« ワンクリック募金 | トップページ | 次第に充実 »

2005.08.17

新党

「新党」を名乗っている時点で、自分たちがやっていることが、テンポラリで、長くやるつもりはないんですよ、ということを物語っているように感じる人は多いだろう。
日本新党、新党さきがけ、いずれも短命な政党であった。他にもいろいろあったかも知れない。

ワタヌキ氏曰く、郵政が争点ではない。
そのことは正しい。
民営化されようが、今のままだろうが、国民の大多数にとってはさほど深刻な問題ではない、と捉えられているようである。無論、当事者にとっては大問題であろうが。
それよりも、年金問題、福祉問題、景気対策、対外関係などが重要である、と考えている人々の方が多い。
だから、郵政民営化法案を巡る国会の攻防は国民から乖離していて、勝手に解散されて、他の重要な法案が審議されずに山積みされながら、政治的空白が生まれて迷惑な話だ、と思うし、解散してからもまだ郵政にこだわり続け、この法案を通すためだけに、どう考えても無理のあるような立候補要請をしまくっている、というコイズミの姿勢は、誠に自己中心的で、国政を動かす資格を決定的に欠いている、と私は考える。

国民の興味・関心事に迎合していればそれでよい、とは言わない。長い目でみて、早くから手を打っておくべきことに着手するのは決して悪いとは言わない。しかし、それが郵政民営化か?
確かに、彼からすれば、何年も前から主張し続けてきたことであって、このテーマに執着心を抱いていることは想像に難くない。本人の意識の中では、これでも遅きに失したと感じているのではないだろうか。

しかし、根強い反対論が渦巻いていることや、様々な代替案が出てきつつあることを考えれば、本当に実を採りたければ、もっと時間をかけて、妥協すべきところは妥協し、代案のよい部分は採り入れ、反対派にすら「これなら受け入れるのもやぶさかではない」と思わせるところまで煮詰めた上で、採決にもっていくべきなのであろう。
直線的で、妥協を排した採決までのプロセスには、「彼は本当にこの法案を実現させたいのだろうか」という疑念すら抱かせるものであった。むしろ、この強引な手法で、党内の反対派を峻別し、党を割ることになってでも、自分の党内のプレゼンスを高めよう、という意図の方が強く感じられたのだが。
そう考えると、その出汁に使われた郵政民営化法案も、なんとなく哀れなものに見えてくる。

野党が軒並み勢いを失っている中、自分の人気も凋落気味とは言え、まだ決定的な失態を犯していない現時点なら、選挙は勝てる、という読みもあったのだろう。国内はもとより、対外的にもよいことは殆どしていないし、むしろ悪いことを積極果敢にやっている印象が強いが、「政治屋」としては珍しく尻尾を現していないことが、ここにきて再び支持率を引き揚げる要因にもなっているのだろう。それは本来当たり前のことであって、プラス評価されるべき点ではないのだが・・・

・・・お、新党の話はどこにいったのだ(笑)

2005 08 17 11:58 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/5520068

この記事へのトラックバック一覧です: 新党:

» みんな書いてるかっ!?国民新党 [いいたいことたれながし から]
この時間になったらみんな書いてるでしょ「国民新党」。 もうこの「とりあえず」的なネーミング、イカス。 まぁ、じいちゃんたちにはこれぐらいがわかりやすくて限界かな。 まさか民主党からも参加者が出るとは思わんかったな。 静香ちゃんは無役やな。ウラで手をこねくりま... 続きを読む

受信 18-ago-05 00:23:18

コメント

コメントを書く