« フィギュアスケート | トップページ | 若手忘年会 »

2005.12.27

小僧inアンフィールド

ガラクタで居場所を失った小僧がマグパイスの一員としてアンフィールドに帰還した。
ガラクタにいる間にフットボールのやり方を忘れてしまったのではないかと心配したが、それ以前に、この夜は彼のところまでボールが回ることが殆どなく、何もできないまま、ピッチ上をさまようだけで終わってしまったようだ。

マッカと言い、小僧と言い、レッズからガラクタに行った人間が、フットボールの神に見放されていくのを見ていると、まさにそこにはフットボール界のサルガッソーが存在するのではないかと思わざるを得ない。

それはともかく、久しぶりに見たマグパイスは、サー・ボビーが指揮を執っていた頃に比べると、まるで歯ごたえがない。スコット・パーカーがいなかったせいもあるが、まるで覇気が感じられない。リー・暴ヤーボウヤーにはかつての片鱗がうかがえた、とは言え、それはプレーとは別の次元の話である。何より、ディフェンスがさっぱりである。

一方、日本でSPFCと戦ってきたレッズは、疲れも取れ、まずまずのコンディション。クラウチが徐々にその力を発揮し始めているのが心強い。キューちゃんは相変わらずではあるが、これまた少しずつよくなってきている。度重なる故障の影響もあり、かつてのような鋭い突破は影をひそめているが、その分キレイなクロスが上がるようになってきているように思う。

試合はスティーヴィの十八番のミドルが炸裂してギヴンの堅城を崩すと、クラウチのヘッドも決まり、2-0でレッズが勝利を収めた。マグパイスのゴールにギヴンがいなければ、さらに3~4点入っていても不思議ではなかった。

これで年内はマージーサイド・ダービーとWBA戦を残すのみ。

2005 12 27 11:59 p. m. [Football] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 小僧inアンフィールド:

コメント

コメントを書く