« 癒しの島唄 | トップページ | 昨日って実は »

2005.02.02

「正しい敬語」

難しいね、これは・・・
記事中にもある通り、もはやいくら「それは間違っている」と抗っても、全体としての流れを元に戻すのが困難なものも多いし、実例集があろうがなかろうが、言葉とは自然に変化し、定着し、また変化していくものである訳である。

元記事:敬語の適切な使い方示す…国語分科会が実例集作成へ

ここで触れられている「商業敬語」、これはもう年齢を問わず氾濫しているのではないか、という気がする。
私なんかよりはるかに年上のおねえさまが、「1000円からお預かりさせていただきます(あるいは「預からさせていただきます)」などと申される(笑)ご時世である。

こういう論議をする際、「敬語にも方言がある」ということも忘れてはならない。
大阪には「しはる/はります」敬語があるし、さ入れ言葉も方言にルーツがある、という説がある。
ただ、方言と言っても、文字通り地理的・地勢的な面での言語分布というだけでなく、業種・職種という切り口からみての「方言」も結構ありそうだ。

特に気になるのが飲食店(に限らないが)での「○○になります」

「こちら、セットのスープになります」と言われて出されたものを見て、
「え? そしたらこれはまだスープじゃないの? それで、いつスープになるの?」と問い返したい衝動に何度もとらわれる私である(笑)
えてして、こういう物言いをする店は、丁寧な接客を心掛けていて、かなり好感を抱くことが多いので厄介である(駅前第三ビル地下の某店の方、ご覧になってますかぁ?)
そうそう、「こちら、冬の月になります」はやめようね>江坂の某店のFくん(Yくん、君もだ)

「の方」も非常に多い。
あまりに多いので「ふくろう敬語」とも呼ばれる(今名づけた。あ、でも「ほうほう」ってふくろうみたいに・・・とは昔からよく言われていたですね)。これはもう丁寧というより冗長、しかも無意味かつ誤り。

「こちら、カードの方をこの挿入口に入れていただきまして、ボタンの方、押していただきますと、自動的に玉の方が出てまいりますので、ハンドルの方をお回しいただきますと、自動的に玉の方が発射されましてうんぬんかんぬん」
「のほーっ!」

それから、ひところ話題になった「じゃないですか」口調(半疑問形)
これも一種の(新種の)敬語の一つと捉えることができるかも知れない。
自分が断定してしまうと失礼かな、そだよね、ちょっとへりくだっとこ・・・で、
「店長、三平のシマってもう死んでるじゃないですか。猪木あたりと入れ替えたらどうかなー、なんて思うんですよね」
「そんなゼニはない!」

ここまで書いてきて、何か似たようなものを以前にも書いたような気がしてならないワタシである。
ほら、記憶力の方、だいぶ衰えてるじゃないですか。しょうがないから繰り返させていただきますよ。
そうそう、この文章、こちらで終わりになります。はい。

2005 02 02 02:34 PM [ことば] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/2780179

この記事へのトラックバック一覧です: 「正しい敬語」:

» これ、もうやられましたか? [のらりくらり生活 から]
 これをはじめて聞いたとき、頭の中に浮かんだのは「殺られた」という文字(^_^; 続きを読む

受信 03-feb-05 00:05:16

コメント

どもー。
私が最近気になるのは「〜してあげてください」
このごろやたら耳につきませんかぁ?
初めてきいた時は「おもろい言い方するな」って思ったけど、何度も言われるとムカつきます(^^;
自分のことは棚に上げて、けっこうこういうのうるさい私(^^;

投稿者: さりちゃん (02-feb-05 19:18:13)

さりちゃん久しぶり(笑)


昨日、ヤマンバ風のギャル(死語)が「バリ寒い」って言いながら歩いてました。意味は解るがチョットねぇ。

最近の若者の言葉がわかりにくいのは「おさーん」になったせいか?>自分。

喧嘩することを「バトる」って言うらしい。これも解るが・・・。ムムッってかんじ。

ブログ移転ってことでちいしゃさんヨロシク。

http://www.debuken.com/

投稿者: ごとう@メサイア練習中 (02-feb-05 20:54:42)

さりちゃん(^_^)
そりゃいかん。正しくしゃべりたまへ、と諭してあげて下さい(^_^;)
・・・というのはともかくとして、こういうのって使ってる人は概ね何の疑問も不安も感じずに使っていることが多いので、それは変だ、と指摘しても、何がおかしいのかにわかには理解できないのですよね。難しいもんです。

投稿者: ちいしゃ (02-feb-05 21:09:32)

ゴトちゃん(^_^)
ブログ移転の件、リンク張りかえときました。
「バリなになに」っていうのは九州方面の言い方でしたっけ。
名古屋だと「デラなになに」ですな。
「激なになに」はパチンコ用語かしら(笑)
「この演出が出たら激アツ」「期待度激高(げきこう、と読むらしい。普通「激高:げっこう」と言えば怒ることだけど)」「今のモードじゃ連チャン確率激低(これはげきひく)」「あそこの釘、激甘やったで」「まじで? こないだまで激渋やったのに」・・・などなど

投稿者: ちいしゃ (02-feb-05 21:17:43)

「1000円からお預かりさせていただきます」というのはありますね。よく耳にします。あと敬語の話ではないのだけど、商品ができるのに少し時間がかかるとき「お席までお持ちします」と言われるのだけど、それで、手ぶらで先に席に着こうと奥へ入っていくときに背後から「ごゆっくりお召し上がりくださいませ」と声をかけられます。「まだ、もらってないがな」と思います。

投稿者: ゆらむぼ (03-feb-05 01:52:44)

わーゴトちゃん!おひさ(^o^)

広島では「ぶち」なんとかって言います(^^;
ぶちたいぎぃ(めっちゃだるい)とかよく言ってたなぁ・・
お下品になると「ぶちくそ」になったりします(^^;
「ぶり」ってのも言ってたけど、これは山陰だったかも。

投稿者: さりちゃん (03-feb-05 23:58:46)

ゆらさん(^_^)
飲食店、特にファストフードのチェーン店では、ある程度までのトークはマニュアル化されているはずなので、マニュアルがきちんとしていないのか、それとも教育が徹底できていないのか、という感じですね。
「鉄板の方、お熱くなっておりますので、お気をつけ下さい」
そりゃ鉄板そのものが熱いんであって、その方角まで熱かったら火事ですがな・・・などとはちいしゃさんはけしておっしゃいませんですよ(^o^)

投稿者: ちいしゃ (04-feb-05 17:01:08)

コメントを書く