« 肉食うな! | トップページ | 夏風邪の中で »

2006.06.28

西仏戦・・・

いい試合をやってジズーが静かに舞台を去る、というシナリオを思い描いていたので、全くそれと異なる結果になったのが非常に残念である。
持ち味を出し合うのでもなければ、消し合うのでもなく、スペインが一方的に持ち味を消され続けて、ウィークポイントを衝かれて、ジャッジにも見放されて、何とも消化不良というか、胃のもたれるような試合で終わってしまった。

ダメだった部分の一番は、ルイス・アラゴネスの采配である。
ラウールの先発起用が不可解。切り札として残しておくのならまだわかるが。
ペルニーアとセルヒオ・ラモスもあまり機能せず、スタミナが切れた後半には両サイドから崩される場面も多かった。2点目の失点も、セルヒオ・ラモスがヴィエラに競りに行っていれば防げたかも知れない。

ずっとダメだと思っているが、スペインのGKは早急に何とかしないといけない。
フランスの選手たちは、このGKの弱点であるハイボールを意図的に多用してきていたのがよくわかったし、いつも通りパントキックの精度は著しく低く、フィードにつながっていない。というか、フランスのチャンスボールになってしまっている。何度「お前、蹴るな!」とTVに向かってつぶやいたことか(^_^;)
ちなみに、うちのレイナちゃんならこんな不細工なことは絶対にしない。

リベリに奪われたゴールも、1対1になったときのダメGKの典型で、我慢がきかずに早々と滑って、相手に楽にコースを与えてしまっている。相手の足を引っ掛けて赤紙→PKという最悪のシナリオにならずよかった、という評もあるが、彼が下がってカニサーレスやレイナちゃんが守っていた方が可能性があったような気がする。レイナちゃんのPKに対する反応はピカイチだし。
3点目はもうどうでもいいが、ジズーがシュートを撃った瞬間に、反対側に飛んでいるのはもはや意味不明である。

我慢してカードを出さずにコントロールしていたロゼッティ主審だが、プジョールが不満を述べたように、フランスの2点目につながった判定には疑問が残る。どっちのファウルと言われれば、アンリの方が後ろからぶつかってきてるんだから、アンリのファウルに見える。試合を決定づける判定だっただけに、残念ながらこの主審にも合格点は与えられない。

残念ながらと言えば、プジョールも最高のパフォーマンスを示せたとは言いがたかった。アンリを抑える、という点ではまずまずの成果を残すことができたが、そのためにリベリを見失ったことは非常に痛かった。両サイドが次第に攻めにも守りにも機能しなくなっていく中で、パブロと二人で守りきるのはなかなか難しい役割だったと思うが。

そしてフェルナンド・トーレス。前半はフィジカルも強いところを見せて、テュラムに圧勝していたのに、後半に入ると一気に存在感を失ってしまった。スタミナの問題なのか、精神的なものなのか、あるいは故障なのかはわからないが、彼がブレークしてくれなければ、たとえフランスに勝っていたとしても、次のブラジウ戦は難しかっただろう。

中盤でボールを奪える、回せる、ポゼッションを圧倒的に握れる、というのはいつもながらのスペインらしさであるが、ミドル、ロングレンジからのシュートももっと織り交ぜる必要があったろう。チャビやチャビ・アロンソにはその能力があったのだから、もっと積極的に狙っていくべきだった。後半交代出場したマルコス・セナも同様だ。ロングレンジのサイドチェンジはフランスに読まれていて、あまり効果を発揮できなかったばかりか、両サイドのペルニーアとセルヒオ・ラモスを消耗させただけに終わってしまった感もある。
フランスDFは、スペインに中盤で持たれても、最後の壁さえきっちり作っておけば、ウクライナのようなひどいことにはならない、と心得ていたのだろう。スカウティングの差が出たかな、と言う気がする。

Round of 16の8試合の中で、個人的には唯一の番狂わせかなぁ。

2006 06 28 05:11 p. m. [Football] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:

この記事へのトラックバック一覧です: 西仏戦・・・:

コメント

コメントを書く