« 加入者説明会本格開始 | トップページ | 全ては虚空へと »

2006.01.12

「堀江さんはうまくやってますよ」

この日はDC(確定拠出年金)加入者説明会がいつもと違う会場で行われる。
早めに会場入りするが、鍵の開け方がわからなかったり、照明のスイッチの場所がわからなかったりして、かなり焦る(笑)
照明は結局のところブレーカを直接操作することで点灯すると聞かされて唖然である。

午前中の説明会が終わり、午後の説明会までの昼食時間、運営管理機関の方(仮にKさんとしよう)と少しお話をする。
話題はやはり昨今の過熱気味の相場である。
そんな中、Kさんから伺ったのは、「堀江さんはなかなかうまくやっている」という話。
彼は自分のできないことについては、ちゃんとできる人を引っ張ってきて、その人に任せちゃうのだそうである。
三木谷さんと比べると、そのあたりの割り切り方が徹底していて、それが「LDvsフジ」「楽天vsTBS」での差となって表れたのだ、というような話である。
ただ、「まぁおそらく友人は殆どいないんでしょうね」

そのホリエモンが以前に若い人相手に行った講演で、「元々何もないところから始めたのだから、しくじっても元の0に戻るだけ。だから怖れずにやれる」と語っていたのだそうである。なるほど、そういうものですか。

今だから書けるが、そのホリエモン、LDがその数日後からたどる運命を思うと、なかなかに含蓄に富むお話であったと思う。

説明会は、夕方の第3部は参加者が1名だけ(元々の予約が1名だけだった)という状態ながら、それなりに中身の濃いものにはなった。とは言え、折角の説明会なのだから、これはもったいない。

2006 01 12 11:58 PM [日記・コラム・つぶやき, 確定拠出年金] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/8371787

この記事へのトラックバック一覧です: 「堀江さんはうまくやってますよ」:

コメント

LD問題は連日新聞を賑わしてますねー。
容疑は要するに嘘の情報で株価を上昇させた(更にそれで利益を得た)、というとこだけなのに、百分割が悪いっとか、株式市場を混乱させたのが悪いとか、世の中の議論は少しずれているような気がします。
容疑以外のことは、証取とか、金融庁の怠慢や対策遅れに他ならないと思うのですけどね。
Hエモン氏は言動が面白かった人なので、ちょっと残念です。

投稿者: なべりん (29-ene-06 07:38:53)

なべりんさん(^_^)
ネットの情報が世の中を動かすようになってきていますから、そういう意味では今回のLDの事件というのは根が深いし、考えさせられる点が多々あります。
別のエントリーへのコメントにも書きましたが、経済のやりとりがシミュレーションゲームの延長線上としか思えないようなものになってきてしまっていて、事業会社の本当の力だとか、保有する資産、技術力、成長性などと遊離したところでマーケットが動いているような気がしてなりません。
堀江氏については今後どうなるのかはわかりませんが、彼にくっついて世の中に名を知られるようになった人たちは、多分早晩表舞台から消えていくのでしょうね。あの、全然美人じゃなくて広報の意味もわかってなさそうな「美人広報」さんも早いだろうな(^_^;)

投稿者: ちいしゃ (29-ene-06 12:36:13)

コメントを書く