« これは当たりですか | トップページ | 咳が収まらない »

2005.04.28

今日もJRはゆっくり走る

こういうのを「証文の出し遅れ」と言う。
昨日書いたように、「羹に懲りて膾を吹く」でもある。

少し前に「現在未完了完了進行形」というものを書いたが、ああいう事件があって、昨今のJRの内部事情などが知られるようになってくると、最近JRで流行の「電車は入っております」「到着しております」という物言いは、定刻着であれば到着しているはずのところ、ほんの少し遅れているので、乗務員の査定をする人々(どこにいる誰なのだ?)に向けて、「いやぁ、もう殆ど到着してるのも同然なんですよ」と言い繕っているようにも聞こえる。運転士と車掌だけでなく、駅係員も共犯者の役割を演じている、ということになる。

国鉄時代がよかったか、安全だったか、サービスはどうだったか、と問われると、「はて・・・」となるが、さりとて分割民営化されて特別よくなったのか、というと、これもまた「さぁ・・・」と言わざるを得ない。
大して変わっていないのだとすれば、大量に不当解雇された人々は解雇され損である。

経営効率と安全性はトレードオフなのか、と言うと、決してそうではないだろう。世の中には「損して得とれ」という言葉があるが、安全性のために十分な投資を行うことで、今回のような事故を未然に防ぎ、本来なら出さなくてよい費用を出さずに済ます、あるいは顧客の信頼を得て、売り上げ・利益を伸ばす、そうやって経営効率と安全性を両立させることは可能なはずだ。そんなことはJR西日本のえらいさんなら、瞬時に理解できる程度の話だろうし、きっとわかってるはずである。

「わかる、と、できる、は違う」とよく言われる(今の会社でもしきりに言われる)が、彼らはきっと、「わかるけどできない」人たちなのだろう。
ゲーテは「生活は次の二つから成っている。したいけれど、できない。できるけど、したくない」という言葉を残したが、彼らはもしかしたら、「わかってるし、その気になればできるけど、したくない」のかも知れない。
それをすれば一時的にではあれ、経営効率が下がる(損する)ために、外野からああだこうだと言われるのを知っているのだ。
そういう彼らには、哭きの竜の有名な一言を贈っておこう。

「あンた、背中が煤けてるぜ」

2005 04 28 11:48 PM [(-_-;), 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/3900192

この記事へのトラックバック一覧です: 今日もJRはゆっくり走る:

コメント

コメントを書く