« 合同練習 | トップページ | 朝昼晩3部構成 »

2005.01.23

なめとんか、おら

・・・とジェステが言ったかどうかは知らないが、ここはサンマメスである。
0-3などというスコアが許されるはずはないのであって、それがまして同じバスクの隣人とあっては、このまま済ませては重大問題だ。

リーガの映像が観れなくなって1年半以上になるが、こういう試合を観れないのはつらい。
倉敷さんと幸谷さんのコンビでもよいが、こういう展開の試合は、やはり金子たつー氏であろう。

ということで、Athletic de Bilbao - Osasuna戦、得点経過を記しておく。
'15 Pablo García(0-1)
'47 Webo(0-2)
'55 Puñal(0-3)
'60 Yeste(1-3)
'64 Yeste(2-3)
'83 Tiko(3-3)
'89 Guerrero(4-3)

最後が余計なのだが、2得点のジェステ君、紙も2枚目をもらってピッチからさいなら(-_-;)
次節はメスタージャでのバレンシア戦なのだが、ジェステ不在で戦わねばならないのは痛い。
まぁでも引っ繰り返したのはえらいことだ。
もはや「かつてのアイドル」呼ばわりされているユーレンが決勝ゴールを決めてくれたのもファンにはうれしいところ。
そして、今回の勝利によってオサスーナとの順位も引っ繰り返って暫定7位に浮上。まだビジャレアル、あるいはアトレティコの試合結果いかんでは順位は変わるものの、UEFAカップ圏内が近づいてきた。

2005 01 23 01:34 p. m. [Football] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: なめとんか、おら:

コメント

コメントを書く