« octubre 2006 | トップページ | diciembre 2006 »

2006.11.29

超伝導

・・・ではなくて、超音波電動歯ブラシ。
旧知のTAMAさんから勧められて、購入に向けていろいろ下調べ中である。

電動歯ブラシですら使ったことがないが、そこにさらに超音波が加わるので、かなり強力そうだ。
ただ、超音波を使う歯ブラシは、超音波だけで歯垢を分解したり、歯への付着力を弱めたりという効果があるので、電動歯ブラシほど目に見えて激しく動くということはないらしい。ブラッシングは基本的に人力、なのだそうである。多分その方が電動歯ブラシ未経験者にはなじみやすい気はする。

いくつかのブランドがあって、いくつかの種類が出ているが、取り敢えずオフィスの一つ下のフロアで物色してみようと思う。

2006 11 29 10:21 PM [グッズ, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

吾、知らず2

今日は麻酔を打ってないので、普通に。

前回と同じ歯医者さんに行き、診てもらう。
前回処置してもらった奥歯(右下奥から2番目の歯)は「消毒した効果がなくなってますね。あと何回か消毒して金属入れないといけません」ということである。

今回の歯痛の主因は「親知らずですねぇ。奥歯の方はもうあまり痛むことはないはずです。親知らずは前回も少し影が出てましたが、今回かなり進行してますので、これは抜かないとね。ただ、あまり露出してないので時間がかかるかも知れません」というワケで、遠からず親知らずを抜くことは確定。年内に時間が取れるかな。

そんな訳で、今日は歯石を少し取って、奥歯の消毒をしただけなので、時間もかからず、20分ほどで歯科医院を後にする。
痛み止めを少しもらったので、次回来るまではこれで痛みを抑えるしかない。

帰宅して、温室の屋根に開いた空隙(そこだけガラスがズレてしまい、猫が出入りできてしまう)を塞ぐ作業を行う。これで猫も出入りできまい・・・と思うが、彼らをナメてはいけない(^_^;)

iTunes問題についてはある程度解決の方向に向かっている。
結局CopyPodの設定で、「フォルダに保存」のチェックが入っていなかったのが敗因で、そのためにiTunes Musicフォルダ下にファイルがズラッと並んでしまったのだが、ここにチェックを入れてもう一度CopyPodを作動させたら、アーティストごとのフォルダができて、そこにファイルが収録された。
ただ、問題はコンピレーションの設定が反映されてなくて、曲ごとに演奏者が違う場合もアーティストごとのフォルダがきっちりできてしまっている。これはiTunesからいじってやるしかない。コンピレーションになってるアルバムがどれぐらいあるのかわからないが、元々きっちり管理してなかった部分でもあるので、この際まとめてきっちりやってしまおうかと思う。

それとプレイリストはやはりどうしようもないので、これは手でいじってやるしかなさそうだ。
面倒だが、全てのプレイリストを紙に出力して、それを見ながらいちいち入れ直していくしかない。面倒だが、この際プレイリストの整理も兼ねて、これも徹底的にやるか(^_^;)

2006 11 29 12:44 PM [music with iPod, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.28

今日は終日

布団とお友達。

風邪の具合はそれほどひどくなく、熱も出ていない模様。
ただ、喉にはまだ少し違和感がある。

問題はやはり歯の方で、顎まで痛い感じ。口がうまく開かない。明日、近所の歯医者に予約を入れた。

CopyPodで復活させたiTunesのライブラリであるが、いろいろ難儀なことも起きている。
データはレスキューできているのでよいのだが、それが全てiTunes\iTunes Musicのディレクトリ下に直接ずらっと並んでいる。
本来の姿としては、アーティストごとのフォルダを作って、その下にアルバムごとのフォルダを作り、そこにデータを入れたいのだが、なまじっかな数のデータではないので、どうしたものかと途方に暮れている。

もう一つの問題は、かなりの数のデータがダブって表示されている、という点。10706曲しかないはずが、15000曲以上のデータが表示されている。
ダブっているもののうち片方はファイルとリンクしていなくて、もう片方は上述のiTunes Musicディレクトリ下に並んでいるファイルにリンクしている。だから前者は無効という訳だ。
これを消す必要があるのだが、プレイリストに登録されているのは、この無効になっている方のデータなので、消してしまうとプレイリスト(これがまた膨大)も無に帰してしまう。

詰まるところ、第一の問題と第二の問題は切り離して考える訳にはいかないので、何らかの抜本的な解決が必要ということになる。はぁ~

******

こういうことはソフトが何とかしてくれるもんだ・・・と思い立ち、某所で名前を見た「Pod野郎」というソフトのことを少し調べてみた。
これならもしかしたらフォルダ構造そのまま楽曲データの保存ができるのかも知れない。
ちょっと試してみようかな。

2006 11 28 08:35 PM [music with iPod, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.27

いろいろ不調

歯が痛い。
8月に親知らずの2つ隣を処置してもらったとき(こちらを参照)に、次に行くと親知らずを抜かれるかも、と思ってそのまま放置していたら、親知らずはともかく、処置してもらった歯がじわじわと・・・
やはりちゃんと2回目の処置をしてもらわないとダメね。

喉がやや痛い。
放置すると、確実に喉から鼻にきて、華々しいことになるので、先手を打って鼻炎用の薬を飲む。

外付けHDDが不調。
何故か認識しないフォルダ、ファイルがある。
PCをつけたまま外出して帰宅すると、時折ハングしていることがあり、その影響なのかな、と疑っている。

しかしiTunesの10700曲をどうしてくれようか。
取り敢えず一度フォーマットして、iTunesの楽曲データはiPodから移植することにしよう。そのためのCopyPodである。
再生記録やプレイリストのデータを維持するため、ライブラリデータはきっちりバックアップをとる。これをやっとかないと、楽曲データは復活しても、ちょっと悲しいことになる。
しかし、10000曲以上になると、データを戻すのも大変そうだなぁ。

あ、あとThunderbirdで取得したメールのログも消えましたね、これで(^_^;)
まぁメールの過去ログをひもといて読もう、という人ではないので、困るのは知り合いのメアドがわかんなくなるかも、という点ぐらいだが。
そもそもここ1ヵ月余り、メールを拾いにすら行ってない(笑)
メールタイトルは携帯に飛んでくるので、重要そうとか、知り合いからとかのメールはWebメールで読んでしまう。それで安心するので、メーラーで落とす、ということをしなくなってしまった(^_^;)

ということで、水曜日は歯医者に行くことに決定。
インフルエンザの予防接種はまたの機会に。

2006 11 27 10:15 PM [(-_-;), music with iPod, パソコン・インターネット, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.24

中古機市場

ホールに出た途端に動き始めるのが昨今の中古パチンコ機市場である。
大量に押さえたはいいが、店が潰れたとか、思い切り競合店とカブってしまいそうなので、別のものに切り替えたとか、まぁいろいろな理由はあるが、まずは業界向けの中古機市場が動く。

続いて、そうしたものの中から、一般のファン向けに売りに出されるが、人気の高いもの、流通量の少ないものなどは、殆ど新品に近い価格がついたりして、まぁどっちかと言うと客寄せみたいなものである。

「CRスタートレック」はいかに、と思っていくつか中古機サイトを見てみたが、今のところ業者向けの「買いたし」情報がメイン。それはまぁめでたいことだが、既に20万ぐらいになっているのがちょっと寂しいところ。この調子だと12月に入ったら一般向けに出てきそうだな。

でも、我が家に一台・・・とヒソカに狙っている向きには、冬のお茄子がなくならないうちに、手の届くレンジまで価格が落ちてきてくれないと困る、とも言える。

2006 11 24 11:53 PM [Pachinko, StarTrek] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.22

煮え煮え

ゆうべはわたるさん迎撃オフで大阪駅前第三ビル地下1階の「OKINAWA」に行き、わたるさん、comet師匠、なべりんさんと飲む。
泡盛、何杯飲んだのだろう。
豆腐中心の沖縄料理も美味で、いろいろいただきました。

comet師匠が店の人に「三線ない?」と尋ねると、「ありますよ」ということだったので、出してもらって、なべりんさんに弾いてもらう。蛇皮ので、なかなかよい音がした。

その後、わたるさんをホテルまでお送りして、帰りに新地某店に立ち寄る。2年ぶりぐらいになるのかな。マスターとママは相変わらずである(^_^)
13年前の新聞社時代の同期の面々のポラロイド写真やら、12年前の「ザ・サラリーマン」のパンフレットなどを眺めて懐古に浸る。
気がつくと15年分ぐらいカラオケを歌って、時刻は3時になっていた(笑)
すっかり脳が煮え煮え(@_@;)
店を出てからは亜空間などもたゆたいながら、始発の次の電車で茨木に戻り、寒空の下で始発バスを待って、帰宅。

2006 11 22 02:48 PM [日記・コラム・つぶやき, , 集い] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.18

久しぶりの練習

センチュリーの練習に出るのはほぼ1年ぶり。
少し早めに緑地公園のセンチュリー・オーケストラハウスに着いたので、しばらく野外音楽堂を眺めながら、ベンチで呆ける。空を仰ぐと星が見える。この光が発せられてから、ここまで届くのにかかった気の遠くなるような時間と、それだけの距離をも超えて届く光の強さというものに、改めて感嘆する。

練習開始10分前ぐらいに練習場に入り、あと1冊しか残っていなかったヴェルレクの譜面(Edition Peters)を購入し、席につく。

まともに歌を歌ったのが、その1年前のセンチュリーの演奏会で歌ったラインベルガーの「ベツレヘムの星」なので、すっかり声が出ないだろうと思っていた。
先月の関西アンサンブルオフで、フィガロからデュエットを歌わせていただいたが、出番までにすっかり出来上がっていたので、競演したもなちゃんとかめちゃんには大変ご迷惑をかけたことと思う・・・が、きっと素面で歌っても、ブランクが長すぎて、まともには歌えなかったのだろう、と言う気もする。

仕事のある日なら、練習に出れても7時半より早く練習場に着くことはなく、発声練習など何もなく、いきなり皆さんが煮詰まっているところに混ざる、という感じだが、今回は最初っから参加できたので、松元さんの柔軟体操、発声練習もしっかりやって、何とか混ざるのに支障ない程度まで声を出せるメドが立つ。

今日の練習は松元さんしか指揮者が来ないので、当初の予定を変更して、Introitusのおさらいと、後半はSanctusの音取りをする、とのこと。SanctusとLibera Me以外はほぼ音取りは終わっているらしい。少し焦る。

練習はIntroitusから"Te decet hymnus,Deus,in Sion"を集中的に行う。ということで、いきなりベースからだ(^_^;)

ヴェルレクは何度か聴いたことがある、FCLAの夏オフでちょろっと歌ったことがある・・・というレベルで、実は作品の全体像をまるでつかめていない作品の一つなのだが、不思議なことに、この団では、「今この曲のことをもっと知りたい」と思うときに、その作品を取り上げてくれる、という僥倖に巡り合っているので、それがもうありがたく、ありがたくて。

思えば、松元さんに誘われて練習に参加したのは、「ドイツ・レクイエム」を歌えるから、ということだった。
その演奏会が終わると、次は年末の第九で、これまたまともに第九を歌ったことがない私にとっては、とてもよい経験になった。それも金聖響の指揮で(なので、ワタシにとっての第九はピリオドアプローチがデフォルトになってしまった(^_^;))

ちょうど第九の練習も佳境に差し掛かっている頃に知人が亡くなり、その追悼オフで、ドイツ・レクイエムと第九が取り上げられた、というのも奇妙な縁だが、今回はヴェルレクなのである。ここまで続くと、ちょっと人智を超えた何らかの力を感じざるを得ない(^_^;)

その後、Introitus、Kyrieを通して、さらにDies Iraeもざっくり通して、それから男声が隣室に移って男女別でSanctusに取り組む。
Chor I(1コラ)とChor II(2コラ)に分かれないといけないが、音の高さに差はないだろう、ということで、単純にその時に前にいた人がI、後ろがIIに割り振られる(^_^;)。私は1コラ。

結局、時間内に最後まで通すことはできたが、部分崩壊しながら、という感は否めず、女声と合わせてのアンサンブル練習は取りやめることになった(^_^;)
個人的には崩壊してもやっておいてほしかった気はしたが。

練習後の連絡で、年末にちょっとした出番があるらしいことがわかる。年末、というか、年越しだな(^_^;)
何とかセンチュリーから40人ほどは出てほしい、というようなことらしいが、果たしてどれぐらい集まるものやら。
私も大晦日か元日のどちらかは仕事になる公算が高いので、参加は微妙であるが、できることなら参加したいと思う。
終わるのが25時という話なので、参加した場合は、年越しRTは不参加になるでしょう(笑)

練習が終わって、帰りは以前の習慣で江坂の「オールド・バー」へ。
辛うじてカウンター席が一つ空いていて、そこに滑り込む。隣の若い男の子は完全に潰れていて、テーブルに突っ伏したままである。ここでこういう光景に出くわすのは非常に珍しい。
彼は途中でトイレに立って、そのまま戻ってこなかった(^_^;)
連れの女性2名はその子の介抱をしに行ったりしていて落ち着きなく飲んでいたが、少しして帰られた。

本日の飲食は・・・
レッドアイ、ボジョレ(ヌーヴォー)、オータムリーフ、サイドカー、マンハッタン、ラフロイグ(シングル・ストレート)
茄子のミートPIZZA、ねぎ入りだし巻き

やっぱり1杯も飲まずにシーズンが終わるのは悔しいので(^_^;)、グラス1杯だけボジョレを飲む。まぁ3杯ぐらいは飲んでもいいが、ボトルで頼むのはどうかなぁ・・・と思っていたら、先ほどの客の後に私の隣に移ってきた客がボトルで頼んでいた(^_^;)
まぁ、人それぞれである。

オータムリーフはこの店のオリジナルカクテル。2年ぐらい前の秋に限定メニューで出て、以来気に入っていて、たまに頼む。レシピは忘れた(^_^;)

2006 11 18 12:28 AM [Chorus, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.17

本町から緑地公園へ

トマトクリームパイ本日は久しぶりに金曜日ながら休みを入れる。
午後少し遅くから本町に出て冬物のスーツを一着作る。

久しぶりに本町に来たので、東芝ビルのスタバで休憩。
ダブルトールソイラテとトマトクリームパイ。

もう少ししたら緑地公園に向かい、センチュリーの練習に参加予定。

2006 11 17 05:21 PM [Photograph, Starbucks, 日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.16

解禁

茨木駅前にあるコンビニでも店の外にテーブルを出して、ほろ酔い加減の皆さんを対象に、ボジョレを売ったりしている。
仕方がないので(何が?)ヱビスのロング缶を1本購入して帰る。

原油高、ユーロ高などの影響もあって、今年のボジョレはここ数年に比べるとやや高いらしい。
しかし、ボジョレに2800円ほど投じるのなら、もっとうまいワインが2本ぐらい余裕で買えそうな気がするのだが・・・

・・・てなことを書きながら、よくよく思い返してみると、毎年のように、この時期になるとボジョレのことを書いている気がする(^_^;)

2004年
2005年

2006 11 16 11:42 PM [] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.15

定期健康診断

昨日・・・だったけど、受診した。
去年もこの季節だったが、去年に比べると暖かい。

検査は検尿からスタートする。
それにしても、およそ検尿のためにそのものを取得しているときの人間の姿ぐらい、滑稽なものもなさそうな気がする昨今である。というか、女性はどうやっているのだろう。

視力検査。右0.4、左0.7。裸眼。良くもならないが、悪くもならず、このレベルでほぼ20年ぐらい。最近よく目がかすむのだが、この時も右目の検査は殆どヤマカンの世界。

体重。多分去年より3kgほど減っている。運動もしてないし、意識的にダイエットをしている訳でもないが。最盛期と比較すると7~8kg落ちている。このままいくとあと○年でワタシは消滅するようである。

血圧。検査をやっている会議室まで、頼まれて年末調整の申告書が詰まった箱・・・いや違う、大き目の紙袋か・・・を持って行った後なので、息も切れている。
それは差し引くにしても、やっぱり上が少々高い。

血液検査。腕まくりして、腕を伸ばしたら、思わず看護士さんの胸と衝突した。血圧検査の前でなくてよかった(笑)

聴覚。去年、少し聞こえにくい波長があったが、今年は問題なし。毎日思い切りインナーイヤーレシーバーでiPodからの音楽を聴いて通勤しているが、ひっきりなしに高レベルが続くような音楽を聴いている訳ではないので、そんなに深刻な影響はないのかも知れない。
でも、正直なところ、いろいろなものが聞こえにくい気がするときがあるので、はっきりと悪くはないが、あまり良くもないのだろう。それでもカクテルパーティ効果というのは確かにあるのだが。

心電図。これはどういう結果なのかはさっぱりわからない。

問診。つまらない世間話でおわり。

胸部X線撮影。さぁ撮影、という瞬間に撮影技師さんに関係者が話しかけて、吸った息をなかなか吐かせてもらえず、少し苦しむ(笑)

日帰り人間ドックと違い、看護士さんによるローションプレー・・・ではなくて、エコーがないのが残念である。

体重が少し落ちたのと、血圧が少々高いのとで、気分的には1勝1敗というところ。
血液検査の結果はまだわからないが、どうせ生きるのに支障ない程度にちょっぴり悪いのだろう(^_^;)

そう言えば最近バリウムを飲んでないなぁ。

2006 11 15 11:54 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.14

7連敗でストップ

GDPを好感して(こういうサ変動詞が作られてしまうあたりが、やっぱり特殊な世界のような気がする)ということのようだが、TOPIXの今年最長の連敗もようやく終止符を打った(終止符で思い出したが、「やさしい魚」の最後の「終止符のような やさしい魚の なきがら」の終止符って、どんな形?)
川崎 洋「やさしい魚」

ちなみに日経平均は4連敗でストップ。
ボリンジャーバンドなんぞを見つつ、ちょいと国内株投信の比率を上げてみる。DCの預替えの場合、反映されるのに一週間ほどかかるのが難点だが・・・

2006 11 14 08:16 PM [確定拠出年金, 経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.11

酔いがさめたら

鴨志田穣著「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」である。
ブックス・ルーエ新刊紹介

水曜日にやっと購入して・・・と思ったら、実は全国的にこの日が発売日だったようで、前の日に近所の本屋で探していたワタシは一体・・・ということであった。

寝る前に読み始めて、結局一気に最後まで読み通してしまった。だから、木曜日は終日眠かった・・・

導入部は既にスターツ出版のOZmallにて「BARカモは閉店ナリ」で掲載されていたものの再掲である。
掲載分の最後の部分

ここから先は本屋さんで買い求めて読みなさい、ということなのだが、いやぁ・・・すごい導入部なんだけど、その後の展開を思うと、なるほどこれは絶好の「つかみ」になっている。

詳しくはネタバレになるから書かないが、かなりの部分、ばらっち(カモちゃん主体での文脈では敢えてそう表記する)から得るところが多かったのではなかろうか。
でも、カモちゃんとばらっちの持ち味はかなり違うけどね。

しかしまぁ元気にサイン会など催すところを見ると、随分体調も戻ってきているのかな、と思う。
サイン会情報
ばらっちから「あはは、しっかし死なないね、あんたも。いつかはしゃっといっちゃうんだろうね」なんて言われながら、しぶとく生きて、ひよちゃんが嫁に行くまで粘ってほしいものだ。

2006 11 11 11:57 PM [Book List] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.10

背中でガシャン

演奏会にも行けたし、ついでに打ち上げにも参加しちゃったし、これでいよいよ練習に復帰だ・・・と思ったのもむなしく、仕事が一段落したのは20時半。
わたるさんのところで、はらたいらの訃報を知って、「よし、では今日は戻りがつおがあれば200円シバリを解除してでも食う」と決める。

いつもの「回転寿司がんこ」。ラッキーなことに金曜のこの時間で並ばずに席に座ることができた。
ところが、メニューをみると冬季メニューに変わっている。かつおの姿は既にない。さんまもないので、さんま棒寿司もないはずだ(これはあったとしてもメニューに載っていない)
2回に1回は注文するまぐろ酒盗もなくなっている。これは季節要因とは関係ない気がするが・・・
代わりに、よこわがあったり、ふぐがあったり。そうそう、寒ぶりの季節でもある(^_^)

順調に食べ進み、「これを食べないと寿司を食った気がしない」と最近思うさば棒寿司を食べ、最後に200円シバリを解除してよこわ(250円)でも注文しよう・・・と思っていたら、隣のカップルがおあいそし、最近入ったメガネのにぃちゃんが後片付け。
会計をおねぃちゃんに任せて、「ここはオレが運ぶから」と積み上がったお皿と湯呑みを持ち上げて、ワタシの後ろに回った瞬間、「あ゛あ゛あ゛・・・」

がっしゃーん。

メガネのにぃちゃん、やっちゃったみたい。

背後でお皿などを引っくり返されたのだが、何かの液体がわずかながら降ってきたところをみると、かなりヒサンなことになっているような・・・
おそるおそる背中に手を回してみると、スーツの背中がちょろっと濡れている。お茶の残りだったらまだしも、醤油とかだったらイヤだなぁ・・・と思って手を見てみると、色はついていなかった。

しかしその様子をカウンターの中で見ていた大将がすかさず外に出てきて、「すみません、拭いておきますから・・・」とワタシの背中を拭いてくれる。
メガネのにぃちゃん、ひたすら恐縮のてい。

最後はよこわだ・・・と思っていたワタシだったが、何だか急に食欲というか、注文欲を失ってしまって、ただぼーっと芋焼酎のお湯割りの残りをすするのみ。
もしかしたら機嫌悪そうな顔をしていたのかも知れない。

ぼちぼち出ようかなぁ、と思い始めたタイミングで、またも大将。
「これ、よろしければ召し上がり下さい」

小鉢に、ぶりとろ、鯛、中トロが2切れずつ入れられてあった。

「うわぁ、なんか申し訳ないです。でもいただきます」

ペロっといただいてしまうワタシ(^_^;)
昨日のサンクスといい、今日のがんこ寿司といい、トラブルに見舞われては、その都度それをカバーするサービスを享受してしまうワタシは、何かそういう星のもとに生まれたのかしら(^_^;)

今度こそお勘定・・・と思ってレジの方を見ると、メガネのにぃちゃんが和服姿のおばさまの勘定をやっていた。
それが終わった頃合を見計らっておあいそ。

「キミ、ラッキーやったで」
「いや、ほんまにさっきはすんませんでした」平伏
「いやいや、もしキミが皿引っくり返したんがさっきの和服のおねぃさんの後ろやったら、ただごとでは終わらんかったと思うで」
「いやはやもうほんまに・・・申し訳ございませんでした」
「でもその分えらいごちそうしてもろて・・・」
「はぁ」
「大将にはよろしゅう言うといて」
「はいぃ!」

今度こそよこわを注文せねば。

2006 11 10 11:58 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.09

中華まんの季節

仕事の日、いつも昼食を買いに行くコンビニ。おサイフケータイで精算できる気軽さもあって、殆どよそに浮気をすることはないが、さすがに弁当類にしても、カップ麺にしても、惣菜パンにしても、毎日通っていると飽きてくるものである。

そこで一つアクセントをつける。
中華まんである。

元々ワタシが買うコンビニ弁当は小ぶりなものが多い。
週に一度は買うのが「和風ツナマヨごはん」と「鶏そぼろごはん」である。「高菜明太子ごはん」もなかなかよい。
とは言え、これだけで夜までもつワケがない。

火曜日、「和風ツナマヨごはん」と共に「月島もんじゃまん」を注文。めんたいもちチーズ入りである。

持って帰って職場で食べるのだが、どうも「もんじゃまん」の様子がおかしい。どう考えてもこれはピザまんの味、食感である(^_^;)。もんじゃまん126円、ピザまん105円。さてこの21円、どうしたものか。

水曜日は休み。散髪して少々若返るワタシ。でも白髪が余計に目立つ、という内なる声も(-_-;)

そして木曜日。店に立ち寄った時には、もんじゃまんのことなどすっかり忘れている。
今日は「鮭チャーハン」でいこう。
中華まんは・・・あ、そやそや、おととい食べ損ねたもんじゃまん!(やっと思い出す)
レジに行って、弁当と野菜ジュースを渡して、「あの、もんじゃまんも・・・」と伝えると、中にいたおねぃさんがハッと気づいて、曰く。

「お客様、先日は失礼いたしました。もんじゃまんをご注文のところ、間違えてピザまんをお出ししてしまったようで・・・。ですので、本日はもんじゃまんはサービスさせていただきます」

覚えていたみたい(^_^)
というか、覚えられてしまっている(^_^;)
まぁ殆ど毎日来るのだから、当然と言えば当然か。
某巨大コミュの某トピではないが、ここでワタシはどんな名前(符牒)で呼ばれているのだろう(笑)

しかし、もんじゃまんをサービスされてしまうと、支払額が500円になってしまう。ANAマイレージクラブのマイルを効率よく貯めるには、200円の整数倍か、それを少し上回るぐらいでないといけない。

「あ、それじゃ、その・・・もんじゃまんとチキンカレーまんもお願いします」

これで605円。とてもめでたい(笑)

2006 11 09 11:17 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.08

梅田徘徊

重い腰をようやく上げて、散髪に行こうと家を出たのが14:20
バスは14:22なのでまぁ十分間に合う。
ところがiPod用のインナーイヤーレシーバーを忘れたことに気付いて一旦家に戻ったため、14:22のバスに乗れずじまい。
次は14:37。

茨木駅に着くとすぐに快速が来て、これはラッキー。
大阪で降りて馴染みの散髪屋へ。多分堂島の新聞社にいた頃から利用しているので、かれこれ17~8年ってことになるのかな。
ここでも待たずにすぐにやってくれてラッキー。そりゃ平日の午後だし。
もっとも、待つなら待つで、置いてある「蒼天の拳」を読めるので、それはそれでよいのだけど(笑)

今日ワタシを担当してくれたのは、店のおねぃさんだった。多分彼女がここに勤め始めたぐらいから見ているが、あまり担当してもらったことはなかった。
で、折角なのでまじまじと胸の名札を拝見させてもらったら、何と「チーフ」という肩書きがついている。
確かに若い男の子が下働きをしてるぐらいなので、結構ベテランになってきてるのだな、と思ったが、出世したのね(^_^)

その後、旭屋書店の本店に行って、カモちゃんの新刊「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」を購入する。
Amazonでの紹介
茨木駅前の「とおの書店」にはリリー・フランキーの著書は山盛りあったのだが、何故かこの人が装丁・装画を担当しているにも関わらず、この本は置いてなかったのである。

その後は少しマッサージを受けて、少し運動して、少し疲れて帰宅。
久しぶりに梅田界隈を徘徊してみたが、夕方という時間もあって、活気が出てくる直前という雰囲気。特に目新しいものは見当たらなかった。

2006 11 08 07:51 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.07

解散だそうで

そろそろ話題にものぼらなくなってきましたしね。

村上ファンド:近く解散 運用資産残高は半分以下に縮小

ただ、DC説明会のたびに、投資信託の説明部分で「ファンド」という言葉を使わざるを得ない・・・というか、運営管理機関が用意してくれた資料にそう書いてある・・・というか、投資信託のレポートなので当然なのですが、やっぱり「ファンド」の説明のときには、村上さんの名前を出すと、受講者の皆さんも「はぁはぁ、アレですかぁ」みたいな表情になるので、ちょっと重宝してはいたのである。

自らの存在感のアピールの仕方を誤った、という感じかな。
世にあまたいるファンドマネージャーさんたちも、スタンドプレーが目立ち始めたらダメなんじゃないのかな、なんて思ったりもする。

2006 11 07 11:44 PM [経済・政治・国際] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.06

頭が悪いというよりは

こういうのは、頭でっかち・・・ということなのかな。

ソフトバンク:携帯手続きまた制限「万全を期すため」

これだけ顧客を混乱させておいて、またまたシステム停止して、それでまた新契約プランをスタートさせる・・・
机上のプラン、というか、トップマネジメントのレベルではこれで上位2社に迫ろうという魂胆だったのだろうが、その考えや計画が、組織の末端どころか、結構幹に近いところにすら行き渡っていない・・・という印象を受ける。

2006 11 06 11:51 PM [(-_-;), ニュース, 携帯・デジカメ] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2006.11.03

わらじハンバーグ弁当

わらじとんかつというと、阪急池田駅近くにある「花邑」という店を思い出す。確か池田駅の改札の近くにも支店があったような記憶があるが、今もあるのかな?

阪急池田駅と言えば、そろそろ「かき峰」に行く季節である(何しろ1年の半分しか営業していない)。ここ3年ぐらい行ってない気がするので、そろそろ行きたいものである。

それはともかくとして、昼休みに弁当を買いに行く「サンクス」の新しいメニューが「わらじハンバーグ弁当」
秋の新作弁当

昨日は横目で見ながらサンドイッチに逃げたワタシだったが、今日はその引力に捕まってしまって、ご購入。伊藤園の500mlのお茶と一緒に買うと50円引きなので、「烏龍茶 濃い味」を一緒に購入。

いつものおねぃさんにしては電子レンジに入れる時間がやや短く、職場に持って帰って食べ始めると、やや半端な温もり方だったが、なかなかボリュームがあって結構である。トマトソースとデミグラスソースで「ハーフ&ハーフ」状態というのも面白い。というか、こうでもしないとデカ過ぎて飽きるだろう・・・というか、それでも最後の方は飽きたけど(^_^;)

秋の新メニューとしては、鮭チャーハンの方が好みかも知れない。540円ってのもちょと高いし。

2006 11 03 11:47 PM [飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック