« 正義こそ・・・ | トップページ | 新春お前はイカサマをした大会 »

2005.01.08

稽古始

と呼ぶべきなのかどうかわからないが、7日はセンチュリー合唱団の年明け最初の練習日。
6時半頃に打合せが入ってしまい、およそ30分ばかり遅刻して練習に参加する。

年明けからの練習では、モーツァルトのレクイエムが取り上げられている。
阪神大震災10周年記念演奏会の一つとして、1月31日に合同演奏会があり、そこでモツレクが演奏されるのだが、センチュリー合唱団からも有志20名が参加することになっている、というのと、来年(2006年)2月のセンチュリー交響楽団の演奏会でこの曲が取り上げられる、ということもあって、このようなことになっている。
要するに、いきなり目前の演奏会でやるのと、1年先にやるのと、両方に対応しないといけない訳である。
(ついでに言うと、その「有志20名」の中に、私も含まれている(^_^;))

目前の分、つまり1月31日に演奏するのは、モツレクの抜粋である。
LacrymosaとHostias、Sanctusの3曲が取り上げられている。なんだかなぁ、という選曲である(^_^;)
まぁLacrymosaは有名だからよいとして、またHostiasも穏やかさと激しさの対比がなかなか聴かせるのでよいとして、あとは黙して語らず(笑)
それはともかくとして、音取り的には、実はSanctusが結構難関でもある(音そのものよりリズムと歌詞が、と言うべきか)
本日の練習ではLacrymosaとHostiasをざっと歌詞がつくまでやっておしまい、であったが、Hostiasの後半ももう少しじっくり音取りして臨むべきではあるだろう。

練習後は江坂に戻り、オールドバーに新年挨拶。
レッドアイ、グラスワイン白、冬の月、マカ不思議(秋限定メニューだけど言ったら作ってくれた)、XYZ、マンハッタン。
スモークサーモンのクリームソーズピザとねぎ入りだし巻きもいただく。
それと、マスターの和歌山土産で、金山寺味噌をあつらえたもろきゅうをサービスでいただく。名前は知っていたが、金山寺味噌を(少なくともそれと意識して)味わうのは初めてであった。美味美味(^_^)

カウンターの向こうでは、某K大生のI内ちゃんが、フジワラくんの指導のもと、シェイカーを振る練習をしていたが、なかなかテンポよく振るところまではいかない。
私はシェイカーを振る若い女性を見ると、大変シアワセな気持ちになるのだが、カッコよくシェイカーを振る彼女の姿を早く見てみたいものである(^_^)

2005 01 08 01:06 AM [Chorus, ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/2504684

この記事へのトラックバック一覧です: 稽古始:

コメント

>ちいしゃ

あけましておめでとうございます。
こちらは相変わらずばたばたとしております。(>_<)

モーツアルトのレクイエムですか!、今回こそはなんとか聞きにいきたいです。

さて、モツレクといえば「Sanctus」のフーガの歌詞「ホザンナ、インエクセルシス・・・」の部分が「大阪いいでっせーー」に聞こえるという「空耳アワー」のネタをどうしても思い出してしまいます。
(^^ゞ

投稿者: comet (08-ene-05 23:42:50)

COMET師匠(^_^)
本年もよろしくお願いいたします(_ _)
モツレク、ぜひお越し下さいませ。
1月31日、シンフォニーホールです。
モツレクは本文の通り3曲だけ抜粋でやりますが、その他のプログラムも盛りだくさんで用意されているようです。
指揮者陣も岩城宏之さんを始め、大友直人さん、藤岡幸夫さんなど、かなり豪華ですんで、それだけでも来る価値あるかも(^_^)
詳細は
http://www.kh.rim.or.jp/~horin/manage01.html
でごらんになれます。

投稿者: ちいしゃ (09-ene-05 13:36:50)

コメントを書く