOWNSも約5年使ったことを思うと、そろそろ買い換え時期なのではある。
ただ、買い換えるべきなのか、延命措置をするべきなのかで、今迷っている。

延命措置をする場合は、メモリーの増設と外付けHDDの設置が必須。
現在のメモリーは128MB、HDD容量は8GBである。

デスクトップくんのM/BはFWTI5VGFというもので、DIMMスロットは3本ある。うち1本は使用している。
各スロットに128MBまで投入できるので、ここにPC100 CL2 128MBのSDRAMを1枚投与して256MB、もしくは2枚投与して384MBまでもっていくことが可能。
現状でPC100 CL2 128MBのSDRAMは(あまり見かけないが(^_^;))1枚およそ4500~5000円程度と思われるが、まぁ2枚も挿すことはないだろう。合計256MBになれば、それで随分とマシになるだろう。

HDDに関しては、まずPCIバスのUSB2.0インターフェイスを導入するべきであろう。
こうすれば、外付けUSB2.0対応HDDが快適に利用できるようになる。
いずれ新しく購入するデスクトップでも利用することを考えると、内蔵HDDよりも外付けの方が無難だろう。
容量は120GBもあれば十分か。コストパフォーマンス次第では160GBもあるかも知れないが。

あるいはLAN対応のHDDを買って、無線LANのルータにつないでしまう、という手もある。
金額的にはやや割高になるが、手間を考えるとこっちの方がよさそうな気もする。
ただ、デスクトップくんのOSはWindowsMeで、ノートくんはWindowsXPなので、両方からリード/ライトできるようにするのは無理っぽい。FAT32でフォーマットすることになるので、ノート側からはリードだけになる(みたいなことがメーカーのサイトには書かれている)
そんな中途半端なことなら、USB2.0で接続した方が転送速度が速い分、おトクであろう。

これでどれぐらいかかるかというと、
メモリー(PC100 CL2 128MB SDRAM)1枚 5000円ぐらい
PCIバスUSB2.0インターフェイスカード 3000円ぐらい?
USB2.0接続外付けHDD 120GB 15000~20000円ぐらい?
ざっと26000円程度、下限23000円、上限28000円てとこか。

一方、新品を買うとなると、OS、Officeソフトやディスプレイまで含めると、思い切り渋くいっても10万、それなりのスペックを求めれば15万は下らないだろう。
これはもうちょい先に延ばした方が無難とみた。

ということで、メモリー探しから始めることにしようと思う(_ _)

****追記****
ヨドバシ梅田に寄って、まずはメモリーを購入。3700円也。予定より安く済んだ(^_^)
PCIバスUSB2.0インターフェイスカードは1680円のものが売れ線らしい。
USB2.0接続外付けHDDは120GBだと14800円、160GBでも16800円~17800円程度。
トータル20000円ちょっとぐらいで延命措置は何とかなりそう。
週末にでも残りの品を買ってこよう。

その前に、デスクトップのケース内の埃を何とかしなければ・・・(+_+;)

2005 01 05 07:30 PM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(6) | トラックバック

No.216 怒髪天を衝く

いつもはクールなこの男だが
こうして怒りを爆発させることもある

てめえらの血はなに色だ~怒ってますね

しかしこのときは相手が悪かった

クリンゴンぬゎにぃ、わしは紫じゃ!

ヴァルカン私は緑ですが、何か?

南斗水鳥拳のレイさん
今日は死ぬにはいい日みたいです
でも・・・

長寿と繁栄を・・・

2005 01 05 02:29 AM [ahorism] | 固定リンク | コメント(3) | トラックバック

2005.01.04

新春愛をとりもどせ大会

こんなもの、去年の負債を前にすれば、焼け石に水、いや、灼熱の鉄板の上の裸足のリンみたいなものだ。
だって、ケンはいつもそう言ってたもん。そうケンは教えてくれたもん

ということで今年の初打ちは地元駅前の6枚交換の店。
ハーフ中ジョッキと残波水割り各1杯で勢いをつけて乗り込む。
BGMはプロコフィエフの交響曲第五番である。

ここは北斗と吉宗しか置いていない訳で、吉宗未履修のワタシとしては北斗を打つしかない。
年明けはカイジでリベンジだ、と思っていた訳だが、なかなかこれでは設置されそうにない。

投じること2漱石(新札未対応サンド)、チェリー一発で2005年初BB
しかし、このチェリー、目押しし損ねているので中段だったのか角だったのかは全くわからない。
オーラは白。まぁ縁起ものなので、「初BB チェリー白7 単発ね」で終わるのだろう・・・と思っていると、剛掌波が炸裂する。ほら単発だ。ケン、くらってるし。

BET。
ケーン。

次はキックが飛んでくる。またもよけられないケンシロウ。
しかし雲は回っている。

拳王様の攻撃はどんどんパワーダウンし、次はパンチ。ケンシロウ、あっさりよける。
これは5連ぐらいはするのかな?

何連目か忘れたが、再び剛掌波が炸裂する。
ケン、自力でよける。
食らって自力で立てば79%以上継続確定だが、よけるのは単に珍しいだけで継続率的にはさほどのこともない。
それでも89%の比率が一番高いらしいので、期待はできる。

そして12連目、ついに待望の「愛をとりもどせ」を聴く。
いつ以来だろうか?

結局この連チャンは14連まで続いて終了。
3度目の剛掌波に、ついにケンシロウ力尽く。
「新春拳王様昇天大会」とはならなかった。
まぁ白オーラにしてはよくがんばった。

そして、その後はだらだらと350Gほど打って終了。
1356枚の成果。

去年も年明けは調子よかったのだがなぁ・・・

投資2K
回収22.6K
収支20.6K

2005 01 04 11:48 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

自家製サングリア

自家製サングリア年末、仕入れておいた"Real Sangria"を飲む。
刻んだリンゴやみかんをカラフェに入れて、そこにサングリアを入れる。
それをぐちゃぐちゃとかきまぜ、またフルーツを潰して果汁を出し、適度に混ざったところでグラスに注いで飲んでみる。

なかなかうまい(^_^)
初日はグレープフルーツのみ、2日目はグレープフルーツとリンゴにしてみたが、グレープフルーツ特有の苦味が勝って、もう一つかなと思った。
それでみかんに変更したところ、甘みが程よくしみでて、まずまずの味わいに。

あと1回分ぐらい残っているので、明日も楽しめる(^_^)

2005 01 04 12:40 AM [Photograph, ] | 固定リンク | コメント(4) | トラックバック

2005.01.03

食っちゃ寝2005

外出もせず、ひたすらTVの前で様々なスポーツ番組などを眺める三が日。
年末の店舗実習で多少落ちた体重が、瞬く間にリバウンドするのを感じる昨今。

元日はサッカーは・・・
何もない。
ありません。
なかったの。
ないっちゅうねん。

・・・ほんま、チャビ・アロンソまで長期離脱とは(-_-;)
なかったことにしてほしい。
ランパードは一発レッドじゃないのか?

ラグビー。
トンガ勢はやはり力強い。
4強のうち3校が関西勢だが、優勝候補筆頭は正智深谷だろう。

大学は波乱もなく、いつもの顔合わせになる。
今年ぐらいは圧勝しましょう。

駅伝。
スズキのマサシ(鈴木正志さんではない)がすごかった。
中国電力の佐藤もすごいと思ったが、さすがケニアン。末恐ろしいランナーだ。

箱根はやっぱりNHKのラジオで聞くのがよいでしょう。
「ゴルゴル」F越が実況してるものなんて、つまらないに決まっている。

阿部・岩根ペアが優勝した新春お好み将棋対局。
しーちゃんの方が寄せが正確であることが判明(笑)
しかし、若手女流棋士の和服姿はよいですなぁ(^_^)

パチテレの正月特番もそれなりに見ております。
久々の黒木お姐、やはりアルコールが入るとよろしいようです。
実戦塾のゲストぐらいでたまに顔を出してもらいたい。

いろいろ観ながら、HDDの整理もしなければならないので大変。
チャンピオンズリーグ中継は、CMなどを省いても2時間10分前後になる。
画質レート2.2ではどうしても1枚のDVD-Rに2試合分収まらない。
2.0まで落とせば入りそうな微妙なところなので、しこしことレート変換ダビングを試みる。
これはダビングするのに実時間分かかってしまうので、今ごろバイエルンvsユーヴェなんかを観たりしながら、ダビング作業を続けている。
まだDVD-Rに焼いていないCLの試合が10試合分ぐらいあるので、今日だけではとても終わりそうにない。
今後、CLの録画は2.0で行うようにしなければ・・・

2005 01 03 04:32 PM [Football, Sports, 将棋, 日記・コラム・つぶやき, 映画・テレビ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.01.02

アジアのこどもたち

毎日かあさん特別編元日の新聞というのは、付録がいっぱいあって、いつもとても読みきれそうにないので、たいていは殆ど読まずじまいで終わってしまう。
そんな折、いただいたトラックバックで、「毎日かあさん」の特別編が第3特集に掲載されていることを知った。
名づけて「アジアのこどもたち」
早速読んでみる。

・・・こういうのを書かせたら、おそらく彼女の右に出るものはないだろう、と思う。
妙な力みもなければ、お涙頂戴的な過剰な演出があるでもない。
対象への濁りのない視線がそこにあるだけだ。

不覚にも今改めて知ったが、「毎日かあさん」の単行本第1巻(カニ母編)って、昨年度の文化庁メディア芸術祭優秀賞を受賞していたらしい(^_^;)
文化庁がこのマンガを、あるいはサイバラを評価したとは知らなんだ。
シシローグッズの件はどう考えたのか、実に興味深いところである。

2005 01 02 01:28 AM [アニメ・コミック] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.01.01

新春バージョン

三が日の間だけ、タイトルロゴを変えております(^_^)
全体のデザインとマッチしてないかも、というのは気にしないように・・・(_ _;)

その他、「オススメ本」のコーナーも少し書評を追加したりしています。

2005 01 01 06:39 PM [Information] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

happy new year 2005

happy new year 2005
みなさま、あけましておめでとうございます(^_^)
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

去年一年で随分と変貌を遂げてきた当勝手口ですが、今年も少しずつ改良を加えながら、様々な戯言を吐き続けてまいりたいと思います(^_^)
皆さんも、どうぞお気軽にコメント、トラックバック、リンクのほど、よろしくお願いいたします。

2005 01 01 12:00 PM [Information] | 固定リンク | コメント(10) | トラックバック