« 山﨑、ついに頂点へ! | トップページ | いよいよ2 »

2005.03.27

3バックでいくとして

まぁイランのホームで1点取り、1点差負けという結果は、現在の両者の実力差(殆どない)を考えるならやむなし、とは思うが、次のバーレーン戦は勝利が必要である。
関西イントネーションが妙に和む山野さんは「攻撃陣に問題あり」とされていたが、ここはやはりディフェンスの立て直しが重要ではなかろうか。

3トップを予想して4バックにしたら相手が2トップだった、というのはともかくとして、トゥルシエ時代から(フル代表でなくても)3バックで練り上げられてきたシステムは、そうそう簡単に変えられるものではないらしい。「いや、対応できる」と言っても、結果が伴っていないのだから、何とかする必要はあるだろう。
帰国の機中で中田ヒデと俊輔が「やっぱり3バックだよな」と語り合ったとかいないとか、いろいろ話が出ているようだが、巷間言われるように、3-5-2か、もしくは3-6-1でどうかと思ったりする。

得点力の高いデランテーロがいる訳ではない日本代表では、1トップのポストプレイヤーがいて、その背後からゴールを狙う1.5列目の選手を配する、というのも悪くないように思える。1.5列目と「トップ下」と考えるから、「ナカタかナカムラか」という選択で悩まねばならないが、高原もしくは玉田の1トップで、その後ろにセカンドストライカー兼プレーメーカーが控えるというフォーメーションなら、二人は共存できる。

3-6-1の6のうち、アウトサイドの2人はサイドアタックを担うと共に、相手のサイド攻撃にも対応する。3バックが実は5バックでもあると言われるのは、一人二役をこなすラテラルがいてこそである。このポジションがいかに機能するかが3バックシステムにおいては非常に大きなカギを握る。
サスペンション明けの三都主と、ようやく代表に馴染んできつつある加地がここを担当する。あるいは三都主を前目にもっていって、ここを三浦が担当する、というシフトもあるかも知れない。

そうなるとピボーテは1人でよいので、中田浩二や稲本、福西もしくは遠藤という感じになるだろう。まぁ福西はイラン戦での得点や、北朝鮮戦での「大黒に奪われた決勝ゴール」のように、得点感覚に優れた選手ではある。元々FWなのだからそれもわかるし、何しろ身体能力が高い。もっと前で使うのも手かも知れない(同じことは稲本にも言えるが)。そうなると、ここは中田浩二が本命だが、フィジカル的に問題があるのなら遠藤。

セカンドストライカー的な位置では中田ヒデ、中村、小笠原、場合によっては本山、あるいは小野の代役で誰かめぼしい選手がピックアップできるならその選手を配する。ピボーテを2枚にして、ここを2人にするのも手だが、ホームなのだからここは攻撃的にいきたい。それに中田ヒデなら必要とあれば守備も担うことができる。

3バックはストッパーとして使える人材を調子のよい順番に並べればよいだろう。田中がサスペンション明けなのは好材料。ポルテーロは楢崎で問題なし。

ともかく、予想通り北朝鮮の一人沈み状態になりそうな状況だけに、2位か3位かというのが大きな分かれ目になってくる。イランに対しては並ぶか一つ先を譲るのが妥当な状況に置かれているので、バーレーンにだけは負けてはならない。ホームでは勝利が必須で、アウエイでもドローは最低限のノルマ。

****追記****
結局ジッコは3-5-2でいくことに決めたようである。
2トップは鈴木と高原。どちらかがサイドに開いてスペースを作るような動きを企てる、という感じだろうか(多分鈴木かな)
3-5-2とは言うものの、実際にはトップ下に俊輔が入って、3-4-1-2という感じだろう。
カギを握るサイドの選手は予想通り左が三都主、右が加地。ピボーテにヒデと福西。田中、宮本、中沢の3バック。

2005 03 27 04:44 PM [Football] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/3459870

この記事へのトラックバック一覧です: 3バックでいくとして:

コメント

コメントを書く