« 梅田徘徊 | トップページ | 背中でガシャン »

2006.11.09

中華まんの季節

仕事の日、いつも昼食を買いに行くコンビニ。おサイフケータイで精算できる気軽さもあって、殆どよそに浮気をすることはないが、さすがに弁当類にしても、カップ麺にしても、惣菜パンにしても、毎日通っていると飽きてくるものである。

そこで一つアクセントをつける。
中華まんである。

元々ワタシが買うコンビニ弁当は小ぶりなものが多い。
週に一度は買うのが「和風ツナマヨごはん」と「鶏そぼろごはん」である。「高菜明太子ごはん」もなかなかよい。
とは言え、これだけで夜までもつワケがない。

火曜日、「和風ツナマヨごはん」と共に「月島もんじゃまん」を注文。めんたいもちチーズ入りである。

持って帰って職場で食べるのだが、どうも「もんじゃまん」の様子がおかしい。どう考えてもこれはピザまんの味、食感である(^_^;)。もんじゃまん126円、ピザまん105円。さてこの21円、どうしたものか。

水曜日は休み。散髪して少々若返るワタシ。でも白髪が余計に目立つ、という内なる声も(-_-;)

そして木曜日。店に立ち寄った時には、もんじゃまんのことなどすっかり忘れている。
今日は「鮭チャーハン」でいこう。
中華まんは・・・あ、そやそや、おととい食べ損ねたもんじゃまん!(やっと思い出す)
レジに行って、弁当と野菜ジュースを渡して、「あの、もんじゃまんも・・・」と伝えると、中にいたおねぃさんがハッと気づいて、曰く。

「お客様、先日は失礼いたしました。もんじゃまんをご注文のところ、間違えてピザまんをお出ししてしまったようで・・・。ですので、本日はもんじゃまんはサービスさせていただきます」

覚えていたみたい(^_^)
というか、覚えられてしまっている(^_^;)
まぁ殆ど毎日来るのだから、当然と言えば当然か。
某巨大コミュの某トピではないが、ここでワタシはどんな名前(符牒)で呼ばれているのだろう(笑)

しかし、もんじゃまんをサービスされてしまうと、支払額が500円になってしまう。ANAマイレージクラブのマイルを効率よく貯めるには、200円の整数倍か、それを少し上回るぐらいでないといけない。

「あ、それじゃ、その・・・もんじゃまんとチキンカレーまんもお願いします」

これで605円。とてもめでたい(笑)

2006 11 09 11:17 PM [日記・コラム・つぶやき, 飲食] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/12663765

この記事へのトラックバック一覧です: 中華まんの季節:

コメント

コメントを書く