« さらば、三越 | トップページ | No.222 人物評 »

2005.05.03

束の間のGW

よっこらしょ、と午後3時になってから重い腰をあげ、散髪をしてもらいに梅田まで出る。
大阪駅前第二ビルの地下2階に、行きつけの散髪屋さんがある。新聞社時代からの行きつけなので、かれこれ12~3年は通っていることになるだろう。

なのに、この日はその散髪屋さんは休みであった(+_+;)
途方に暮れたワタシは、同じビルの1Fの「神社」に立ち寄って、6Kばかり喜捨をして、それからフラフラとジュンク堂へ。
2、3Fには立ち寄らず、1Fでサイバラものを2冊入手。今さら、ではあるが、「ぼくんち(全部入りのやつ)」、そして「サイバラ茸1」である。「サイバラ茸」は全部買いたいところだったが、先ほど喜捨して貧乏になっていたので2と3は見送る。

一度ディアモールに戻ると、地下で室内楽のコンサートをやっていた。
Vn×3、Va、Vc、Fl、Ob、Cl、Fg、Hr、SDという編成で、ヨハン・シュトラウス。大勢の人が集まって耳を傾ける中、美しい音色が高い天井に響き、少しばかりゴールデンウィークらしさを体感することができた(^_^)
しかし、わざわざマイクで音を拾ってスピーカーから流さなくてもいいのに、とは思う。
「青ダニ」を聴いて、「ラデツキーマーチ」が始まったところで会場を後にする(ずっと立って聴いているのがしんどくなっただけである(笑))

ディアモールにてこれはその直後にディアモールで上を眺めたときの光景。春というより初夏の日差しの中、それなりに美しい。

その後、ホワイティのいつも行く洋品店で1995円のネクタイを1本買い、大阪駅のGAREにある「SPICE MAGIC」でキーマロールとカールスバーグをやりつつ、読書。最後は茨木に戻ってからイズミヤで1950円のサマージャケットを1枚買う。
まぁ、ささやかなゴールデンウィークの一日である。
また明日から仕事だ。次の休みは日曜だ。はぁ。

2005 05 03 07:23 PM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/3964762

この記事へのトラックバック一覧です: 束の間のGW:

コメント

コメントを書く