« 20週ぶりの | トップページ | 舘野さんの復活 »

2005.06.07

母と息子とは

ああ息子かくも異質な生命体であるか。
異質どころではなく、「異次元」とまで書いてあるな(^_^;)
ということで、これは本日付の毎日新聞朝刊生活家庭面から。

で、「ああ息子」をタイトルに、息子をネタに毎日新聞に体験談(400字程度)を送ると、うまくするとりえぞお特製クオカードが当たるかも知れんそうだ。2000円分、というのも太っ腹だが、「毎日かあさん2」と「上京ものがたり」の表紙が描かれている、というところがマニア心をくすぐるではないか。
15日必着、20日紙面で掲載らしいぞ。急げ!

ということで、募集要項はこちら

****追記****
これは、「毎日かあさん」と「上京ものがたり」が手塚治虫文化賞・短編賞を受賞した記念、ということだそうである。
毎日新聞での連載に手塚治虫文化賞をくれてやった朝日新聞も度量があるが、それを臆面もなく利用する毎日新聞もなかなかのものだ(なにが?)

2005 06 07 01:13 PM [アニメ・コミック, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/4452259

この記事へのトラックバック一覧です: 母と息子とは:

コメント

『毎日かあさん』、一巻二巻と買ってしまったよ。
うちはまだおとなしめだったことを確認できた。
もう二桁なので、異次元に行ってしまう事は
なくなったけど、
あと10年はアホボン状態が続くのかと思うと
としをとるたのしみがたくさんあってうれしいです。@とぶ

投稿者: とぶひの (08-jun-05 19:10:00)

飛火野おねたま(^_^)
まぁまぁ話半分としてもなかなか凄まじい世界ではあります(^_^;)
自分が子供だった頃、母親がどういう目で自分を見ていたのか、ヒジョーに気になります(笑)
それはそうと、りょうくんもそんな歳になってましたか。
二桁から異次元にイカレると、これはこれで大変困ったことになっちゃいますね。「ぼくんち」や「女の子ものがたり」の世界にイってしまうかも知れない(^_^;)
しかし、思えば、身近なところにティーンエイジャーがいる世界って、何かワクワクする部分もあるかも知れないですね。

投稿者: ちいしゃ (09-jun-05 00:12:52)

コメントを書く