« 本日中休みだが | トップページ | 順調に身上潰し中 »

2005.08.30

9月7日に何が起こる?

新型のiPod Shuffleか、それともビデオ対応iPodか、はたまた携帯電話対応なのか、あるいは・・・

様々な憶測が乱れ飛んでいるようであるが、まぁ楽しみなことである(^_^)

元記事:iPodの「Xデー」は9月7日--アップル、イベントの招待状を送付 - CNET Japan

CNETの記事では、iTunes携帯電話の可能性が高い、というような発言が見られるが、日本への投入ということになると、それはかなり先の話になってしまうのだろうなぁ、という気もする。
逆に言えば、iTunes携帯電話が実現した暁には、それをラインナップに加えることができるか否かがキャリアとしては重要なポイントになってくるだろう。

新型のiPodの可能性はどうか。
例えば2~4GBクラスのiPod Shuffleなどは出てきそうな気はする。記事中にもあったが、現行のiPod miniをフラッシュメモリベースに切り替える、というのもありえない話ではない。

一般的に音楽データを持ち歩くと言っても、10GB、約2500曲もあれば十分すぎる、という人が多いのでは、と思うし、多分iPod miniが大いに売れたのはそのあたりを見越してのことであろう。この辺の容量は別に増やす必要はなくて、より便利にしていけばよいだけなのである。
便利にしていくためには、ハード面もさることながら、ソフト面の見直しも必要であろう。10GBの容量と言っても、0.5GBぐらいはシステム領域で使われてしまうが、それを1GBぐらいにしてより高機能化し、例えばライン入力対応にするとか、ラジオ内蔵にするなどのハード的な変更を加えると・・・iPodらしくはないな(^_^;)

動画対応に関しては、今はどうかはわからないが、将来的にはきっとそういう方向に進むのだろうな、とも思う。
80GB以上のiPodが出現し、HDD付DVDレコーダーなどと連携する機能などが加わったら、夜中に録画したチャンピオンズリーグの試合を、その日の出勤時などに確認する、なんていうことも可能になるだろうし、そうなると需要はそこそこ出てきそうな気もする。ただ、値段がどれぐらいになるか、にもよるが。

それもさることながら、個人的にはiTMSで利用できるレーベルがさらに増えることを期待したい。
その利便性は十分に実感できたが、いかんせん聴いてみたいアーティストの作品が登録されていなかった場合の落胆もまた大きい。様々な障壁があることは理解できるが、一日も早く大半のメジャーレーベルがiTMSに集うことを願いたい。

ということで、9月7日に何が起きるのか、楽しみにしておこう。

2005 08 30 08:21 PM [music with iPod] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/5709671

この記事へのトラックバック一覧です: 9月7日に何が起こる?:

» 9月7日、iPod Day!!! [「モノ」が好き! から]
9月20日のParis Expoだとばかり思っていた新しいiPodの発表がいきなり9月7日にやってくることになりました! うれしい驚きです。 この前の8月4日の日本のイベントに続き、アップルは再び特定のMediaにインビテーションを送りましたね。 このやり方だと、我々も気持ちの準備が... 続きを読む

受信 30-ago-05 21:31:39

コメント

コメントを書く