« 第17ステージ、サヴォルデッリ! | トップページ | 第18ステージ、セラーノ激走 »

2005.07.21

もう一度転送メモリーで

待ってるんだろ、スコッティ…いや、ジミー(;_;)

James Doohan: March 3, 1920 - July 20, 2005 from STARTREK.COM

スター・トレック機関士、宇宙葬に=J・ドゥーアンさん死去

スタートレックの生みの親、ジーン・ロッデンベリー同様、ジミー・ドゥーアンの遺灰も宇宙に還る。
まさに、余人を以って代え難い、名優は去った。
使い古された言い回しだが、今頃きっと、ジーン、そしてディ・ケリーさんから「やっと来たか。待ったぞ」と歓待を受けているのだろう。

あなたの魂は宇宙に遍在することになるのだから、さようならとは言わない。
ただ一言・・・・・あなたは素敵だった。

****追記****

ジョージ・タケイさんによるトリビュート

2005 07 21 10:12 PM [StarTrek, 宇宙, ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/5082221

この記事へのトラックバック一覧です: もう一度転送メモリーで:

» Scotty, beam me up! [Personal Log から]
スタートレック、スコッティ役のジェイムズ・ドゥーアン氏の訃報に接した。享年85歳。晩年はアルツハイマー病であることを公表していた。ご冥福を祈る。 優秀な技術者で女性が苦手、必要とあれば船のオリジナルの設計に大幅な設計に手を加えてでも艦長の無理な要求に答えたりする。しかし、作業時間の見積もりを毎度水増ししておいてそれより短時間で作業し、超優秀な技術者であることを自ら演出するような茶目っ気もあった。女性が苦手の優秀な技術者というキャラクターは、後続するスタートレック ザ・ネクスト・ジェネレーション... 続きを読む

受信 23-jul-05 01:20:13

コメント

2001年にコンベンションの舞台でお見かけしたとき、車椅子に乗っておられました。自力で立つことができず、マネージャーさんと思しき方が助けておられました。その後、何度か入院されたとか、アルツハイマー病を発症されたとか、ニュースを聞き、昨年は引退コンベンション。もっと長生きしていただきたかった。
残念です。
トラバさしてもらいました。

投稿者: Joちゃん (22-jul-05 01:04:09)

コメントを書く