« 朝も夜も | トップページ | ピリオドアプローチの第九 »

2005.09.23

久々に特訓モード

いや、別に「なんとかの星」を打っていた訳ではなくて(「ベツレヘムの星」は歌っていたが)、合唱団の練習の話である。だからナイターモードはない。

本番を1ヵ月後に控え、途中で星空ファミリーコンサートが挟まったり、本山先生がドイツ留学に旅立ってしまったり、いろいろあって遅れ気味の曲を何とかしなければ・・・ということで、いつも練習のある金曜日がちょうど祝日だったこともあり、午後1時から7時まで、休憩時間を除いてほぼ5時間半、ぶっ通しでの練習となった。

開始時間を間違えて、1時20分ぐらいに到着した私であったが、ちょうど発声練習の終わり頃。発声練習を、何故かメンバーがとりしきっていた。まだ先生が来られていないのでなんでかなー、と思っていたら、松元先生が交通渋滞に巻き込まれて到着が遅れているらしい(^_^;)。昔、MCの合宿でもそんなことがあったなぁ・・・と懐かしむ。あのときは道に迷って遅れただけだが。

松元先生到着まではブリテンの5曲目を少しいじったりして、先生到着後はコチャールの第三ミサ。
時間がたっぷりあるので、全曲かなり細かく音楽を作っていく(とは言え、まだまだな部分も多いのだが)
"Agnus Dei"などは、これまでは手探りに近い部分が大きく、本来の曲の静謐さとは無縁の、ガサガサした雰囲気があったのだが、今日は随分よくなったと思う。

随分とよくなってきた一因として、この曲を収録したカンテムス混声合唱団のCDが世に出たことがあるかも知れない。
これまでこの曲の音源としては、初演した松下中央合唱団のものしか出ておらず、とても上手なのだが、音楽の作り方や響きなどの点で、個人的には少し違和感を感じる部分もあったのであった。
その点、作曲者のコチャールとかなり近いところで音楽をやっているサボー先生率いるところのカンテムスの面々は、まさにそれこそがコチャールの思い描いたであろう響き、それを表現したかったのであろう音楽というものを紡ぎ出してくれている・・・ように感じるのである。
私はTachanがやっている"Giovanni"で購入したが、他にも入手したメンバーが結構いたようだ。

全4曲をしっかりさらったところで休憩となり、休憩後は松尾先生の指導でブリテン。
まずは最初に練習していた5曲目から。早口言葉で多くのメンバーが憤死する、という曲であるが、いかにもイングランドのバラッドらしい親しみやすいメロディーが、妙に歌いづらく記譜されていて(^_^;)、音の面からもなかなかの難物なのである。

5曲目以外が楽勝と言う訳ではない。1曲目からして一筋縄ではいかない。
2曲目は比較的平易だし、短いので割りと楽なのだが、まぁ他はかなりしっかり音を取らなければ練習についていくことすらできない、という代物である。
で、さすがにその状態は避けねば・・・と思いながらも、練習には半分ぐらいしか出れていない上、自宅で音を取る時間も殆どとれず、今回はかなりヤバい状態での練習参加となったのであった。
こうなると、得意の「(殆ど)初見、コンマ3秒遅れ追随歌い」を発動するしかない(笑)。だから、近くの人が間違えると、私も大体同じように間違える訳である(^_^;)

・・・すみません、反省します。次回までには、少なくとも歌詞ぐらいは何とか読み込んでおきますです(_●_)

2度目の休憩を挟んで、ブリテンの"Five Flower Songs"を何とか全曲さらい、3度目の休憩の後は女声メンバーはチルコットの練習、男声メンバーはラインベルガーの男声合唱(7曲目)練習と分かれる。
ラインベルガー「ベツレヘムの星」の7曲目は、あの6曲目の後だけに、ガラっと雰囲気を変えて、落ち着きを取り戻すための重要な一曲でもある。

曲はテナー、バリトン、ベースの3部であるが、最初はベースが2人(うち1人は私)だけという薄さで、途中でメンバーの割り振りでいろいろと意見が出たりする。女声に比べれば人数が少ないとは言え、男声だけで20人からのメンバーがいるのだから、まぁMC時代を考えると、こういうところでは楽だなぁと思う。

練習後、演奏会のプロジェクトメンバーで1時間ほどミーティングして解散。
今日は江坂に途中下車せず、新大阪で乗り換えて帰宅。ラインベルガーを聴きながら帰ったら、バスが最寄のバス停に着いた瞬間に最後の曲が終わる。絶妙のタイミング(^_^)
まぁ、それにしても今日はよく歌った。

2005 09 23 11:27 PM [Chorus] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/6084390

この記事へのトラックバック一覧です: 久々に特訓モード:

コメント

なつかしい話も織り交ぜながら。MCの合宿のリンク読んでワロタ。
聞きに行きますね。またお知らせください。

投稿者: ごとう@でぶけん (24-sep-05 01:05:45)

いやいや、知ってます10/30でしたね(笑)

投稿者: ごとう@でぶけん (24-sep-05 01:09:08)

ゴトちゃん(^_^)
そちらは「メサイア」の本番、お疲れ様でした。
JRの慰霊演奏もご苦労様です。

10月30日、よろしくです。
チケットどないしよ?
送らせてもらいまひょか。

投稿者: ちいしゃ (25-sep-05 15:00:28)

ご無沙汰してます。

もう、前述の合宿から6年も経ったんですね。
当時色んな事やってたのを思い出しました。
いち合唱団の積み重ねた歴史も、昔話のようになって寂しいです。
因みに「U.S.S.黒田号」ことN産ホーミー(1BOXカー)は、ディーゼル規制によって車検を受けれなくなったため、3月に10数年の役目を果たし天に召されました。
(後任はM菱コルトと言うちびっ子になっちまいました。)

10/30演奏会、行きたいとは思いましたが。
ちょっと訳あって未だわかりませんのです。
ハッキリしたら又連絡致します。

投稿者: くろいぬ (26-sep-05 05:11:00)

MCの合宿、私は参加できませんでしたが、当時、あのリンクは楽しく読ませていただきました。
10月30日は、今のところまだわかりません。

ところで「特訓」といえば、最近では「押忍!番長」ですね。

投稿者: まのちゃん (26-sep-05 12:56:02)

くろいぬ怪鳥どの(^_^)
6年前なんですねぇ。でも自分の中ではまだ比較的最近の部類の話のように思えます。
ただ、カーステでカセットテープの巻き戻し、というところに郷愁を感じざるを得ません(^o^)
10月30日は来なさい。来るべし。来んかぇ、おら。
ということで、心よりご来臨をお待ち申し上げております。

投稿者: ちいしゃ (26-sep-05 22:51:12)

まのちゃん(^_^)
ラインベルガーはきっとお気に召すでしょう(^_^)
なので、来るやふに(^o^)

ああ、しかしあの合宿、まのちゃんが来ていれば・・・
夕食が余らずに済んだのに(いや、ほんとに休んだのは誰だっけ・・・)

投稿者: ちいしゃ (26-sep-05 22:53:57)

コメントを書く