« 安易なキャッチが | トップページ | 飾り直し »

2005.02.11

キャパ・イン・カラー

ロバート・キャパが地雷に触れて世を去って51年、彼が撮影した大量のカラースライドフィルムが発見され、それが「デジタル・リマスタリング?」されて、日本で公開されるそうである。

コダクロームが残した色

写真展は2月15~20日、東京・日本橋三越本店新館7Fギャラリーにて。
『ロバート・キャパ写真展 キャパ・イン・カラー』
一般・大学生:700円、中・高生:500円、小学生以下無料。

キャパと言えばモノクロームの印象が強いが、かなり早い時期からカラー写真も撮影していたらしい。ただ、それらはお蔵入りしてしまっていたので、一般の目に触れることがなかっただけのことだとか。

詳しいことは記事を読んでいただくとして、三越のHPにあるキャパの復刻カラー写真は、これが60年余り前のものとは思えないようなよい色合いで、結構びっくりさせられる。
実際にはオリジナルのカラーポジをもとにPhotoshopで読み込んで、HPのインクジェットプリンタで出力したらしいし、当然その過程でかなり手が加えられているようではある。それにしても、60年前とは思えない鮮やかさだ。

これは機会があればご覧になるのをお奨めしたいですね(^_^)
大阪でもやらんかな。

2005 02 11 10:59 PM [Photograph] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/2890090

この記事へのトラックバック一覧です: キャパ・イン・カラー:

コメント

コメントを書く