« Jスポーツ様江 | トップページ | 14523 »

2005.04.04

余禄

そのサンドのビルバリは不良品で、特に折り目のないようなキレイな札の読み取りを拒み続けている。
手元にコインは既にない。

それなのに液晶画面には青リンゴが3つ転がり、にも関わらず出目はさっぱりで、とても恥ずかしい。
早くこのゲームがなかったことにしたいのだが、左横のサンドは、私の英世を拒み、私は途方に暮れながら、少し離れたところの、使われていないサンドに英世を送り込み、受け皿を持って席に戻る。

やっとこのみっともない出目を崩せる、と思い、コインを4枚(常に1枚余らせるのは、言うまでもなく演出をスキップするためである)入れる・・・と。

「奇跡の村」のナレーションと合わせるかのように、中、右で黒い図柄が左下段受けのナナメテンパイで止まる。
もしや・・・と思って、左に黒を狙うと、あっさり下段に止まり、LEDが黄色く輝いた。

赤7白オーラで21連したのだから、北斗黄オーラならどこまで行くのか。

答え:6連(T_T)

北斗揃いの平均にも届かない。まぁ単発で終わらなかっただけマシとしよう。
JACINを逆らい続けたら、かなりたくさんベルを拾えて、6連だが900枚をはるかに超える獲得枚数になった。
しかし、その後ズルズルと261G回して終了。583枚。

投資6K(しかし最後の1Kはもったいない)、回収9.7K、収支3.7K
4月累計投資15K、回収68.1K、収支53.1K

こういうのは余禄というのか、残滓というのか、余香ぐらいの方が妥当なのか。単純に、余韻でもよいのかも知れない。余熱・・・ではないような気がする。
どっちにしろ、まぁ地味なものではある。

2005 04 04 11:46 p. m. [Pachinko] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 余禄:

コメント

コメントを書く