« ツール・ド・フランス2005まとめ(総合成績編) | トップページ | いつもの日常が戻ると »

2005.07.27

いつもの日常が戻ってきて

帰宅しても、さてTVは何を観ようか・・・と途方に暮れるワタシです(^_^;)
ツールが終わって、まさに虚脱状態。
何故かTVではチャンピオンズリーグ・クォーターファイナルのミラノ・ダービーをやってます。
倉敷さんの実況だし、このまま観てよか。録画は生中継のときにしているし、とっくにDVD-Rに焼いているものだけど。

いつものような日常が帰ってきたとは言え、季節は確実に前に進んでいて、夏オフまであと10日となってしまった。
今年は参加表明の出足がかなり悪いらしく、本当に成立するのか危ぶまれるネタもないでもない。でもまぁきっと何とかなる。これまでも何とかなってきたが、その「何とかするノウハウと心意気」は年を追うごとに磨きがかかってきている。

おとなしく飲食コーナーでへたばっていたいところであったが、そんな訳でそれは許されないらしい(^_^;)

「メサイア」は殆ど初体験に近い。以前MCでクリスマス向け抜粋版(説教付)というのを練習しかけていた時期があったのだが、珍しく途中で頓挫して、そのままになっている。
あの何とも楽しげな"For unto us a child is born"や威勢のよい"Glory to God in the highest"だけは、そのバージョンで少しだけ練習した記憶があるので、これはまぁ何とかなるだろう。
"Hallelujah!"は定番だから、これはほっといても何とかなる。思えば中2のときに初めて歌ったのだから、今年が個人的には「ハレルヤ歴30年目」である(笑)
あとは参考音源とNovelloのみやすい譜面で何とか形にしなければならない。

「第九」は、昨年の年末に初めてきちんと稽古して、プロのオーケストラをバックに、シンフォニーホールで、それも暗譜で歌う、という経験をしたばかりである。ぼちぼち合唱が体に染み付きつつあるなぁ・・・とかなり楽観モードを謳歌していたら、ソロのご指名をいただいた(^_^;)。えらいこっちゃ、である。
昨年の本番の前にも、本山先生の練習のときに、「少し皆さんもソロの部分を歌ってみませんか」と、みんなでソロパートを歌ってみる、ということをやったものである。大半の人が「第九」は食傷気味というぐらいに何度も歌っているので、ちょっとでも目新しいことをして、練習にメリハリをつけよう、という意図(はっきりそのように先生はおっしゃっていたが)ゆえのことだが、そのときの経験が、今になって少し生きてきそうな感じである。ただ、歌詞だけは何とかしなければなるまい。

「フィガロの結婚」は穴埋めも含めると、妙に歌う部分が多い。何しろ、いきなり「巻尺の歌」から出番である。ここでフィガロを歌い、4幕フィナーレでは伯爵を歌う、というあたりが、夏オフらしくてよい。2幕のフィナーレもフィガロであるが、これはかなりの難物である。大人数の重唱になるのだが、大きくみると2つのグループに分かれての掛け合いみたいな部分が多い。その中でもフィガロと伯爵は独自の動きをするところが多く、しかもテンポが相当速いので、落ちると復帰はかなり困難である。4幕フィナーレを歌うのは多分4回目ぐらいで、うち2回は伯爵を歌っているので(あと1回はバルトロだったかな)、今回3回目の伯爵ということになる。改めてピアノを叩いて音を確認してみたが、結構自己流で間違えて覚えている部分もあったりしたので、譜読みのやり直しが必要である(^_^;)

そんなこんなで、随分いろいろ歌えて楽しみなのだが、さすがに事前に何もせずに臨む訳にもいかないだろうから、次の日曜日にはぶたの穴にご厄介になるしかないだろう。

夏オフ期間中の宿は勝手知ったる新宿、それも歌舞伎町のど真ん中のホテルに連泊予定。週末連泊だと安くなるプランがあって、シングルなら2日で9000円。ワタシのガタイなのでセミダブルにして2日で10000円。これでも結構お値打ちかも。

江戸下向は、残念ながら「ぷらっとこだま」が売り切れで、やむなくチケット屋で12,930円の「のぞみ指定席」を購入。指定券、買うかな? でも並ぶのも嫌だし、まだ席に余裕があるなら、指定券買ってもよいかも知れない。
帰りは「ぷらっとこだま」を取れたので、8日の20時頃に新大阪に戻ってくる予定。つまり、江戸では15時頃まで遊んでいられる勘定だが、遊ぶゼニがあるのかどうか、改めて各方面から検証を重ねなければなるまい。

2005 07 27 11:52 PM [Chorus, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/5186526

この記事へのトラックバック一覧です: いつもの日常が戻ってきて:

コメント

コメントを書く