« 確かに重いけれども | トップページ | この場所で »

2005.12.03

おめでたい!

ヨーロッパでレッズ、南米でSPFC、ついでにタイガース(^_^;)・・・ときて、残すはガンバのみ、と9月の終わりに書いてはみたが、本当にそうなるかどうかは五分五分と思っていた。
しかも、最後の最後になって、セレッソまでが絡んできて、大阪人的には両面待ち状態(笑)

試合そのものは外出していたので観れていないが、最後の最後まで優勝の行方がめまぐるしく入れ替わる、激しく、混沌としたものだったようだ。
2-4でフィニッシュ、というあたりが、今季のガンバを象徴するような展開だったが、セレッソの2-2というのも、結局最後まで負けずにフィニッシュした、ということで、互いに最後の最後までガンバらしく、またセレッソらしく最終節を終えた、と言えるかも知れない。

Jリーグがスタートして、京都のカップ戦優勝はあったものの、関西勢がリーグを獲ることがついぞなかっただけに、関西人としては誠に感慨深い。
ユースシステムをうまく運営し、優秀な若手選手を次々に育ててきたことが、今のガンバの地位を形作ったということは間違いない。加えて、外国人選手と移籍によって足らないポジションを埋め、それが有機的に噛み合い始めたのがここ数年のことである。一度こうしてタイトルを獲ったことで、これからはコンスタントに優勝争いに絡んでくるのではないか、という気もする。

中学時代にヤンマー(つまり今のセレッソ)の前座試合をやったことがあるが(大阪市の大会の決勝だった)、やはり本当の意味で地元と言えるのはガンバである。茨木の駅前から万博まで、至る所にガンバを応援するフラッグが立っているが、これまではどうしても元気なく、ゆらゆらと揺れているだけであった。これでそんな光景も少し彩りを変えてくれることだろう。
何はともあれ、おめでとう!>ガンバ大阪(^o^)

NHKの優勝特番を観ながら。

2005 12 03 10:51 p. m. [Football] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: おめでたい!:

コメント

コメントを書く