« 貴女の心をとろかす伊達男のカタログ | トップページ | お茶犬の飾り方 »

2005.06.15

勝負は最終局へ

相矢倉の戦いとなった名人戦第六局、森内名人の攻撃を巧みに受けた羽生四冠が勝利を収め、これで3勝3敗の五分となった。

前局に続いて、国会中継のあおりを受けて、なかなか放送時間もとれない中、今回の解説役、山﨑NHK杯はなかなか健闘していたように思う。山田「おねえさま」久美女流三段とのやりとりもいい感じである。
しかし、「女流棋士界のファッションリーダー」であった久美ちゃんも、もう間もなく大台(どの大台なのかは敢えて秘す)。相変わらず若々しいけれど、山﨑NHK杯と並ぶと、いかにも「おねえさま」という感じで、これもまぁ悪くない(なんのこっちゃ)

最終・第七局は静岡県河津町にて、6月23,24の両日にわたって行われる。
名人初防衛か、十八世永世名人誕生か、大注目の一局である。

2005 06 15 11:54 PM [将棋] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/4572515

この記事へのトラックバック一覧です: 勝負は最終局へ:

コメント

コメントを書く