« やったぞ!でかした!(^o^) | トップページ | ようやく登録 »

2006.03.17

阿部八段、ついにA級入り!

これも関西勢には大きなニュースだ。
B級1組最終局、抜け番の阿部八段は、中川七段が敗れれば昇級、勝たれるとアウト、という状況だったが、既にA級復帰を決めている深浦八段が中川七段を下して、阿部八段の昇級が決まった。

プロ四段としてデビューした当時、現在の羽生三冠のライバル一番手と目されていたのが、実は阿部八段であった、というのは、当時を知るファンなら周知の事実。故・芹沢九段が、「彼は贈九段にはならないだろう(つまり実力で九段になるだろう)」と予言されていたりしたことや、「将棋世界」だったか「将棋マガジン」だったか忘れたが、若手有望株同士ということで、羽生vs阿部の誌上対局が企画されたりしたのも思い出される(結果は確か羽生勝ち)。今ならさしずめ、渡辺vs山﨑、みたいな感じかな。

その後は関西の中堅として着実な歩みを続け、1993年には全日本プロトーナメント(現在の朝日オープン選手権の前身)で優勝、竜王戦七番勝負に挑戦者として名乗りをあげたのは2002年のこと。当時の羽生竜王を相手に3勝あげて、カド番まで追い込みながら、タイトル奪取には至らなかったが、阿部強しを印象づけたシリーズでもあった。

一方、B級2組への降級は、青野九段(最終局を前に、既に確定)と先崎八段(最終局で、負けた方が降級という北浜七段との激闘に敗れる)となった。う~ん、先ちゃん、残念!

2006 03 17 11:55 PM [将棋] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/9138248

この記事へのトラックバック一覧です: 阿部八段、ついにA級入り!:

コメント

コメントを書く