« 新基準機に関するデータ | トップページ | 合同練習 »

2005.01.22

急ぐ人と叩く人

カップルで並んで打っていた客が揃って席を立ち、北斗に2台空きが出る。
では、と左側から空席に近づいた私は、もちろんまず左側の台からデータを見ようと思ったのだが、カップルの右隣の台で打っていた客がすかさずそこに座ってしまった。

この客、なにゆえ自分の左隣の台でなく、一つ離れた台を選んだのか、その辺の理由はわからない。彼なりに近くで打っていて感じるものがあったのだろう。
仕方がないので、その右隣の台に座る(この客が捨てた台も空いていた訳だが、きっと捨てたなりの理由があるのだろうから、そこは避ける)

で、千円札を投じて、さらに缶入りのお茶をぐびぐびっと飲んでいると、件の客はぼちぼち2枚目の英世氏を投じようかという勢い。何をそんなに慌てて、というぐらい、急いで打っている彼を尻目に、私はのんびり、ぺしぺし。

すると2K、56GでBBを引いたのは私の方であった。隣の客の表情までは見なかったが、きっと痛い顔(どんな顔?)をしていたのではないかと推察される。
このBBは2連で終わったが、60Gで次のBBを引き、こちらは6連まで続く。

そのあたりから、今度は右隣の客の挙動が気になり始める。元々左隣の客が座っていた台なので、多分あまりよろしくない状態から打ち始めていたものと思われるが、何か台に怒りをぶつけているとしか思えないような、激しい打ち方なのである。
BETボタンをバシーン、レバーをバシーン。ストップボタンもゲシ、ゲシ、ゲシッ・・・アクションも派手だ。レバーを叩いたあと、手首が返っている(笑)。きっと自分ではカッコよいと思っているのかも知れない(^_^;)
この手の客はよく見かけるのだが、正直なところ目障りなことこの上ない。台も傷むし、迷惑な存在である。

私はと言えば、6連後はパッとせず、327G回してかなりコインを減らして533枚流して終了。
さぁやめよう・・・と思ったら、ちょうど閉店アナウンスが流れ始めた。そんな時間帯。

投資2K
回収10.6K
収支8.6K
2005年
投資227K
回収171.3K
収支-55.7K

2005 01 22 11:39 p. m. [Pachinko] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 急ぐ人と叩く人:

コメント

コメントを書く