« さながら戒厳令下 | トップページ | 4八金 »

2005.04.26

原因究明は

なかなか進んでいないようではあるが、当事者であるJR西日本がその中心にいては、進むものも進まない、と思う人も多いのではないだろうか。

例えば、いきなり出てきた「粉砕痕」と「置き石」疑惑。
警察が調べて発表したのなら、「むむ・・・」となるが、それを自分らで言ってはいかんだろう、と感じる感性、というものを、彼らは持ち合わせていないようだ。その情報を持っていたとしても、伝えるのはまず警察に対してであって、記者会見で話すべきことではないはずである。
そういうことを臆面もなくやってしまうから、被害者のことより原因究明を優先してしまったダメダメな国土交通相にすら、不快感を示されている訳で、これでは全く話にならない。

無論、置き石の線も徹底的に調査はすべきである。
これは有名な話だが、置き石をするのは何も人間に限らない。
類稀れなる知能の持ち主である、あのカラスが、単なるイタズラでこれをやることがある。
ほんの数分前にそこを先行列車が通ったばかりで、しかも結構過密なダイヤの中、置き石しようという勇気のある人間はそうそういないと思うが、カラスならやってしまわないとも限らない。

しかし、やはり問題はスピードの出し過ぎ(あのカーブを100km/hで走っていたらしい)と老朽化したATS、その他線路整備の不行き届きなどがどの程度事故に関わりがあったか、ということだ。
「理論的には130km/hなら脱線する」と言われても、線路の状態が不良であれば、100km/hでも脱線するかも知れない。その他、突然の横風や、車両自体の故障や破損など、様々な要因が重なり合いながら、破滅に向けて進んでしまった、ということはあるだろうが、そのあたりはなるべくなら第三者による調査の報告を俟ちたい。

それにしても、まだ2両目などに閉じ込められたままの方々が何人もおられると聞く。ニュースを見るたび、亡くなられた方の数が増えるのを見るのは本当につらい。
スマトラ沖地震のときのように、それが1万人単位であるのも極めて痛ましいが、一人、二人であったとしても胸が締め付けられる思いがする。

尼崎の今日も上空はヘリがけたたましい音を立てて飛び交い、駅の周辺にはJRの係員が大勢立って、所在なげにしていたり、問い合わせに答えたりしていた。多くの善良なJRの職員たちにとっても、降って湧いたような災難だろうとは思うが、今は様々な声を甘受するしかないだろう。ここで誠意を見せられなければ、公共交通機関としての信頼など、微塵も回復することはできないのだろうから。

2005 04 26 11:57 PM [ニュース] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/3873378

この記事へのトラックバック一覧です: 原因究明は:

コメント

このような事故が二度とおきないように原因究明を進めるのはもちろん重要なことです。ただ、マスコミが無責任にあーだこーだ言っているのを見ると、なんだかあまり気持ちよくありません。
これまで同種の事故の報道を見てもそんな感情は持たなかったのですが、いざ自分が事故の当事者になってみると、マスコミに対しては「あんたらがどうこういっても真相究明には何の役にも立たないんだ!」という感情が先に出てきます。

ただ、JRがいきなり置石を持ち出したことには疑問を感じます。あの路線をいつも利用していれば、特急列車が通過した直後にあそこまでわざわざ石を置きに行く危険をおかすものなどそうめったにいないことぐらいすぐわかるのですが。

投稿者: まのちゃん (27-abr-05 18:07:32)

無責任に・・・確かにそう見えますよね。事実、一部のメディアは最初から興味本位の取り上げ方をしているようにも見えます。早速運転士の人物像に焦点を当てて、人目を引く見出しで売っている夕刊紙などもありましたが、正直そういうものを見るとうんざりします。
しかし、反面そうしたものが売れてしまう、というのも人の世の常であったりするのも事実。それらを読む人々の表情は、芸能人のスキャンダルやゴシップを見るのと大して変わらないのではないか、と思ったりします。
ただ、このような大きな事故であれ、小さな事件であれ、粘り強く調査を進め、真相を明るみにしていこうと努力を重ねているジャーナリストたちも少なからずいることも事実です。まぁ少なからず、とは言え、やっぱり相対的には少ないのだろうとは思いますが・・・
・・・気に障ったらごめんです。

投稿者: ちいしゃ (27-abr-05 23:22:19)

私が言っているのは、その前者の方です。もちろん大変真摯な姿勢での報道には、もっとがんばってほしい、と思います。

運転手がどうこうといったことも取りざたされていますが、私自身は、運転手を責める感情はほとんどありません。法的には加害者なということになるのでしょうし、これまでの処分歴なども報道されていますが、あの年齢でJRの運転手になったこと自体、相当努力されたのだと思いますし、きっと誇りを持って乗務されていたのだと思います。そのプレッシャーが事故の原因になったかのかどうかは、なんともいえませんが。

投稿者: まのちゃん (28-abr-05 10:14:07)

「怒りをどこにぶつけたらいいのかわからない」というご遺族の方の言葉がありますが、それが彼らが口にするぎりぎりのところなのかも知れないですね。きっと運転士や車掌を恨む気持ちもあるのかも知れないけれど、う~ん・・・
性善説をとろうが、性悪説をとろうが、人間をこのような行動に走らしめたシステムにこそ問題があって、そこをこそ糺さねばならない、ということなのだろうな、とは思います。

投稿者: ちいしゃ (29-abr-05 00:36:52)

コメントを書く