« 第11ステージ、ヴィノクロフの意地 | トップページ | めでたしSPFC »

2005.07.14

第12ステージ、革命記念日

毎年ツールの中盤になると、革命記念日が訪れる。
この日ばかりはフランス人ライダーがいつも以上に奮起するのも当然と言えよう。
いつもフランス人がステージ優勝できる訳ではないが、それでも途中で必ず見せ場を作ってくれるのはさすがだ。
そして、今年は終盤に見せ場を作ったダビド・モンクティエが、フランス人として、革命記念日のステージを制した。
ナイス・ラン!

Stage 12 - Thursday, July 14: Briançon - Digne-les-Bains, 187 km

Results
1 David Moncoutié (Fra) Cofidis, Le Credit Par Telephone 4.20.06
2 Sandy Casar (Fra) Française Des Jeux 0.57
3 Angel Vicioso (Spa) Liberty Seguros-Würth
4 Patrice Halgand (Fra) Credit Agricole
5 José Luis Arrieta (Spa) Illes Balears-Caisse d'Epargne
6 Franco Pellizotti (Ita) Liquigas-Bianchi
7 Axel Merckx (Bel) Davitamon-Lotto
8 Juan Manuel Garate (Spa) Saunier Duval-Prodir
9 Thor Hushovd (Nor) Credit 3.15
10 Stuart O'Grady (Aus) Cofidis
11 Massimo Giunti (Ita) Fassa Bortolo
12 Stephan Schreck (Ger) T-Mobile Team
13 Giovanni Lombardi (Ita) Team CSC

最後は全然足が動いていないような感じさえしたモンクティエだが、結局最後は後続集団が牽制に入ってしまったためか、1分近くにまで差が開いてしまった。
で、後続集団でもフランス人のカザーが制して、フランス人「アン・ドゥー」
アルガンが3位にでも入っていれば、「アン・ドゥー・トロワ」だったのだが、ビシオソが無粋にも割って入る(笑)

私が帰宅して観たときには、既に13人の逃げが決まった後。
そして、最後(ホントは最後の一つ前)のコロバン峠の登りで、メルクスがアタック。それにカウンターアタックを仕掛けたのがモンクティエ。
これで先頭集団にいたスプリンター陣がふるい落とされる。
モンクティエのアタックは見事に決まり、たちまち30秒の差に広がるが、コロバンからの下りでスピードが上がらない。確かに路面が悪く、道幅もあまりなく、カーブも多く、舗装が一部融けているのでは、という情報すら入っていた中で、思い切り下りを踏んでいく、というのはリスクが大きかったと思う。実際、後続集団も下りで差を縮めることができなかった(多少牽制も入っていたが)

最後の平坦区間も、足が殆ど売り切れ寸前のモンクティエが、歯を食いしばって踏み続けているのに対して、後続集団はゴールスプリントを想定した牽制でそわそわと落ち着きがない。集団が本気で追えば、おそらくモンクティエは捉えられていただろうし、捉えられてしまったら、もうモンクティエに挽回する力はなかったはず。
しかし、集団はそれを選択しなかった。まぁフランス人の日だから・・・なのかも知れない。

General classification after stage 12

1 Lance Armstrong (USA) Discovery Channel 46.30.36
2 Michael Rasmussen (Den) Rabobank 0.38
3 Christophe Moreau (Fra) Credit Agricole 2.34
4 Ivan Basso (Ita) Team CSC 2.40
5 Alejandro Valverde (Spa) Illes Balears-Caisse d'Epargne 3.16
6 Santiago Botero (Col) Phonak Hearing Systems 3.48
7 Levi Leipheimer (USA) Gerolsteiner 3.58
8 Francisco Mancebo (Spa) Illes Balears-Caisse d'Epargne 4.00
9 Jan Ullrich (Ger) T-Mobile Team 4.02
10 Andreas Klöden (Ger) T-Mobile Team 4.16
11 Floyd Landis (USA) Phonak Hearing Systems
12 Alexandre Vinokourov (Kaz) T-Mobile Team 4.47
13 Jörg Jaksche (Ger) Liberty Seguros-Würth 5.33
14 Cadel Evans (Aus) Davitamon-Lotto 5.55
15 Yaroslav Popovych (Ukr) Discovery Channel 6.25
16 Andrei Kashechkin (Kaz) Credit Agricole 6.32
17 Bobby Julich (USA) Team CSC 6.37

総合上位に動きなし。
但し、マイヨ・ヴェール争いはボーネンの離脱でハスホフトがトップに立つ。

本日のプレゼントクイズ:本日のフランス人最高順位は?
正解:1位
ちいしゃさんの回答:1位

まぁモンクティエがダメでもアルガンがいるし・・・と思っていたら、そのままモンクティエ優勝。えらいぞ、ダビド!

ということで、アルプスのステージはひとまず終了。
明日、モンペリエまでの平坦区間を経て、ピレネーへ。
マヨは爆発するのか? ランダルーセは? スベルディアは? イサシは? ライセカは?(出てないって(T_T))

2005 07 14 11:17 PM [Cycle] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/4973767

この記事へのトラックバック一覧です: 第12ステージ、革命記念日:

コメント

コメントを書く