« 本町から緑地公園へ | トップページ | 煮え煮え »

2006.11.18

久しぶりの練習

センチュリーの練習に出るのはほぼ1年ぶり。
少し早めに緑地公園のセンチュリー・オーケストラハウスに着いたので、しばらく野外音楽堂を眺めながら、ベンチで呆ける。空を仰ぐと星が見える。この光が発せられてから、ここまで届くのにかかった気の遠くなるような時間と、それだけの距離をも超えて届く光の強さというものに、改めて感嘆する。

練習開始10分前ぐらいに練習場に入り、あと1冊しか残っていなかったヴェルレクの譜面(Edition Peters)を購入し、席につく。

まともに歌を歌ったのが、その1年前のセンチュリーの演奏会で歌ったラインベルガーの「ベツレヘムの星」なので、すっかり声が出ないだろうと思っていた。
先月の関西アンサンブルオフで、フィガロからデュエットを歌わせていただいたが、出番までにすっかり出来上がっていたので、競演したもなちゃんとかめちゃんには大変ご迷惑をかけたことと思う・・・が、きっと素面で歌っても、ブランクが長すぎて、まともには歌えなかったのだろう、と言う気もする。

仕事のある日なら、練習に出れても7時半より早く練習場に着くことはなく、発声練習など何もなく、いきなり皆さんが煮詰まっているところに混ざる、という感じだが、今回は最初っから参加できたので、松元さんの柔軟体操、発声練習もしっかりやって、何とか混ざるのに支障ない程度まで声を出せるメドが立つ。

今日の練習は松元さんしか指揮者が来ないので、当初の予定を変更して、Introitusのおさらいと、後半はSanctusの音取りをする、とのこと。SanctusとLibera Me以外はほぼ音取りは終わっているらしい。少し焦る。

練習はIntroitusから"Te decet hymnus,Deus,in Sion"を集中的に行う。ということで、いきなりベースからだ(^_^;)

ヴェルレクは何度か聴いたことがある、FCLAの夏オフでちょろっと歌ったことがある・・・というレベルで、実は作品の全体像をまるでつかめていない作品の一つなのだが、不思議なことに、この団では、「今この曲のことをもっと知りたい」と思うときに、その作品を取り上げてくれる、という僥倖に巡り合っているので、それがもうありがたく、ありがたくて。

思えば、松元さんに誘われて練習に参加したのは、「ドイツ・レクイエム」を歌えるから、ということだった。
その演奏会が終わると、次は年末の第九で、これまたまともに第九を歌ったことがない私にとっては、とてもよい経験になった。それも金聖響の指揮で(なので、ワタシにとっての第九はピリオドアプローチがデフォルトになってしまった(^_^;))

ちょうど第九の練習も佳境に差し掛かっている頃に知人が亡くなり、その追悼オフで、ドイツ・レクイエムと第九が取り上げられた、というのも奇妙な縁だが、今回はヴェルレクなのである。ここまで続くと、ちょっと人智を超えた何らかの力を感じざるを得ない(^_^;)

その後、Introitus、Kyrieを通して、さらにDies Iraeもざっくり通して、それから男声が隣室に移って男女別でSanctusに取り組む。
Chor I(1コラ)とChor II(2コラ)に分かれないといけないが、音の高さに差はないだろう、ということで、単純にその時に前にいた人がI、後ろがIIに割り振られる(^_^;)。私は1コラ。

結局、時間内に最後まで通すことはできたが、部分崩壊しながら、という感は否めず、女声と合わせてのアンサンブル練習は取りやめることになった(^_^;)
個人的には崩壊してもやっておいてほしかった気はしたが。

練習後の連絡で、年末にちょっとした出番があるらしいことがわかる。年末、というか、年越しだな(^_^;)
何とかセンチュリーから40人ほどは出てほしい、というようなことらしいが、果たしてどれぐらい集まるものやら。
私も大晦日か元日のどちらかは仕事になる公算が高いので、参加は微妙であるが、できることなら参加したいと思う。
終わるのが25時という話なので、参加した場合は、年越しRTは不参加になるでしょう(笑)

練習が終わって、帰りは以前の習慣で江坂の「オールド・バー」へ。
辛うじてカウンター席が一つ空いていて、そこに滑り込む。隣の若い男の子は完全に潰れていて、テーブルに突っ伏したままである。ここでこういう光景に出くわすのは非常に珍しい。
彼は途中でトイレに立って、そのまま戻ってこなかった(^_^;)
連れの女性2名はその子の介抱をしに行ったりしていて落ち着きなく飲んでいたが、少しして帰られた。

本日の飲食は・・・
レッドアイ、ボジョレ(ヌーヴォー)、オータムリーフ、サイドカー、マンハッタン、ラフロイグ(シングル・ストレート)
茄子のミートPIZZA、ねぎ入りだし巻き

やっぱり1杯も飲まずにシーズンが終わるのは悔しいので(^_^;)、グラス1杯だけボジョレを飲む。まぁ3杯ぐらいは飲んでもいいが、ボトルで頼むのはどうかなぁ・・・と思っていたら、先ほどの客の後に私の隣に移ってきた客がボトルで頼んでいた(^_^;)
まぁ、人それぞれである。

オータムリーフはこの店のオリジナルカクテル。2年ぐらい前の秋に限定メニューで出て、以来気に入っていて、たまに頼む。レシピは忘れた(^_^;)

2006 11 18 12:28 AM [Chorus, 日記・コラム・つぶやき, ] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/12785113

この記事へのトラックバック一覧です: 久しぶりの練習:

コメント

コメントを書く