« もっと問われるべきこと | トップページ | 携帯プレイヤーのこれから »

2005.09.02

マーラーを聴きながら

出勤している。
秋だしね。
でも暑い。
まだ早かったかも知れない。

昔から、夏場はなかなかマーラーを聴こうという気持ちにはなれなかったのだが、9月に入ったので解禁してみた、という次第である。
しかし、マーラーの交響曲のようにダイナミックレンジの広い音楽は、インナーイヤーフォンであっても、通勤途中に聴くのはイマイチな気はする。
「復活」終楽章のコーラスが入るところ、あの、ゾッとするほど美しい瞬間も、周囲が騒音に満ちた環境では何も聞こえない。だからと言ってボリュームを上げると、その後に訪れるffで耳が壊れる。この曲はホールで聴くのが一番なのだろう。というか、一度歌ってみたいものだ(夏オフでは一度歌うことができたが、あの感激をもう一度・・・)

駅から帰宅途中のバス車内では3番の第一楽章、それも後半のドンチャン騒ぎの場面。
適度に混み合った車内で、おそらく多少は音もれが発生していることであろう。周囲の人たちは、私がナニを聴いているのか、といぶかしげな表情で見ていたのではあるまいか、と少々気にかかる(笑)。だが、ブルックナーには絶対に書けなかった(もちろんブラームスにも書ける訳がない)、このシッチャカメッチャカ加減がまた、マーラーの大きな魅力でもあるのだが。

2005 09 02 11:39 PM [music with iPod, 音楽] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/5757703

この記事へのトラックバック一覧です: マーラーを聴きながら:

コメント

んみゅんみゅ。マーラーは恐ろしく美しいところと、わけわからんドンチャカ騒ぎのところがあって、うちでもなかなかCDかけることができません。(後者のところで子供が嫌がるから)
ゆっくりじっくり聴くにはやっぱり演奏会ですねぅ。
行きたいよ~~

投稿者: まき2 (05-sep-05 07:08:48)

まき2(^_^)
子供にもウケそうな、面白い箇所も結構あるんだけど、いかんせん長いし、複雑だし・・・というところですね。
私のマーラー初体験は多分中学2年のときで、2番でした(確かワルターが振ったものだったと思います)が、2枚組LPの2枚目までなかなかたどり着いた記憶がありません(^_^;)

投稿者: ちいしゃ (06-sep-05 00:24:53)

コメントを書く