« julio 2005 | トップページ | septiembre 2005 »

2005.08.31

順調に身上潰し中

皆さんも順調に身上潰してますかぁ?
私はそれなりに順調です。
ひょんげー。

と書いてはみたが、実は現時点で7,950円というところである。
世の中にはもう1ケタ上、という人も結構いそうな気がするのである。

私の場合はアルバム単位でボコンボコンと買っているので、実は件数だけとればシレたものである。
遊佐さんの2枚("Small is Beautiful"と"Honoka")、キャメルのスノーグース、そして村治佳織ちゃんの"Transformations"、加藤和彦さまの「ベル・エキセントリック」・・・と、「CD買ってなくてすみません」系のものをずらっと並べているが、これが全て1500円でダウンロードできてしまう。
あと1枚は何故か神田北陽の「ザンパラ日本史相談室」という講談である(笑)。何しろ450円だったので思わずダウンロードしてしまった、というぐらいのもので。北陽と言っても、あの北陽とは全く関係がない(はず)
しかし、キャメルも懐かしかったが、加藤和彦サンも実に懐かしかった。あの頃は本当によくFMを聴いていたし、そんな中で様々な忘れがたい音楽と出会ったものだ。

とまれ、わずか10日足らずでこの調子なので、これから先がとても思いやられるワタクシである。
ただ、正直なところ、1曲単位で集めていって、いろいろと自分なりのアンソロジーなんぞを作ってみっぺ、という思いもあったのだが、それができるだけの陣容にはまだなっていないのがもどかしい。
毎日書いている気がするが、早いところメジャーレーベルが足並みをそろえてもらいたいものだ。

2005 08 31 11:40 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.30

9月7日に何が起こる?

新型のiPod Shuffleか、それともビデオ対応iPodか、はたまた携帯電話対応なのか、あるいは・・・

様々な憶測が乱れ飛んでいるようであるが、まぁ楽しみなことである(^_^)

元記事:iPodの「Xデー」は9月7日--アップル、イベントの招待状を送付 - CNET Japan

CNETの記事では、iTunes携帯電話の可能性が高い、というような発言が見られるが、日本への投入ということになると、それはかなり先の話になってしまうのだろうなぁ、という気もする。
逆に言えば、iTunes携帯電話が実現した暁には、それをラインナップに加えることができるか否かがキャリアとしては重要なポイントになってくるだろう。

新型のiPodの可能性はどうか。
例えば2~4GBクラスのiPod Shuffleなどは出てきそうな気はする。記事中にもあったが、現行のiPod miniをフラッシュメモリベースに切り替える、というのもありえない話ではない。

一般的に音楽データを持ち歩くと言っても、10GB、約2500曲もあれば十分すぎる、という人が多いのでは、と思うし、多分iPod miniが大いに売れたのはそのあたりを見越してのことであろう。この辺の容量は別に増やす必要はなくて、より便利にしていけばよいだけなのである。
便利にしていくためには、ハード面もさることながら、ソフト面の見直しも必要であろう。10GBの容量と言っても、0.5GBぐらいはシステム領域で使われてしまうが、それを1GBぐらいにしてより高機能化し、例えばライン入力対応にするとか、ラジオ内蔵にするなどのハード的な変更を加えると・・・iPodらしくはないな(^_^;)

動画対応に関しては、今はどうかはわからないが、将来的にはきっとそういう方向に進むのだろうな、とも思う。
80GB以上のiPodが出現し、HDD付DVDレコーダーなどと連携する機能などが加わったら、夜中に録画したチャンピオンズリーグの試合を、その日の出勤時などに確認する、なんていうことも可能になるだろうし、そうなると需要はそこそこ出てきそうな気もする。ただ、値段がどれぐらいになるか、にもよるが。

それもさることながら、個人的にはiTMSで利用できるレーベルがさらに増えることを期待したい。
その利便性は十分に実感できたが、いかんせん聴いてみたいアーティストの作品が登録されていなかった場合の落胆もまた大きい。様々な障壁があることは理解できるが、一日も早く大半のメジャーレーベルがiTMSに集うことを願いたい。

ということで、9月7日に何が起きるのか、楽しみにしておこう。

2005 08 30 08:21 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.29

本日中休みだが

勝っ茶った今日は試合はなかったが、これからはこれでお願いしたい。
よろしく頼む。

実はまだ飲んだことはないのだが、これはぜひとも試してみなければならぬであろう。
試された方、ご感想をお寄せください(^_^)

2005 08 29 11:56 PM [Photograph] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.08.28

星空ファミリーコンサート盛況御礼

去年もかなりの人出に驚いたのだが、今年は芝生席、さらには合唱団用の席の脇にまでお客様がぎっしり。
昨年末の第九では、合唱団の後ろにお客様がいる状態で歌ったが、今年はすぐ隣の席にお客様がいる状態。
土曜日、というのも大きかったかな。天気もよかったし、夕方からは比較的過ごしやすい気候になってきていたし。
それに、神戸サンバチームが参加してくれたのも大きかったかも(^_^)

サンバチームはほんとに元気いっぱいで、素晴らしかった。客席最前列のお父さんたちには、少々目のやり場に困る部分もなきにしもあらず(笑)だったかも知れないが。

歌の出番はまぁほぼつつがなく終了。アンヴィルコーラスでは、出の部分がイマイチ揃わなかったのだが、まぁ事前練習が2回、オケリハ1回という状況では、なかなかきっちりと仕上げるまでには無理があるかも知れない。それを何とかしてしまうようにレベルと経験値を高めていかないといけないのであるが。
アンコールの「世界にひとつだけの花」では、センチュリー・ユースメンバーががんばってくれた。入りは少し不安定さが感じられたけれども、次第に自信を取り戻し、センチュリーのメンバーが加わるまで、十分にその大役を果たした。
歌の方はまぁあんな感じでして(^_^;)、途中からはフリも入って、合唱団メンバーとしてはやや不慣れなタイプの曲ではあるが、いい感じで終われたのではないか、と思う。

開演前には、その前日に江坂のオールドバーでお誘いしたM野さんが来てくれていて、出待ちの私に手を振ってくれた(^_^)
終演後にはまき2が二人の娘さんを連れて、挨拶してくれた(^_^)
クイズ大会で賞品をゲットされたそうな(^o^)。ちょうど出番の合間で、いったんオーケストラハウス内に引っ込んでいたときなので、その様子は見れなかったけど。

コンサート後、緑地公園の駅近くの居酒屋に行き、一部のメンバーと打ち上げ。
オペラの話やら、FCLAの夏オフの話などで盛り上がる。
宴が終わったのは22:45。それから私はタクシーで帰宅。

だが、どうもこのときに食べた何か(タコわさ?)がよくなかったのか、翌日は朝から猛烈な下痢に見舞われる(>_<)
日曜とは言え仕事だったので、何度か家を出ようとするのだが、その度にトイレに駆け戻る、という状態で、結局10時頃まで様子をみるも、改善のきざしなく、さらにそこで体力を消耗し、やや脱水症状気味になってしまったこともあり、終日休むことになったしまった(+_+;)
ずっと寝ていたので、腰が痛い・・・

2005 08 28 08:21 PM [Chorus, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(4) | トラックバック

2005.08.27

リハ途中

050827_175601.jpgサンバチームのリハです(^_^)
ステージの上で踊っていたちっちゃな女の子に人気集中であります。
でも、みんなスタイルよろしいですわ。素晴らしい。
合唱団の面々も、自分らのリハが終わってからは客席に陣取って、彼女たちのパフォーマンスに魅入る(男性メンバーは目立たなくてかわいそうかも(^_^;))

2005 08 27 05:57 PM [Chorus] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ただいまリハ前

050827_172901.jpgこれからリハです(^_^)

2005 08 27 05:30 PM [Chorus] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

本日は星空ファミリーコンサート

台風が懸念された昨年と異なり、今年は実に好天に恵まれた。昼間に開催されていたら、脱水症状で倒れる人続出かも・・・(^_^;)
今年は合唱団のネタがそれほど多くはないので、割と気楽である。

ゆうべがオケ合わせだったのだが、私が練習場に着いたときには、既にオケ合わせが終わって、合唱団の面々が当日の注意事項の説明を受けているところであった(^_^;)

江坂に出て、いつものようにオールドバー。レッドアイ、グラスワイン赤、ちゅらディアロック、ギムレット、バラライカ、タラモアデューのシングルストレート。牧野さん、そしてウっちゃん相手に舞妓さんの話、あるいはThe Temple Barはおもろいどー、というような話に興ずる。

ということで、本日の星空ファミリーコンサートについて簡単にインフォメーション。

☆大阪センチュリー交響楽団「星空ファミリーコンサート」☆
日時:8月27日、28日 それぞれ19時半開演
場所:豊中・服部緑地野外音楽堂
指揮:小田野宏之
司会:慶元まさ美
演奏:大阪センチュリー交響楽団、センチュリー・ユースメンバー、大阪センチュリー合唱団、神戸サンバチーム
入場無料

27日の主な演目
ハチャトゥリアン「仮面舞踏会」組曲より「ワルツ」
ケテルビー「ペルシャの市場にて」
ヴェルディ「トロヴァトーレ」より「アンヴィル・コーラス」
日本の歌メドレー
シベリウス「フィンランディア」
アンダーソン「シンコペーテッド・クロック」
ラテン音楽メドレー(神戸サンバチームも参加!)

2005 08 27 12:58 PM [Chorus, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.26

マンホールin泉大津

050826_110701.jpg羊がキュート(^_^)
多分地場産業の毛織物からの発想だろう。
しかし暑い(+_+)
溶けそう(+_+)

2005 08 26 11:11 AM [Photograph, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.25

CLドロー

05-06シーズンのチャンピオンズリーグ、グループリーグの組み分けドローが始まった。
現在、POD 1の振り分け中。
ここでは別にドキドキすることはない(^_^;)

POD 1に割り振られた8クラブは
レッズ、バルサ、ミラン、ガナーズ、バイエルン、インテル、その他2チーム(笑)

いよいよPOD 2の抽選が始まる。
ポルト、ユーヴェ、PSV、リヨン、パナシナイコス、アヤックス、ビジャレアル、その他1チーム(笑)
・・・うわ、レッズと「その他1チーム」がいきなり同じグループに入ってしまった(+_+;)

POD 3
ブリュージュ、アンデルレヒト、オリンピアコス、シャルケ、スパルタ・プラハ、リール、レンジャーズ、ブレーメン
昨シーズン並でよろしく>アンデルレヒトさん

POD 4
ベンフィカ、ローゼンボリ、ベティス、ウディネーゼ、フェネルバフチェ、ラピド・ヴィーン、トゥーン、Aブラティスラヴァ
あやや・・・一番当たりたくなかったベティスまで・・・(+_+;)

と、抽選が進み、結果は以下の通り。

GROUP A
バイエルン、ユーヴェ、ブリュージュ、ラピド・ヴィーン

GROUP B
ガナーズ、アヤックス、スパルタ・プラハ、トゥーン

GROUP C
バルサ、パナシナイコス、ブレーメン、ウディネーゼ

GROUP D
マヌー、ビジャレアル、リール、ベンフィカ

GROUP E
ミラン、PSV、シャルケ、フェネルバフチェ

GROUP F
ガラクタ、リヨン、オリンピアコス、ローゼンボリ

GROUP G
レッズ、スパルターク・チェルスキー、アンデルレヒト、ベティス

GROUP H
インテル、ポルト、レンジャーズ、アルトメディア・ブラティスラヴァ

いやはや・・・

2005 08 25 11:58 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.24

調味料バトン

ほ さんのとこからいただいてきました(^_^)
普段はこういうのはやらないのですが、これは一言答えてみたい気がしたもので・・・(^_^;)

ではやってみましょう。

【Q1】次のメニューにどんな調味料をかけますか? 薬味は含みません。

目玉焼き → 塩・胡椒を焼くときにかける。食べるときには何もかけない
納豆 → ついているたれにほんの少し醤油をたらし、ラー油も一滴。ついている練りからしも使う
冷奴 → 醤油
餃子 → 醤油、米酢、ラー油を適宜混ぜてたれを作る。外食の場合は専用のたれ
カレーライス → 普通は何もかけないが、外食のパンチのきいてないカレーならウスターソース、さらに七味唐辛子やタバスコまで動員することもある
ナポリタン → 粉チーズ、タバスコ
ピザ → ピザならタバスコ。30cm離れていても「つん」とくるぐらいかける。ピッツァなら何もかけないか、オリーブオイル(唐辛子を漬け込んだやつだったかな)
生キャベツ → みじん切りならマヨネーズ、大振りに切っていたら串カツ用のソース
トマト → 塩、もしくはマヨネーズ
サラダ → 味が付いていれば何もかけないが、たいていはありあわせのドレッシング
カキフライ → 「かき峰」ではウスターソース。これがベスト。タルタルソースも可。というか、普段はタルタルソース
メンチカツ → ケチャップとウスターソース
コロッケ → ケチャップとマヨネーズとウスターソースを混ぜて作る通称「オーロラソース」
天ぷら → 天つゆ、もしくは醤油、ネタと場合によっては塩
とんかつ → 外で食べるときはついてくるとんかつ用ソース、家ではケチャップとウスターソース
ご飯(おかず無しの時)→ 高校時代、金がないときは学食でウスターソースをかけて食べる「ソーライス」を敢行

【Q2】周囲に意外だと驚かれる、好きな組み合わせはありますか?

 組み合わせというより、単純に尋常でないピリ辛系に偏る味付けにあきれられる

【Q3】それが一般的なのだとは知っているが、苦手な組み合わせはありますか?

 食に関わる嗜好は人それぞれ、地域特性もあるものなので、一般的云々は気にしたことがない

【Q4】バトンをまわしたい5名は誰ですか?

 皆さん、ご自由にお持ち帰り下さい(^_^)

2005 08 24 11:55 PM [etc., 飲食] | 固定リンク | コメント(9) | トラックバック

2005.08.23

iTMSご購入中の図

iTMS-Camelまだご利用でない方のために、iTMSでのアルバム購入の様子をご紹介。
もちろん、曲単位で購入してもよい。
でも、多くの場合はアルバム単位で購入すると割安になる。
まぁアルバム単位で欲しい、という場合に限るが。

※画像はクリックするとフルサイズ表示されます
(かなりでかいと思うので要注意だす)

これはキャメルの「スノーグース」を購入している様子である。
CD買えよ・・・という気もしないでもないが、買いに行くのがめんどい、リッピングするのもかったるい、実はこの値段で買えれば結構お得・・・という条件が重なると、こうしてあっけなくダウンロードを敢行してしまうワケである。

それにしても、このアルバム、リマスターなんですな。
ライヴ・バージョンのオマケもついておる。

ところで、こうしてアルバム単位で購入する場合、トラック統合が必要なものはどうなるのだろう・・・と、少々心配である。いきなり「スノーグース」をダウンロードしていながら、ではあるのだが(^_^;)

2005 08 23 11:59 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.22

iTMSやし

少し出遅れたが、取り敢えず覗いてみないことには話にならん、ということで、iTunes Music Store日本版をひやかしてみる。
初期設定では何故かフランス版になっているところ、「japon」を選んで日本版にジャンプ。以前はこれができなかったワケだ。

まずはアカウントを作らねばならない。
これは去年「ちいしゃさんのiPod(初代)」を購入したときに作ったアップルのIDがあるので、これを使ってみる。
「このアカウントではiTMSを利用しはるの、初めてみたいでんな」という表示が出て、簡単な手続きをしただけであっさりサインインできてしまう。楽だ。

何を検索してみよう・・・と考えて、何故だか真っ先に思いついたのが高木麻早であった(^_^;)
何故・・・と言われても困るのだが、学生時代に彼女の「Pick Me Up」というアルバムが結構気に入っていた、というのと、先日オフィス下の店舗のCDコーナーで彼女のCDを発見したのとがあって、私を検索せしめたのであらう・くらうでぃお。
残念ながら「Pick Me Up」はなかったのだが、それでも数枚のアルバムがヒットした。えらいぞ、iTMS。

次は、これも何故か太田裕美を検索してみる(^_^;)
どういう傾向だ、この日のワタシわ。
太田裕美と言えば、あの太田裕美であるが、彼女も一時期なかなか面白いアルバムを出していたことがあった。「満月の夜、君んちへ行ったよ」あたりの太田裕美は、今でも是非聴いてみたいところである。
残念ながら、こちらはソニーくんの囲い込みにあっているため、iTMSではヒットせず。

そうなると、自然と足は遊佐さんに向くのである。
今さら、ちいしゃさんが何故遊佐さんの作品をiTMSで探すのだ、という声も微かに聞こえるのだが、実は一番最近の部類に属するものは未入手である、という、ファンにあるまじき状況にあることを、今ここに、全世界に向けて告白せねばならない。すまん。宿題もちゃんとやるから、牛乳も全部飲むから、お願い今度だけ・・・ということで(それは種ちゃん)、「HONOKA」と「Small is Beautiful」をまるごとお買い上げ。簡単だ。しかもCDから取り込むより速い(^_^;)

そんな感じで、私のiTMS初探訪は終わったワケだが、さすがにウワサ通り、なかなかよい。
これで、まだ参画していないレーベルが加わり、さらにクラシックのマイナーなところが入ってきたりした日にゃ(多分そんな日はこないが)、身上潰す人続出であろう。

2005 08 22 11:57 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.21

休み休み・・・

高校の吹奏楽OB会がある日なのだが、折角休みをとったにも関わらず、外に出る気力と体力がなく、終日家で過ごすことになる。
OB会も自分の半分ぐらいの年の子らがゾロゾロいるワケで、行ってもなかなか話が合わないことが多い。
幹事役は何故か私の同期なので、出てやりたい気はあるのだが、今年は申し訳ないが、欠席させていただくことにした。

そんな訳で、ずっと家にいるのだから、やるのはCDのリッピングである(変?)
昼間は空調を入れてもベースの気温が暑い訳で、なかなかバイオちゃんの調子は上がらない。
3~4曲AACに変換したら、少し熱が下がるのを待ち、また3~4曲変換・・・
これなら取り敢えずAACへの変換スピードはそこそこ高いレベルをキープできるのだが、休み休みやっている訳だから、トータルのリッピング時間はかなり長くなる。それでも、「0.8x」とかの表示を見ながらイライラするよりは精神衛生上よい、という訳である。実時間の3倍以上のスピードは出ていないとね。できれば5倍以上はほしい。

現在は「Little Buddha」のサントラをリッピング中である。やっと半分終わった(^_^;)

このところ、それなりに頑張って毎晩のようにリッピングにいそしんでいるが、それでも取り込んだのは5200曲余り、21GBってとこである。まだまだイケるので、楽しいような、しんどいような、何だかよくわからん気分(笑)

2005 08 21 07:20 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.20

ホームに戻って出直し

プレミアに戻ってきたサンダーランドをアンフィールドに迎えて、現在2戦目を戦う我らがレッズ。
週明けにはCSKAソフィア、CSKAモスクワと連チャンで戦わねばならず、なかなかスケジュールがハードである。

サンダーランドと言えば、ピーター・リードが指揮していた時期、「スーパー・ケヴ」ことケヴィン・フィリップスを中心に、実にいいチーム作りをしていて、ニューカッスルとのノースウェストダービーが熱かったのだが、ここ数年はやや低迷している。ホームスタジアムのスタジアム・オブ・ライトでは、選手がピッチに現れるときに、プロコフィエフの「ロメオとジュリエット」から「モンタギュー家とキャプレット家」が流れるのも素敵である。
こんなことを書いていると、まるでファンであるかのようだな(^_^;)
いや、嫌いじゃないのよ。何しろ、サンダーランドのユニフォームは赤・白の縦じま。これは実は我らがアトレティックのユニと同じ。それもそのはず、アトレティックがユニフォームのデザインを決めるとき、最も強力だったクラブの一つがサンダーランドであり、その威光にあやかった、という話があるぐらいである。

それはともかくとして、初戦をスコアレスドローで終えてしまった我らがレッズであるが、今日はまずチャビ・アロンソが今シーズンのクラブ初得点(プレミアでの)を挙げ、前半を1-0で折り返している。スティーヴィが黄色を一枚もらっているのが気に食わないが、シセやモモ、ゼンデンなどが何だかよく頑張っているようで、期待できる。

ということで、ひとまず前半終了時点でアップしておこう。この調子で後半も頼みます(^_^)

2005 08 20 11:58 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.19

無線LANに苦戦中

先日、新しい無線LANルータを買ってきたので、休みの本日、古いルータとの取替えを敢行。
しかし、どうもうまくいかん(=_=;)
一瞬つながったようにみえて、設定の途中でエラー表示が出て先に進めなくなるのである。

仕方がないので、また古いルータに戻して接続している訳だが、外付けHDDをつないだ状態でネット接続する、というところまで、なかなかたどり着かないのである。
iTunesの設定を内蔵HDDと外付けHDDで切り替えながら、取り込んだファイルを内蔵HDD→外付けHDDに移動させて、やりくりしていくしかないかなぁ・・・という状況は続く。

2005 08 19 04:29 PM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.18

次第に充実

少しずつだが、iPodの中身が充実しつつある昨今である。
と言っても、まだ残りは35GBほどあるけれども(^o^)

最近は、また朝の通勤電車の中で聴くようになってきているが、例えば皆さんの大好きな小川美潮さんのソロアルバムを頭から入れたプレイリストや、皆さんの琴線に触れまくりの鈴木祥子さんのアルバムをまとめて入れたプレイリストを聴きながら出勤し、帰りに残りを聴き、余りを寝る前に聴く、などという使い方をしている。

実は美潮さんのソロアルバムに関しては、「檸檬の月」でやっと聴けるものになったのかなぁ・・・などと生意気なことを思っていた時期が長くて、それまでのものは一度聴いただけでお蔵入りになったりしていたのである。
しかし、改めてiPodで聴いてみると、どれもそれぞれに面白くて、いやぁ・・・再認識てゆうんですか、そんな感じですわ・・・みたいな。毎日頭の中が「おかしな午後」なのである。

鈴木祥子ちゃんに関しては、前から「Long Long Way Home」だけは入れていたのだが、「VIRIDIAN」に始まって、取り敢えず「RadioGenic」まで入れてみて、この人の不変のスタンスに感嘆を覚え、それでも「水の冠」を聴いて懐かしさに涙がちょちょぎれそうになったりして・・・みたいな。何しろ、FM802の開局記念番組の中で、種ともこサンと遊佐未森さんのゴールデンコンビ(わたしにとって)が受け持っていた時間帯の中で、遊佐さんが選んだのがこの曲なものだから、その思いもひとしおなワケである(種チャンが選んだのはジプシーキングスの「ジョビ・ジョバ」であった。これももちろんiPodには入っている)

というようなものを入れながら、裏では(別に表もないが)マーラーやブルックナーの交響曲をシコシコとiTunesに取り込む、という作業も続けている。前にレニーのマーラーを取り込んだとき、楽章の中で細かくトラックが分けられていて、iPodでは到底聴けたものではなかったのに懲り、20GBの「ちいしゃさんのiPod(初代)」時代には入れていなかった大ネタの一つがマーラーなのである。改めてCDを眺めてみると、2番(COA)と9番(BPO)は確かにそういうCDの作り方をしていたのだが、それ以外は1楽章で1トラックになっていたので、もっととっとと取り込んでいればよかったと思うワタクシなのである。

そんな訳で、暑くてバイオちゃんの機嫌をとるのもなかなか大変な中、USBせんぷうきのおかげもあって、何とかつつがなくリッピングを進めている最近のちいしゃさんなのであった。

2005 08 18 11:58 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.17

新党

「新党」を名乗っている時点で、自分たちがやっていることが、テンポラリで、長くやるつもりはないんですよ、ということを物語っているように感じる人は多いだろう。
日本新党、新党さきがけ、いずれも短命な政党であった。他にもいろいろあったかも知れない。

ワタヌキ氏曰く、郵政が争点ではない。
そのことは正しい。
民営化されようが、今のままだろうが、国民の大多数にとってはさほど深刻な問題ではない、と捉えられているようである。無論、当事者にとっては大問題であろうが。
それよりも、年金問題、福祉問題、景気対策、対外関係などが重要である、と考えている人々の方が多い。
だから、郵政民営化法案を巡る国会の攻防は国民から乖離していて、勝手に解散されて、他の重要な法案が審議されずに山積みされながら、政治的空白が生まれて迷惑な話だ、と思うし、解散してからもまだ郵政にこだわり続け、この法案を通すためだけに、どう考えても無理のあるような立候補要請をしまくっている、というコイズミの姿勢は、誠に自己中心的で、国政を動かす資格を決定的に欠いている、と私は考える。

国民の興味・関心事に迎合していればそれでよい、とは言わない。長い目でみて、早くから手を打っておくべきことに着手するのは決して悪いとは言わない。しかし、それが郵政民営化か?
確かに、彼からすれば、何年も前から主張し続けてきたことであって、このテーマに執着心を抱いていることは想像に難くない。本人の意識の中では、これでも遅きに失したと感じているのではないだろうか。

しかし、根強い反対論が渦巻いていることや、様々な代替案が出てきつつあることを考えれば、本当に実を採りたければ、もっと時間をかけて、妥協すべきところは妥協し、代案のよい部分は採り入れ、反対派にすら「これなら受け入れるのもやぶさかではない」と思わせるところまで煮詰めた上で、採決にもっていくべきなのであろう。
直線的で、妥協を排した採決までのプロセスには、「彼は本当にこの法案を実現させたいのだろうか」という疑念すら抱かせるものであった。むしろ、この強引な手法で、党内の反対派を峻別し、党を割ることになってでも、自分の党内のプレゼンスを高めよう、という意図の方が強く感じられたのだが。
そう考えると、その出汁に使われた郵政民営化法案も、なんとなく哀れなものに見えてくる。

野党が軒並み勢いを失っている中、自分の人気も凋落気味とは言え、まだ決定的な失態を犯していない現時点なら、選挙は勝てる、という読みもあったのだろう。国内はもとより、対外的にもよいことは殆どしていないし、むしろ悪いことを積極果敢にやっている印象が強いが、「政治屋」としては珍しく尻尾を現していないことが、ここにきて再び支持率を引き揚げる要因にもなっているのだろう。それは本来当たり前のことであって、プラス評価されるべき点ではないのだが・・・

・・・お、新党の話はどこにいったのだ(笑)

2005 08 17 11:58 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.16

ワンクリック募金

「ワンクリック」というと、「詐欺」の枕詞のように思われている昨今であるが、その一方で、とても気軽に募金ができてしまうサイトも少しずつ増えてきている。
しかも、自分が募金するのではなく、その募金サイトのスポンサー企業が、代わりにお金を出してくれる、という仕組みである。

例えば「クリック募金 _ クリックで救える命がある。」
2005年8月16日現在、以下の8つの企業もしくは団体がスポンサー企業として並んでいる。

コスモ石油、エイブル、カカクコム、ジャパンエナジー、味の素、CHINTAI、キリンビール、そしてIPB

1日に各スポンサー企業ごとに1クリックだけ行うことができるので、1日に8円の募金が可能である。会員登録などは必要ない。
募金は、それぞれのスポンサー企業が定めている事業(例えば熱帯雨林保全や盲導犬支援、国境なき医師団支援など)に募金される。一つのスポンサー企業で複数の支援事業を抱えているところもあるが、1スポンサーにつき、1日1クリックのみである。

価格比較、懸賞などをやっているECナビにも、「ECナビクリック募金」がある。
ここも1日1クリックのみだが、スポンサー企業が募金してくれる上に、自分にもECナビポイントが1ポイント(10000ポイントにつき1000円に換金可能なポイントなので、0.1円相当)つく、という特典もある。これは会員登録が必要である。

クリックしてみるとわかるが、その時点でどれぐらいの募金が集まっているかの集計結果がリアルタイムで表示される。数十万円から数百万円まで様々だけど、TVで声高に呼びかけ、そしてくだらんイベントを繰り広げて金をかきあつめなくても、こうして必要なところに、地道に、心静かに募金をすることはできる。

2005 08 16 11:27 PM [おすすめサイト, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

実は尼崎でも

うちの職場はJR尼崎駅にへばりつくようにして建っているので、貨物列車や特急などが通過すると、その勢いでビリビリ・・・という感じで細かく振動する。オフィスは5Fなので特に揺れる。
だから、本当に地震がきてもわからんかもね・・・などという話も交わされていたりする。

今日の昼前の揺れは、しかしそれとは異なるタイプであって、振動の周波数というか、間隔がゆったりしていて、はっきり地震だとわかるものだった。

「いやぁ、揺れたねぇ」と、天井から下がっている部署名のプレートが揺れているのを眺めていると、少ししてネットで地震情報を見ていた社員が、「宮城で震度6弱ですって」
あららら、そんな大きな地震だったのね。ちなみに尼崎(富松町)では震度2だったようである。

それにしても、ちょうど今、「地球の内部で何が起こっているのか?」という本を読んでいるところで、前の晩に直下型と海溝型の地震のメカニズムについての説明を読んだばかりだったのである(^_^;)
宮城沖が震源なので、太平洋プレートの沈降に伴って起きる海溝型の地震であることがすぐに理解できた。説明文にも、このタイプの地震は同じ箇所で何度も同じような地震が起きるのが特徴、と書かれてあったが、まさにその通り。このエリアでは、26年から42年間隔で、M7.3から7.4クラスの地震が何度となく起きているようだ。

余震、津波も心配されます。
被災地近くの方々はどうぞお気をつけて。

2005 08 16 10:42 PM [Book List, ニュース] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.08.15

お前たちが見届けるのだ

人は時として、何も期待していないときに、とんでもないことをしでかしてしまうものなのかも知れない。
ま、ワタシの「とんでもない」はシレたものだが(^_^;)

22時に店に入ると、パチンコの島は閑散としたもの。
導入当初はすごい熱気で、閉店間際まで客が途切れることのなかった「CR北斗の拳[伝承]」コーナーも既に客はいない。まぁお盆休みもおしまいで、家でくつろぐか、移動途中という人が多い、ということもあるのだろう。

では・・・と、ナンバーランプで一番BBを引いている台に座ってみる。
スロットではないのだから、そういう選択の仕方は邪道であるが、これだけ客がいない中で、これだけBBを引いている、ということは、それだけ回っている可能性がある、ということでもあるだろう。そう、無理やり理屈をつけて、打ち出してみると・・・

意外にも、というか、予想通りというか、結構よく回るのである。最初の0.5kで18回。これは回り過ぎ、上ムラであろうけれども、こうなるとしばらくこの台と付き合ってみるか、という気持ちになる。

1k目が終わろうか、という28回転目が終わり、次の回転にかかったところでワタシは財布から英世くんをつまみ出していたのだが、画面を見ると、何故か先ほどまでの同行キャラであるレイ&バットのコンビではなく、リンとバットがいて、黒王が駆け寄ってきていたのであった。
「は? そんな演出もあるの」
とのんきに見ていたら、どうも液晶の右上で図柄がシンクロしながら高速回転している。これは全回転リーチというやつではなかろうか。あわてて、出しかけた英世くんと財布をしまいながら、演出に見入る。
これはどうやら、ケンシロウたちがラオウとの最後のバトルに出かける場面のようである。
黒王がやってきて3人を乗せて走っていく様子は、誠に原作に忠実だが、そのときに空に浮かぶのは、ケンシロウが戦ってきたかつての強敵(とも)たちの姿である。スロット版では全く触れられていなかったシュウの姿も出てきて涙を誘う(^_^;)
そして、正面に仁王立ちするのはラオウ。

ここからBB消化となるが、スロットと違い、最初からシングルボーナス時の演出である。
最初のBBのみ、最初に二人が激突し、傷つく、という演出が加えられている。
BB中にケンシロウが攻撃するか、ラオウの攻撃をケンシロウがよけるか、ラオウの攻撃を食らっても立ち上がるか、立ち上がれなくてもリンやユリアが出てくればBB継続、というところもスロットと同じである。この[伝承]は確変継続率80%の高継続タイプである。

このBBは4連した。確変中の演出は、基本的にBBのAT中と同じであるが、黄色ザコが出てくるとリーチであり、大概当たる(1度だけ外した)。スロットのAT中の画面は、じっと見ていると目が回るぐらい、ケンシロウを中心に背景がグルグル回転しているが、パチンコ版では液晶画面を凝視している人が多い、ということを考えてか、随分回転速度が抑えられている。もっとも、黄色ザコが頻繁に出てくる訳ではないから、常にグルグル回り続けていることには違いないので、これも凝視し続けていると目は回るだろう(^_^;)

時短中はラオウステージの演出が用いられている。崖上に黒王に乗ったラオウの姿が見えたり、黒王の蹄の跡が出てきたり、黒王が走ってきたり、まぁおなじみのやつである。
で、時短中75回転目で黒王蹄跡→黒王疾走→一旦止まって駆け去り→再び止まったら正面にラオウ、という、誠に正統派の演出でBBに。これは単発で終わる。

しかし、凄かったのはその後で、時短中14回転目で再びBBを引き、これが8連して、さらに継続中というところで閉店時間を迎えてしまったのであった(^_^;)
いやぁ、当たれば、続けば、実に面白い機種である。スロットで見慣れているとは言え、スロットにはない演出も多く採り入れられているし、スロット版では出てこないキャラも数多く現れるし、なかなかよいです。

1箱足らず補償もついて(多分BB1回半ぐらいの分量)、12000発余り。もちろん42個交換なんで、多くは望めないが、何しろ投資1kときている。おまけに、いきなりプレミアを見れてしまったのである。
投資1k、回収29.1k、収支プラス28.1k。8月の収支は、これで36.9kってとこかな。

ちなみに、昨夜、尼崎で戦っていた同僚二人は、揃いも揃って大破炎上したらしい(^_^;)。今夜もリベンジだ、と意気込みは盛んだったが、果たしてどんなものであったろうか・・・

2005 08 15 11:58 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.14

ふらふらしつつも

「うちはお盆休みなんて関係ない」という方は多いと思うが、うちの場合はさらに土日も関係ない。
ということで、思い切りお盆モードの中を出勤。
部長も3時過ぎに外出されたので、残った面々は何故かスロ話に興ずる。

その話の勢いで、私以外の二人は、仕事を終えてから連れスロとなる。ただ、JR尼崎駅界隈にはまともそうな店がないので、私は遠慮して、一人大阪駅構内「るぅ~」で準備を整え、茨木に戻って、駅東側の新店へ。

ナンバーランプを見ても、これぞという台はないのだが、取り敢えず本日25回BBを引いている台を選択。
打ち始めて4kでバタバタっと小役が連なり、南斗最後の将ちゃんとご対面。
7が揃わず首をひねっていたら、隣のにいちゃんが黒で揃えてくれた(^_^;)。しかも赤オーラときたもんだ。

このケンちゃんときたら、最初から打たれっぱなし。リン、トキ、ユリアに助けられ続けて気がついたら10連。自ら攻撃を仕掛けたのは2回だけ。それもパンチしか出ない(1回当たる)
11連目で「ゆわしゃ」が流れて結局14連まで。まぁ北斗赤オーラとしてはまずまずというところだろう。
BB後235G回して終了。流して1535枚。
投資4k、回収25.5k、収支プラス21.5k
8月はここまでマイナス12.7kだったので、これで少し浮く。

さて、尼崎で戦った同僚二人の戦果はいかがだったであろうか。

2005 08 14 11:54 PM [Pachinko] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.13

久々の完全休養日

夏オフの前あたりから、休みのときにはどこかに出かける、ということで、終日家にこもって休養にこれつとめる、という日がなかったのだが、さすがに今日は目が覚めたら正午を回っていた(笑)

今日は、CDのリッピングとツールをDVDに焼くのと、二つのミッションを自らに課したのであるが、DVDはもう一つ調子がよろしくないので、1枚だけ焼いておしまい。
ということで、ひたすらCDのリッピングに明け暮れることになる。

今日のバイオちゃんはなかなか調子がよくて、途中で2度ほどフリーズしてはいたが、それを除くと、リッピングのスピードも十分速く、サクサクとiTunesに取り込んでいく。
去年リッピングしたものの、トラック統合してなくてわやくちゃだったマーラーの交響曲(2番とか9番)を含めて、少し大物も入れてみたりしている。バッハのロ短調とか。

バイオちゃんの奮闘のおかげもあって、ようやく20GB、5000曲を突破する。20GBのiPodの限界容量である18.5GBを超えてから、なかなか20GBに達しなかったのだが。

iPodに入れることによって、CDを買ったときにはピンとこなくて、その後殆ど聴かずにラックの肥しになっていたようなものが、思わぬ復活を遂げることがある。何度か聴けばそのよさがわかってくるもの、というのもあるのである。この辺が私にとってはiPodのもたらした最大の功績ではなかろうかと思う。そして、だからこそ容量はかなり大きくて、躊躇することなく手持ちのCDを放り込めるようでなければならないのだ。

てことで、現時点で5136曲、容量55.7GBで空きが35.1GBだから、使用が20.6GB。
60GBと言いながら、4.3GBも利用できない部分があるのは納得いかんな(^_^;)

2005 08 13 11:52 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.12

エビマヨコロッケ

ebimayo大阪駅構内「るぅ〜」の新機軸である。これが予想外に、いや、予想を上回って美味かった(^_^)
最近のヒット作、ハヤシスパといい勝負だ。

エビに、ポテトコロッケの具材を絡めて揚げたようなもので、エビフライとコロッケが融合したような趣である。
それにタルタルソース・・・のように見えるマヨネーズ(笑)をつけて食べる訳だ。なかなかよい。

最近の新メニューでは、オムソバもお気に入りである。
家庭用のケチャップとマヨネーズが入れ物ごと付き添って出てくるのも味わいがある(笑)

今年の新メニューの王者は、カレースパとハヤシスパである。これは、酒のアテにするにはヘビーなのだが、ワタシのようについつい頼んでしまう人がいるぐらい、かなりよい。ボリュームがかなりあるので、若者向きであろう。野菜サラダの小もついているので、栄養バランスのことも十分考えられているぞ。

・・・だんだんANCHOR氏調になってきたので、この辺で(^_^;)

2005 08 12 11:43 PM [Photograph, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.11

こんなとこで苦戦する訳にもいかぬ

CSKAソフィアが相手、ということで、これまでよりは多少手ごわいかと思ったが、まぁアウエイを無難に1-3と乗り切ったことで、先が見えてきた我らがレッズ。
クラウチ、ゼンデンが故障というのは少々残念だが、ナンドが2点、シセが1点というのはまずまずの成果であろう。ナンドはもう1~2点取れていてもよかったはずだが。

チャビ・アロンソに代えてディディ、スティーヴィに代えてモモ・・・という光景を見ていると、中盤の手ごまが何となく分厚くなってきたのがとてもよい感じだ。モモはやはり元気がある。ラファがほれ込んで、青い隣人に行きそうだったのを「強奪」しただけのことはある。

それと、久しぶりにじっくり見るレイナが、とても安定感が出てきていることに驚く。今ならカニサレスよりもよいだろう。そして、あのハイボールに弱くて、キックに難のあるガラクタのキーパーより、スペイン代表としてはふさわしいと思う。

欲を言えば、サミのバックアップが欲しいところである。その意味では、ミリートは欲しかった選手だが、まぁ法外な値段を出してまで執着することはないだろう(そして、ユダに関しては、銭を払ってまで獲るほどのことはなかっただろう。そういう意味では、妥当な補強だったとは言える)

このCL予備予選で、ウォーノックやポッターらが少しずつ存在感を示し始めてきているのも楽しみ(まだ頼もしい、とは言えないが)。まだまだ落ち着く歳ではないJARなども、彼らのプレイに触発されて、脅威の左足に磨きをかけてもらいたいところだ。

2005 08 11 11:52 PM [Football] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.10

ブログ時代の総選挙

・・・なんていう切り口で、こんな記事も出てくる昨今。
ネットと政治の関係は、多分パソコン通信時代から論じられ始め、インターネットの普及と共に様々な言説を生み、そしてブロードバンド化によって成熟し・・・たりはせず、さらに混乱の度を深めていくのだろう、という気がする。

メルマガで時流に乗ったつもりでいたコイズミも、もはやそれ以上の新機軸を打ち出せていないが、例えばストリーミングで政見放送を流してしまうとか、ポッドキャストで自らの政治信条を公にする、などということは、これからいくらでも起きるのだろう。ネット上での政治活動がどの程度規制を受けるものなのかはわからないが。
まぁ今回はちょっと間に合いそうにないから、取り敢えずブログでお茶を濁して・・・というところで収まりそうな気もするが。

ウェブDM、掲示板なども活用・悪用されるであろうし、様々な怪文書が流通しやすい状況であることは確かである。インターネットは、受け手側が未熟な状態のままに膨張してしまっただけに、様々な有象無象が跳梁跋扈するには、誠に適したメディアなのである。

投票日は9月11日。
それで何を思い起こさせようというのだろう。
とにかく、徹頭徹尾、愚かしい政治ショーである。

2005 08 10 11:43 PM [パソコン・インターネット, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.08.09

JR大混乱?

同僚と尼崎で呑んでいたら、その間にJRがマヒしとりました(+_+)
甲子園口で信号故障、京橋で人身事故だそうで(+_+)
取り敢えず大阪行き快速に乗ったが、あとの連絡があるのかどうか、心配

2005 08 09 11:05 PM | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.08.08

そして月曜日

夏オフ明けの月曜日。
前夜、よく考えてみると、どうやってホテルにたどり着いたのか、よく思い出せない(^_^;)
歌舞伎町のど真ん中にあるホテルなので、結構細い路地がいろいろ入り組んでいて、シラフでも迷いそうなものなのだが、不思議な話だ。

そして、ホテルに帰り着いて、部屋に入った途端にベッドに横たわって、そのまま意識を失っていたようである。
エアコンは設定24度で、冷風が火照った体を直撃し、それは具合がよかったのだが、そのままでずっと寝ていたのだから、下手をすると二度と目覚めることなくあの世に旅立っていても不思議ではない(+_+;)
途中で、これも殆ど無意識に近い状況で(少しは記憶があるのだが)エアコンのスイッチを切っていたので、何とかなった模様。

意識を取り戻して10時前にチェックアウト。
そのまま歌舞伎町からサブナードを経てJR新宿駅へ。
どこで、ナニをするにしても、まずは東京駅まで行って、キャリーケースをコインロッカーに入れてしまわねばならない。

途中でさすがに具合が悪くなってきて、随分無為な時間を過ごす。しかし、最終的には行くべき場所に行き、為すべきことを為し、ギリギリで予約していた「こだま」に乗り込むことができた。途中、出先で参議院の状況を報じるテレビ中継を眺める。とある情報から、解散は必至であろうと予測していたので、特に驚くこともなし。私がわかっていたのだから、マスコミだってそうなることは必然の流れであることはわかっているはずである。それにしては、大いに騒いでいる。やはり選挙ってのは大きな祭りなのだな。

こだまは15:56に東京駅を離れ、私はiPodから流れるブラッフォードの"Master Stroke"を聴き、その後は"LOVE,PEACE & TRANCE"、10月の演奏会で取り上げる曲を集めたプレイリスト、音楽三昧2を聴く。ちょうど音楽三昧2の最後で新大阪に到着。殆ど車中では意識を失っていたようである。

茨木に戻ると、地元の弁天宗の花火大会である。毎年PLの一週間後にやっている。北摂ではそこそこ有名になってきたこともあって、結構な人出である。臨時バスも出ている。
おかげで大変な渋滞となり、駅から家までかなり時間がかかってしまった。

疲れた・・・けどよい気分だ(^_^)

2005 08 08 11:55 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.08.07

夏オフ完全燃焼

この土、日は東京はドイツ文化会館(OAG-Haus)での@nifty FCLAの夏オフに参加。
今年で私自身では16年連続の参加となる。
大阪に負けず劣らず暑い東京であったが、会場内でも熱い演奏が繰り広げられたのであった。

何しろWebフォーラム化されてから最初の夏オフなので、参加者数がやや低迷気味。ただ、「アクセスの仕方がわからない」「何度やっても入れない」というような話もたくさんあって、間際になってから、「代理参加表明」が増えてきたのがなかなかもどかしいところ。

そんなこともあって、たいていのメンバーはあまり休む暇もなく、演奏に参加する感じで、ホール外に設けられた飲食コーナーは少々閑散とした感じ。
特に土曜日は参加者がかなり少なく、最後の「第九」では聴衆が殆どいない状況で、ソリスト(わしもや(^_^;))はオケの方を向いて歌う、というような状況。
日曜日はさすがに演奏者と聴衆がほぼ同じぐらい、という感じで、夏オフらしい雰囲気になってきた。
雰囲気に気圧されたか、あるいは猛暑にやられたか、途中で体調を崩す方もおられたりして、舞台裏はちょっと大変だった模様。

何はともあれ、2日間、ベートーヴェンやマーラー、ブラームス、ハンデル、ドヴォジャーク、ボロディン、モーツァルト、チャイコフスキーなどの大曲、難曲をしゃぶり尽くし、飲み込まれ、溺れ、酔う・・・という至福の時間は過ぎていったのであった。
私もいろいろやらかしたが(笑)、まぁ2日目打ち上げの「蛇口ビール」のうまかったこと(^o^)
これのためにやってるのかもなぁ・・・と思わなくもないけれど(^_^;)

また来年も参加できれば・・・とは思うが、さてどうなるか。

2005 08 07 11:55 PM [Chorus, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 集い, 音楽] | 固定リンク | コメント(2) | トラックバック

2005.08.06

のぞみに乗車

予定通り0840新大阪発ののぞみ118号に乗る。
自宅を出たのが0805である。
驚異のスピード(笑)
さて動き出したようだ。

2005 08 06 08:41 AM | 固定リンク | コメント(1) | トラックバック

2005.08.05

明日から夏オフ

今年はttyからWebフォーラムに変わって初の夏オフ。
間際になって、参加者数も増えてきたとは言え、まだまだである。当日ドタ参も大歓迎なので、お時間のある方は是非どうぞ(^_^)

2005 08 05 11:53 PM | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.04

ジョブズくん

いやぁ、老けましたなぁ。
ずっと見ていた訳じゃないから、特にそう思うのかも知れないが。
すっかりじいさまになりつつあるのには、いろいろと感慨を抱かざるを得ない。

それはそうと、iTunes Music Store日本版がようやくオープンしたようである。
アタマの悪い音楽産業の連中のおかげで世界に取り残されること2年。
彼らは音楽で商売することでアタマの中がいっぱいで、その場を荒らされるのがイヤだっただけなのであろう。
音楽文化、というものを育成し、新たな潮流を生み出していくことなど、何も考えてはいないのだ。

さて、それでiTMSであるが、まだつないでません(^_^;)
夏オフ終わるまではそんな余裕がないのだ(^_^;)
いろいろと予定外の出番も増えてきたし(^_^;)
それはそれで楽しいのだが(^o^)

ということで、ぼちぼち新ネタも入れながら、まだ20GBの壁を突破していない「ちいしゃさんのiPod二世」くん。
登録待ちのCDも山のように待ち構えているが、あらかたリッピングし終わるには、秋の声を聞かねばならないだろう。

2005 08 04 11:56 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.03

残り約40GBに

さて、何を入れていこうか・・・
あれこれ考え始めると本当にキリがないのだが。

20GBの「ちいしゃさんのiPod」(初代)では、入れるものをどうしても「選ぶ」という意識が強くて、結局選びきれずに全部断念・・・というようなものもあったのであるが、これが60GBになると、「あれもこれも取り敢えずまとめて入れてみるか」という気持ちになってくるから不思議なものである。

とは言え、残りは40GBほどである。
実は自宅にあるCDを全部入れてしまおうと考えると、多分それでも足りないのだと思う。
おまけに、最近はポッドキャスティングがはやり始めて、それらに手を出してしまうと、結構HDDの容量を食う。
iPodというツールを得たことで、買ったけど殆ど聴いていなかったものを「再発見」したり、買うのを躊躇していたものに手が伸びたり、前は欠かさず買っていたアーティストのもので、しばらく休止中だったものをまた買い揃える、ということもあるので、この40GBも、使い始めると割とアッという間なのだろうな、とは思う。

でも、多分60GBを目いっぱい使い、「やっぱり容量足らんなぁ、何とかならんかなぁ・・・」と思う頃には、きっと120GBぐらいのモデルが出てたりして、我々の物欲を刺激するのであろう(^_^;)
困った楽しみである。

2005 08 03 11:11 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.02

USB無線LAN苦闘編

購入してきた諸々をバイオちゃんにつなぐ。
不謹慎な話だが、様々なチューブや計測機器をつながれた重病人のような趣である。

まずPC本体の下にUSBノートPCファン。
そのファンに、「USBせんぷうき」をつないでいる。
ファンが排出した熱を吹き飛ばし、それと共に、ピンポイントで風を当てて冷却効果を狙う。

PCカードスロットにはUSB2.0カードがささっており、それがAC電源のコードでコンセントとつながっている。
そして、カードにはUSB2.0のハブ(4口)が一つささり、もう一つの口にはUSB無線LANアダプタがつながっている。ハブからは250GBの外付けHDDが接続されており、iPodもつながる。

もちろん、マウスもつながっている。

コタツ天板の半分が「バイオちゃんとその仲間たち」に占拠されている勘定だ(笑)

それで、USB無線LANなのだが、最初に装着したときにはちゃんと接続したのである。
その状態で、よそのブログにコメントをつけにいっている。
しかし、自分のブログに何かアップしようと思った頃に接続が切れ、それ以後はどうやってもつながらない。
これは謎である(^_^;)

見通しのよい場所にあった方がよいかと思って、付属のUSBコードを用いて、ノートPCの液晶の上部にアダプタをもっていき、セロテープで固定してみたりしたがダメであった。
あるいは、USBコードがよくないのかも知れない、とUSB2.0カードに直結してみたりもしたが、やはりダメだった。
ルーターが遠すぎるのはわかりきっているので、少しでも近づけようと努力したが、焼け石に水。

そもそもルーターはアイ・オー・データ製で、アダプタはバッファロー製である。
相性がよろしくない、という可能性は否定できない(^_^;)
11aが使えた方がよさそうだし、セキュリティのことも考えれば、新しいルーターにしたい気もあることはある。
しかし、夏オフ前にあまりに出費がかさむのも問題である。
青い光ではなく、シアンクレール、そやのうて、思案に暮れた結果、取り敢えず元々使っていたアイ・オー・データの無線LANカードに復帰してもらい、USB2.0を使うときはネットから切り離す、という、これまで同様のやり方で乗り切ることにする。

何故、USB2.0カードを挿しながら、無線LANが使えるようにしたかったか、というと、バイオちゃんの内蔵HDDの容量が既に限界で、60GBのiPodを使うためには、外付けHDDに頼らざるを得ないからである。
そして、その外付けHDDをつないでいる状態で、CDをリッピングしたいのだが、ネットにつながっていれば、リッピングしたCDのデータをネット上のデータベースから拾ってきてくれて、わざわざ自分で入力しなくてもよい、という大きな利点があるのである。

これがスタンドアロン状態でリッピングすると、CDのタイトル、アーティスト名から曲名まで、全部自分で入力せねばならず、結構めんどくさいのですね。まぁネット上のデータベースに存在しないCDをリッピングすることもよくあるので、そういうときには自分で入力していたのだが、やはり面倒で、ちょっとリッピングのモラールに関わる。

しかし、現状ではこれで甘んじるしかない。
夏オフから帰ってきて、サイフと相談しながら、ルーターの買い替えを敢行するかどうかを決めたいと思う。

で、60GBのiPod「ちいしゃさんのiPod二世」君であるが、さすがに一気に19GBほど蓄積されていたデータを送り込むのには、非常に時間がかかる。
昨夜その作業を開始したのだが、1時間半かかって、ようやく6GB程度送り込めたに過ぎない。
USB2.0カードを介してのデータのやりとりだけに、内蔵HDDからデータを送るときよりも3倍ぐらい時間がかかっているような気がする(あくまで体感レベルの話)
今日もこれから、たまったメールを落とし、FCLAのウェブフォーラムのログを拾ってきたら、その後は無線LANカードを外して、USB2.0カードに交換し、iPodにデータをコピーする作業にいそしまねばならない。
ま、夏オフまでには何とかなると思うけど(^_^;)

2005 08 02 11:11 PM [music with iPod, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

ぶたの穴特訓&お買い物編

一旦USB2.0カードを外し、無線LANカードを挿し直して出直しである。
要するに、この週末、何を買って、何をやって、何がうまくいって、何をしくじっていたのか、という話である(^_^;)

日曜日。ぶたの穴へ。
言うまでもなく、夏オフの直前特訓である。
まぁある程度曲の雰囲気と、音が取れればいいかな、という感じではあったが、思いのほか成果は上がった気がする。
わざわざ名古屋から参加されたKIMIOさんとも少しだけだがご一緒できたし、ぶたこぶ夫妻を交えた4人で「フィガロ」2幕フィナーレをさらってみて、何とかなりそうな気になれたのは大きかった。

所用で先にKIMIOさんは名古屋に戻られ、残った3人で「第九」や「メサイア」をやってみる。
「メサイア」はぶたこはんがオルガンパートを弾いてFDに保存したものが活躍。これに合わせてたこぶ師匠と二人でベースパートをさらう。英語の歌詞が難関かも知れない。しかし、さすがにNY帰りのお二人、英語の発音がよいなぁ・・・

その後、ぶたこはんがNYで入手してきたリコーダーアンサンブルの譜面を、3人で「ピアノで連弾」する(^_^;)
いや、しかしこれが楽しかった(^o^)
ぶたこはんが2パート受け持っての「3人4手」連弾であったが、久しぶりの連弾は実に面白い。昔、「ピアノで遊ぶオフ」をシリーズでやっていた頃を思い出す。
とは言え、リコーダーでも一度合わせてみたいものである。まだまだやってない譜面がたくさんあったし。

ということで、ぶたの穴を辞してからは、一度上本町に出て、谷町九丁目から天満橋へ。
天満橋ではシティモ5、6Fの当社店舗(^_^;)へ。
目的は・・・そう、60GBのiPod入手である。

やはりメモリーオーディオ、HDDオーディオ系の人気は高く、売場は結構なにぎわい。その中で、「iPodの60GB、ください」
待つことしばし、今度はサイコロ型ではないパッケージを抱えたマイスターさん(家電の販売員さんのことを当社ではこのように呼ぶ)がやってきて、「ポイントがこれこれつきますが、何か付属品など買われますか?」ということなので、シリコンのカバーを買うことにする。

その後、USB2.0のHUBを一つ、さらにUSB無線LANアダプタを購入。これで、うまくいけば、バイオちゃんに250GBのHDD、iPodをつないで、なおかつ無線LANが使える、というワケだ。

その足で6Fに上がり、壊れていたのでそのうち買う・・・ということになっていたミキサーを購入。主婦ならオマケよりも価格をとるのかも知れないが、私などはオマケでミルがついている、ということで、ついつい高めのものを購入してしまった(^_^;)

ということで、まずは日曜日の「練習&お買い物編」はここまで。

2005 08 02 10:46 PM [Chorus, music with iPod, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき, 集い] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2005.08.01

今日も無線LANは不調

USB無線LANアダプタを使うようにしてから、不調である(+_+)
ルーターとアダプターでメーカーが違うという、少々893なことをしているせいかも知れないが。
そんなわけなので、後でデスクトップから補うことにしよう(^_^;)
ルーターも買い替えかなぁ(+_+)

2005 08 01 11:34 PM | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック