« 背中でガシャン | トップページ | 7連敗でストップ »

2006.11.11

酔いがさめたら

鴨志田穣著「酔いがさめたら、うちに帰ろう。」である。
ブックス・ルーエ新刊紹介

水曜日にやっと購入して・・・と思ったら、実は全国的にこの日が発売日だったようで、前の日に近所の本屋で探していたワタシは一体・・・ということであった。

寝る前に読み始めて、結局一気に最後まで読み通してしまった。だから、木曜日は終日眠かった・・・

導入部は既にスターツ出版のOZmallにて「BARカモは閉店ナリ」で掲載されていたものの再掲である。
掲載分の最後の部分

ここから先は本屋さんで買い求めて読みなさい、ということなのだが、いやぁ・・・すごい導入部なんだけど、その後の展開を思うと、なるほどこれは絶好の「つかみ」になっている。

詳しくはネタバレになるから書かないが、かなりの部分、ばらっち(カモちゃん主体での文脈では敢えてそう表記する)から得るところが多かったのではなかろうか。
でも、カモちゃんとばらっちの持ち味はかなり違うけどね。

しかしまぁ元気にサイン会など催すところを見ると、随分体調も戻ってきているのかな、と思う。
サイン会情報
ばらっちから「あはは、しっかし死なないね、あんたも。いつかはしゃっといっちゃうんだろうね」なんて言われながら、しぶとく生きて、ひよちゃんが嫁に行くまで粘ってほしいものだ。

2006 11 11 11:57 PM [Book List] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/12663897

この記事へのトラックバック一覧です: 酔いがさめたら:

コメント

コメントを書く