« 近頃のウチの猫 | トップページ | 敗北感 »

2007.01.10

iTunesとの格闘

格闘シリーズは年を越えても続く。

ようやく前のPCの内蔵HDDからiTunesのライブラリファイルをレスキューできたことは前に書いた通りだが、そのライブラリファイルは、復旧作業の途中であって、これを続けなければならない。

楽曲データはiPodからCopyPodを使って外付けHDDに復旧済みであるが、ライブラリファイルはなかなか大変なことになっている。
詳しいことは書かないが、というか、うまく表現する自信がないので書けないが(^_^;)、本来10700曲程度のライブラリデータが、28400曲ぐらいに膨張してしまっている。

ただダブっているだけならダブり分を削除すればよいが、これまでの再生履歴を引き継いでいるデータと、楽曲データのリンクが切れてしまっているケースが多いので、それを1曲ずつ丹念につなげていきながら、不要なライブラリデータを削除していかねばならない。根気のいる作業である。

過去の再生履歴にこだわらないというのであれば、こんなことをする必要はないのだが、やはりある意味では自分の個性だとか人生だとか変態性だとか(笑)様々なものが詰まったものだから、何とか引き継いでいきたいものなのである。
また、それらはプレイリスト、スマートプレイリストに使われているデータでもあるので、これを復旧しなければプレイリストが穴だらけになってしまう。

それにしても、完全にデータをキレイにするには、あとどれぐらいの期間が必要だろうか。
現在の復旧作業の進捗状況からすると、特に用事のない休日だとしても、この作業をきっちりとこなすためには連続して3時間ぐらいが限界。1曲復旧するには40秒程度はかかるので、途中休憩しながら合計9時間作業ができたとしても、復旧できる曲数は800曲程度。
10700曲全てについて復旧が必要な訳ではなく、例えばiTSからダウンロードしてきた曲は大半が復旧不要だし、比較的最近リッピングしたものも大丈夫そうである。
仮に7200曲が要復旧だとすると、9日の休日が必要となる。
もちろん仕事のある日も少しずつ作業をしていけばよいので、それらを加味して、概算で1ヵ月・・・というところだろうか。

復旧が終わるまでiPodとのSyncはできないけれど、復旧したものからmixiミュージックに流していくことはできるし、新しいものをリッピングしたり、iTSで仕入れてくることは可能である。

2007 01 10 10:00 PM [music with iPod] | 固定リンク

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/6325/13551360

この記事へのトラックバック一覧です: iTunesとの格闘:

コメント

コメントを書く