« そして快速は吹田に止まる | トップページ | 専門家のご意見 »

2005.11.09

ハイリスク・ウルトラハイリターン

なんでそんなに上がっちゃうのかよくわからないが、とにかくこのところの株式市況は堅調である。
こういうことがそう長くは続かないだろう、と考えてしまうのは、我々の世代の宿痾みたいなもんか。

今日で社内のDC導入加入者説明会も3回目となったが、示されている商品情報が8月末時点のものなので、試しに最新のものはどうなっているのか、ウェブで確認してみると、実にとんでもないことになっていた。
実際問題として、8月末時点でも、国内株式あたりでは「ファンド収益率(要するにリターン)>ファンドリスク」というような状況が、インデックス、アクティブ問わずに頻発していたのだが、10月末のデータではさらにこの傾向は強化され、うちが導入するプランに用意されている商品の中には、「リターン-リスク>30%(1年間)」なんていうものまであった。リスクも14%ぐらいではあるのだが、ファンド収益率が44%を超えている。ベンチマーク(この商品の場合はTOPIX)そのものが34%を超えているのだから、インデックスでもホクホクだが、アクティブ(この商品の場合バリュー型)で、さらにウハウハという状況である。

これで来年の4月まで待て、というのはかなり目に毒である(笑)
先行して勝手に個人型を始めてしまおうかな、とか考えたりして(^o^)

2005 11 09 11:51 PM [日記・コラム・つぶやき, 確定拠出年金] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/7005483

この記事へのトラックバック一覧です: ハイリスク・ウルトラハイリターン:

コメント

たしかに、ここ最近の株式市場は異常ですなあ。おかげで、塩漬け銘柄がようやくプラスに転じてきているというのもあるわけで、バイアンドホールドの私としては、喜ばしい状況ではある。
ちなみに投資信託としては、さわかみファンド(http://www.sawakami.co.jp/)がお気に入りです。

投稿者: あげさん (11-nov-05 02:27:48)

あげさん、まいどです(^_^)
この手の話には、きっとコメントがつきそうだなぁと思ってました。
4年前に仕事の関係でDCと関わりを持つことになるまでは、自分が投資について考えることになろうとは思いもしませんでしたが、前回は導入を労組に提案した時点までで退職したので、導入の実務には関わってなくて、今回が実質最初の機会という感じです。
ただ、前回いろいろと勉強したことが生かせるのはありがたいところです。でも、なかなかFP資格を取ろう・・・というところまではいきませんね(^_^;)

さわかみファンドですか。今度調べてみます。

投稿者: ちいしゃ (12-nov-05 01:06:51)

コメントを書く