« 飾り直し | トップページ | 入社式のご案内 »

2005.02.12

善戦止まり

試合そのものよりも、生中継する・しないで話題になってしまったトヨタvs早稲田戦。
結局NHKではなくJ SPORTSで観戦する。

NHK:ラグビー放送中止を撤回 審判服に朝日新聞ロゴ

まずは試合から。
前半が終了してから近所の郵便局までひとっ走り往復していたため、後半の前半が観れていないが、帰宅したときには9-7で早稲田がリードしていた。
しかし、スコアはともかく、内容はトヨタの優勢。早稲田のディフェンスがギリギリで踏ん張っている、もしくはトヨタの攻撃に切れ味・決定力がない、ということで、こういうスコアになっているだけであって、ひっくり返るのは時間の問題という状況。
そもそも早稲田の得点はPG2本とDGである。前半から安藤がDGを狙い続けて、後半にようやく1本決めたらしいが、要するにトヨタ陣22mラインを超えて攻撃することが、絶望的に困難である、と見て取っての戦術な訳である。
確かに競った展開に持ち込むためにはそれが有効だと思うし、間違いではないとも思う。無理にトライを狙いに行っても、結局試合終了間際のような逆襲を食っておしまい・・・になってしまう可能性が高い。これは圧倒的な実力差を認めた上での弱者なりの戦い方ではあった。

ただ、それが70分までで電池切れになってしまったのは残念なことである。今シーズンは学生との戦いでは殆どFW戦で負けることがなかったが、この試合ではさすがに圧倒的にやられてしまった。これがボディブロウのようにきいてきた、ということだろう。まぁむしろ70分もよくもったな、というところである。
これまでの早稲田なら、FWが劣勢なのはディフォルトであるから、劣勢なりの持ちこたえ方、というものが体に染み付いていたと思うのだが、今年は劣勢になる場面が殆どなかったため、スクラムにせよ、ラインアウトにせよ、モール、ラックにせよ、劣勢時の振る舞いがうまくできていないように感じた。これはまぁ仕方ないかも知れないが、オフシーズンなどに社会人にも積極的に胸を借りるなどして、対応策を練る必要はあるだろう。

勝ち越しを許してからの展開は、何度も目にしたようなラグビーにありがちな形で失点を重ね、28-9で終了したが、まぁこれまでの一方的な試合からすれば、今年はよく健闘したとは言えるだろう。

で、問題は試合の生中継をめぐるドタバタである。
結論としてはラグビー協会の不手際・謝罪ということで落ち着いたようで、まぁ本来ならそれだけの話である。
ただ、ここに朝日新聞の存在が絡んでいた、というのがややこしいところ。もしこれが朝日新聞以外のメディア、あるいはメディア以外の一般企業であった場合には、ここまで話がこじれたのかどうか、あるいは早稲田出身の朝日のえらいさんが、NHKに嫌がらせするためにラグビー協会にこっそり働きかけていたのか・・・なぁんて勘繰ってもみたりして。

NHK vs 朝日新聞の論争は、真相はわからないし、どちらかの肩を持つ義理も何もないが、番組の趣旨やら、絡んでいる人々の顔ぶれを見れば、全く何もなかったと言い切るのはかなりの無理があるように思える。ただ、それが明確な形での影響力であったのか、というと、そこまで牧歌的な話でもなかろう。「オトナの対応、拈華微笑の境地」が何らかの作用をもたらしたのではないかいな、とか、さらには、そこに噛み付いたのが朝日新聞であった、というところに、別のある種の力学を感じて、物見高い一般大衆は深読みと空想を楽しむ訳である(しかし、一般に言われるほど、朝日新聞がリベラルだとは、私には到底思えないのだけれど。少なくとも、社内組織の官僚的なことでは、Y紙などよりもガチガチではないかと感じているが。まぁ、とことんええ加減で、野武士みたいな人が闊歩していたところにいたから、余計にそう思うのかも知れない)

そんなこんなで、NHKがどのようにこの試合を放映するのか、少し興味はあったが、谷口さんの実況も捨てがたいので(ほんとは土居さんの実況で観たかったけど)、J SPORTSを選んだ私であった。
早稲田が勝っていれば、夜中の再放送を観ようと思ったかも知れないが、負けたしね。

2005 02 12 05:48 PM [Sports] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/2898796

この記事へのトラックバック一覧です: 善戦止まり:

コメント

結局NHKで生中継やったんですよね。
しかしこれが他のスポンサーだったら、NHKはどういう対応を取ったんでしょう?

投稿者: まのちゃん (14-feb-05 11:10:34)

視聴率4.1%(関西、関東は2.5%)だったそうですね。
タテマエから言えば、どこであれスポンサー名が入っていればクレームつける、というところだと思いますが、実際にはどうだったか、何とも言えないところでしょう。
日本協会も粋な、いやいや罪なことをしたものです。

投稿者: ちいしゃ (14-feb-05 16:52:07)

昨日の朝日の夕刊の1面コラムにもこのネタが出てましたね。
「スタンドの壁に読売新聞って書いてあるのはいいの?」といった内容だったかと。

投稿者: まのちゃん (15-feb-05 13:32:49)

そりゃそうだ。
この調子だと甲子園の高校野球も難しいし、プロ野球もJリーグも全部アウトだなぁ。
プロ選手ならスポンサー名をユニフォームのどこかにつけているだろうしね。
まぁアマチュアであるラグビーの、そのまたレフェリーのユニフォームにスポンサー名、というのが引っかかったのだろうけど、この問題は少々NHKの過剰反応のような気がしますね。

投稿者: ちいしゃ (15-feb-05 14:37:00)

コメントを書く