« ノイズの合間から | トップページ | 気温が上がってきたので »

2005.05.10

久しぶりにプロジェクトXでも

観てみるか。Y工業高校合唱部の話である。
情報は某ゴトちゃんのブログで知りました(^_^)

とびっきりうまい・・・と言えば、確かにそうではあるが、正統派の技巧派、というよりも、軽妙洒脱な不思議な味わいをもった歌を聞かせてくれる団である。何しろ、選曲がユニーク。

ここはどちらかと言うと吹奏楽の方が少しだけ有名で、ここのスパルタ教育で有名な先生もよくTVで取り上げられたりしている。
合唱部のT先生もその筋では有名だが、これで全国区ですな(^o^)

何はともあれ、楽しみなことである。

****追記****
ということで、先ほど番組が終了した。
いやぁ、なかなかアツい。
菓子作戦、餃子作戦・・・若きT先生の奮闘ぶりは涙ぐましくも、またコミカルでもあり、見ごたえがあった。
通常の「プロジェクトX」、つまり、日本の製造業の一発逆転物語とは少し異なり、結構一本調子というか、ストレートな展開となったが、まぁやむを得ないところはあるかな。
しかし、実際にT先生の指導シーンなどを見ていると、やっぱりかなり厳しいですな。何となくソフトな雰囲気が漂っている方なので、練習もそんな感じなのかと誤解していた。
それと、コンクールで歌っていた「御誦」のなんと迫力のあること。軽妙洒脱な持ち味もあるけれど、やはり基本的にパワフル。その落差がまたすごい。

去年の11月に会社案内ビデオを作っていた頃、撮影・編集してくれたビデオ制作会社では、ちょうど並行して吹奏楽コンクールのビデオの編集もしていたのだが、ここは吹奏楽や合唱のCD、ビデオも多数手がけている。
改めて淀川工業高校合唱部のCDを検索していくと、このビデオ制作会社に行き当たったりして、興味深かった(^_^)

****追記2****
どうやら、事実と異なる話を詰め込んで、随分水増ししたものに仕立て上げるという、NHKお得意の手法が駆使されていたらしい(もっと得意な放送局もあるけど。N社とか。どっちにしてもやっぱりNか(笑))
普通に考えれば、出演して、ああやって語ってしまっているぐらいだから、T先生も内容についても多分了解されていた、と解すべきなのであろう。こうなると、T先生の合唱界における立場というのも微妙なものになってしまうのではないかと心配である。心配ではあるが、T先生もきちんと説明はするべきだろうな。

2005 05 10 07:05 PM [Chorus] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/4069717

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりにプロジェクトXでも:

» 続々...プロジェクトX [歌う♪電気工事士「でぶけんの日記」 から]
先日のプロジェクトX。どうも味付けが多すぎて大変なことになってるみたいです。 http://www.... 続きを読む

受信 23-may-05 21:43:18

コメント

コメントを書く