« ニッポンの地名 | トップページ | タケノコ »

2005.12.18

天井一直線

同僚2人と連れ立ってJ尼近くの店舗で勝負。
いつも北斗一本の同僚は、最近ようやく脱・北斗を図りつつあるようで、この日はバラエティコーナーにあった天下布武を打っていたらしい。
ワタシは夢夢に一直線。

先日と異なり、初当たりまでが重い。
12英世を投じて、ようやくBB。その後はオマケでRBがついてくる。
一度当たると割とストレスなくポンポンと当たりが連なり、ドル1.5ぐらいまで持ち玉が増える。
この時点でもう一人の同僚が様子を見にきて、うむうむとうなづいて店を出て行った。彼はこれから別口の飲み会があるのである。

ところが、この同僚が店を去ってからがよろしくない。
ハマる。
ひたすらハマる。
半分ほどあった2箱目は軽くなくなり、緩めのカチ盛りの1箱目もじわじわと減っていく。
700Gを超えたあたりから、脳裏を渦巻くのは「天井」の2文字。
夢夢の場合1280Gなのであるが、この流れは極めてマズい。

救いは持ち玉で打っているということである。900Gも超えれば、逆にこのまま天井まで突き進んで天井BBを引いた方がいいかも、などとも思う。発想が後ろ向きである(笑)
しかし、天井手前でRB引くことを思えば・・・やはり後ろ向きだ(-_-;)

カウンターの数字はついに1000を超える。ああ、行くんだ。天井まっしぐらだ・・・
そう観念した1021G、何故かBBを拾う(^_^;)。今度もおまけRB付。

とうとう天井かと思っていたのに、手前でBBとなると、やはりホッとするものである。
思い切り持ち玉が乏しくなっていたけれど、それから再び出玉は上昇軌道を描き、最終的にはドル1確保。
交換して景品をもらうと、「最終」という札まで渡された。ワタシが最後の客らしい(^_^;)

投資12k、回収20.9k、収支プラス8.9k
頂点切りができるほど踏ん切りがよくないし、この勢いならさらに3箱目を狙えるかも、と感じていたので、ズルズルとハマったが、それにしてもよく勝てたものである。

ちなみに天下布武を打っていた同僚は、全く台のことがわからないまま、ドル3だったらしい。多分途中で決戦レギュラーからビッグバンモードにでも入ったのではなかろうか。
とにかくヘトヘトになって帰宅。

2005 12 18 11:54 PM [Pachinko] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/7767999

この記事へのトラックバック一覧です: 天井一直線:

コメント

コメントを書く