« 飲み食いinるぅ~ | トップページ | 本番まで二週間余り »

2005.10.13

結局そういうことだそうで

様々な、他のプライオリティの高いネタが出尽くした・・・ということでもないだろうが、カラー液晶を搭載したPhotoを出したあたりから、そのうち出るだろうと予測されていたビデオiPodが、ついに出るらしい。

元記事:アップル、ビデオiPodと新型iMacを発表--動画配信に進出 - CNET Japan

これまた予想通り液晶サイズは現行モデルより一回り大きくなってQVGAをカバー。
動画フォーマットはMPEG-4とH.246に対応。
iTMSでは動画ファイルの販売も開始し、それと共にiTunesもいきなり6にバージョンアップしている。

注目すべきなのは、このビデオiPodの薄さであろう。
30GBと60GBの2タイプが発売されるが、30GBタイプで11mm、60GBタイプですら14mmである。私が持っている現行モデルの60GBタイプが19.1mmであることを考えると、この薄さはなかなか素晴らしい。
もちろんnanoのような極薄、超軽量とはいかないが、この薄さならワイシャツの胸ポケットに入れてもあまり気にならない・・・となるか、薄いから前かがみになったら落ちるかも・・・となるかは微妙なところ(笑)

少し変わった点としては、iPodとしては珍しく、上方ふぁいや・わいやに対応していないことが挙げられる。つまり、USB2.0だけでPCとつながる、ということである。
また、ビデオ出力用の端子はあるが、入力用の端子はないので、動画ファイルはPC経由で入手することになるのだろう。ウェブカムをつなげて、簡易型のHDDデジタルビデオに変貌する・・・というような訳にはいかない、というところである。

値段がまた悩ましいところで、現行60GBとビデオiPod60GBとの差はほんの1000円ほどである。
何しろ、音楽ファイルだけで60GB使い切ろう、というような人はそう多くないけれど、動画ファイルとなれば、たかだか150時間分でしかない。これなら使いでがある、と思う人も多いかも知れない。こりゃ、年末にかけて、かなりの売れ行きが見込めそうな気がするが、どんなものだろうか・・・
純粋に音楽用にはnanoを、ビデオも楽しむためにビデオiPodを・・・そんな感じで使い分ける人も出てくるかも知れない。まぁ問題は動画ファイルをどうやって、どれぐらい入手できるか、というところに尽きるとは思うが。

私は・・・まぁ、今のところ必要ないなぁ。HDD付DVDレコーダーの中身を転送できる、というようなことにでもなれば思い切り考えてしまうが(^_^;)

2005 10 13 11:36 PM [music with iPod] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/6387456

この記事へのトラックバック一覧です: 結局そういうことだそうで:

» ついに来たか・・・ - 新型iPodの衝撃 - [衝動買いはやめられない!デジタルカメラ販売員奮闘記 から]
 ?昨日はしばらくぶりに4GBモデルが潤沢に入荷し、これまた飛ぶように売れたわけですが、 ?「新商品の発表が近いうちあるらしい」という噂も耳にしていたので、内心複雑な心境。 ?「商品の方向性が全く違うからいいか!」と思っていたら、私の想像をはるかに上回る内容で出... 続きを読む

受信 14-oct-05 01:01:42

コメント

コメントを書く