« enero 2007 | トップページ | marzo 2007 »

2007.02.25

2度目の自然文化園

Nfw07022510自然文化園そのものは何度も行っているが、ノルディック・ウォーキングのルートとして訪れるのはこれが2度目である。
前回からほぼ1ヵ月振りなのだが、その間に結構春めいてきたこともあり、前回に比べるとかなり人出が多かった。

今日は沢池小学校横のぢもてぃ御用達の抜け道を通って少年球技場横からサンシーロではなく、デッレ・アルピでもなく(もういいですか?)万博記念競技場前へ。ゼロックスカップ優勝を記念して(^o^)・・・というか、万博公園東口に行くには必ずここを通るのだけど。
少年球技場では少年ラグビースクールの、万博脇の運動場(サブグラウンド)では少年サッカースクールの練習の光景を目にする。コーチ陣や付き添いの親御さんも含めるとかなりの数である。
少年球技場横の弓道場にも大勢の人がいた。
スポーツにはいいシーズンになってきたのだろうな。

スタジアム近辺を少しだけうろうろして、自然文化園へ。
今日はお祭り広場でガレージセールを開催しており、その一角はなかなかの混雑ぶり。
そのまま大地の池の脇から民博を眺め、今日はあまり遠くまで行かず、チューリップの花園界隈をうろうろして帰還。
冬枯れの公園にも、ぼちぼち花々の彩りが戻ってきたようだ。

帰宅後は例によってiTunesライブラリの修復作業。
ようやくライブラリの半分ぐらいまで終了。

以下、写真を並べときますので、どうぞ(_ _)

Nfw07022501これは万博記念競技場正面入口の前にあるオブジェ。
名前は忘れた(^_^;)
「力と光の波のように」だっけ(<それはノーノ)

Nfw07022502「夢の池」の脇に展示されている「信天翁二世号」。「あほうどりにせいごう」と読む。
1971年6月に石津港を出港して、1974年7月に世界一周して帰港。単独の自作ヨットとしては日本初の世界一周であり、世界一周した船艇としては最小であるとしてギネスブックに登録されている。確かに小さい。これで世界一周なんて、下手するとエコノミー症候群になっちゃうんじゃないか、なんて思ってしまうほど。
このヨットで世界一周した青木洋氏は、今もりんくうタウンでアリーナとヨットスクールを運営しておられるそうだ。

青木ヨットスクール

Nfw07022503お祭り広場でのガレージセール。
万博当時、お祭り広場の屋根だったものの一部がオブジェのように置かれてある。

Nfw07022504自然文化園から国立民族学博物館方面を望む。そっちはそっちで訪れたいのだが、久しく訪れていない気がする・・・

Nfw07022505国立民族学博物館の横腹(^_^;)
バラ園茶屋に行ってみようかと思ったが、関所があって、「ここから先はダメ」ということのようである(>_<)

Nfw07022506自然文化園内の風景。
自転車で走るとえらいことになりそうなパヴェ。
というか、歩きにくい(^_^;)

Nfw07022507

園内からの遠景。
W43Sの撮影モードが待ち受けのフル画面サイズになっていたので、妙に横長(^_^;)

Nfw07022508園内の花壇のパンジーもこんな感じ。
冒頭の写真も同様。

Nfw07022509

「花ぽっぽ」がやってきたので写真に収める。
低速で園内を回遊している。お子様連れにはとてもよいと思われます(^_^)

Nfw07022511園内各所で見られるスズラン型照明施設。

Nfw07022512これも園内各所にある太陽電池付風力発電装置。
てっぺんにパネルがあり、その下に風車がついている。
天気がよければ太陽光発電、強風の日には風力発電・・・ということだろうか。エコなのである。

Nfw07022513園内で見つけた「フィリピン館」跡のプレート。
1970年の万博当時は、ここにフィリピン館があった訳だ。
写真ではよくわからないが、敷地面積なんかが記されている。
多分、公園内を地見屋のようにうつむきながら探索していくと、あちこちにいろんなパヴィリオンのプレートを見つけることができるのではないだろうか。

Nfw07022514園内の「茶摘の里」内にある花畑。

Nfw07022515これも「茶摘の里」内から眺めた園内の光景。
なんてことはない風景だが、なんとなくほっこりできる(^_^)

Nfw07022516これも「茶摘の里」内の花畑の様子。
もう少し暖かくなれば、のんびりここで終日過ごすというのも悪くないと思う。

2007 02 25 09:33 PM [Nordic Walking, Photograph] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.22

眠れない

・・・だろうなぁ、ビクトール・バルデス。
彼には気の毒だが、あれはもう間が悪いとしか言いようがない。

対照的にワタシは非常に眠い。
CLノックアウトラウンドが始まったから、という訳ではない(生で観るのは体力的な面から断念してるし、録画してまで観ようという段階では、まだない)
ゆうべ、SENSE OF WONDERを聴きながら寝ようとして、「夢中楼閣」までは何とか意識を保とう、とがんばりすぎたようである。1999年のライヴなのかぁ。ワタシは東京にいた頃、難波さんがやってたFMの番組で、やっぱりライヴでこの曲を流していたのをエアチェックして愛聴したものである。「オペラの怪人」もやっていたなぁ、と思い出す。

で、うわごとのように「夢中楼閣」の歌詞をつぶやいたりなんかして、2枚目に入ってしっかり意識を失ったようである。

話はCLの試合に戻るが、大好きなバルサが、愛するレッズに、カンプ・ノウで敗れる図、というのは、実は観ていて非常に複雑な気持ちになる。できれば決勝でぶつかってほしかったが、こればっかりは仕方がない。
ロニーとスティーヴィのマッチアップでも満喫しましょう(^_^)

そうそう、カンプ・ノウではパルサのイムノ(Hymno)、アンフィールドではおなじみ"You'll Never Walk Alone"と、ソシオの皆さんやコップたちの歌声も楽しみである(^_^)

2007 02 22 11:15 PM [Football, music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.21

大阪でもようやく飲める

Starbucks Discoveries1年前、柏に出張で行ったときに、現地のコンビニで購入してホテルで飲んで以来、1年ぶりのスターバックス・ディスカバリーズ。
大阪でもようやく昨日から発売となった。長かった・・・

今日は昼食後に久々のノルディック・ウォーキング。
左足アキレス腱の痛みが少し気になっていたが、歩いているうちは全く気にならない。
ただ、今日は非常に暑く、歩き始めてから、もっと薄着でもよかったと後悔。某マイミクさんのようにランシャツ・ランパンというのは無理だが(^_^;)

本日は一旦春日丘交番の方まで出てから万博方面に向かい、アンフィールドではなくてサンマメスでもなくて(しつこい)万博記念競技場を左手に見ながら万博外周に入り、下穂積変電所前を通って、みのり橋南で右折、阪大病院前をかすめて美穂ヶ丘に下りて、新しくできたサンクスでディスカバリーズとヤガイの「おやつカルパス」、それから扇屋の「チーズおやつ」を買い込む(写真左側がディスカバリーズ「シアトル(ラテ)」と「おやつカルパス」、右側が「ミラノ(エスプレッソ)」と「チーズおやつ」)

困ったのは、これらの品々を持った状態ではノルディック・ウォーキングはできない、ということ(^_^;)
品物の入ったコンビニ袋が邪魔になって、ストックをうまく操ることができない訳である。
こういうことがあり得るのと、これから暑くなってくるとハイドレーションについてもしっかり考えておかないといけないので、リュックでも背負って歩くしかないだろう。

帰宅後は今日アマゾンから届いたCD(カーヴド・エアと難波弘之)をリッピングし、さらにiTunesライブラリの修復作業にいそしむ。ようやくKing Crimsonまでたどり着いた(@_@;)

2007 02 21 08:40 PM [music with iPod, Nordic Walking, Starbucks] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.18

ラストナイト

やってますなぁ・・・(^_^)

ムローヴァのあの格好はしかし・・・(^_^;)

「こともあろうにホルンがかなでます」には笑った(笑)

そして、こんなところでもボブ・チルコットの名前が・・・

それにしても、みんな尺取虫がお好き。
わしゃ膝がもたんわ(^_^;)

・・・と断片的なことばかり書いてお茶を濁す(_ _)

2007 02 18 11:42 PM [音楽] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.17

17年もの

少し前に某氏が某所で14年と書かれていたが、今日はワタシがニフティに入って17年目なのだそうだ。

実は今使っているメールアドレスの前に、別のアドレスがあって(多分まだ生きている)、そちらは一足早く1月31日に登録しているのだが、今のアドレスでは今日が17周年。

17年前には既に初代のFM TOWNS(model2)を持っていたが、ニフティ(当時はNIFTY-Serve)へのアクセスには当時社内販売で安く入手できたOASYS30AXを利用していた。モデムは1200bps。
アクセス中の画面のスクロールが目で追えるというか、内容をあらかた読める程度のスピードだったのを覚えている。
ただ、メモリー容量が小さいから、アクセスログを残すというのがなかなか大変だった。

その年の夏ぐらいだったかと思うが、アクセス用のメイン機をTOWNSに変更。最初は「アシストコール」を使い、それでMopTermをダウンロードしてきて、ダイヤルアップ接続時にはずっとこれで通す(後にオートパイロットのNYAN/E2もコンビで使い続けることになる)

17年間の前半はだから、TOWNS+MopTerm(+NYAN/E2)が支えてくれた訳だ。猫の手スクロールが懐かしい・・・
今さらながらこだわりを感じる、いい機種、いいソフトだったなぁと思う(^_^)

17年間の後半はどうでもいいような、ありきたりの環境なワケだけど、まぁ世の中そういうものなのかも(^_^;)

2007 02 17 02:00 PM [パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.14

春の嵐

というにはまだ早い2月中旬であるが、何となく外は強風の模様。
おかげで、折角の休みなのにまたノルディック・ウォーキングはお預けで、午後はひたすらiTunesと戯れる。今日はかなり頑張った。アーティストの頭文字でEとFをクリアして、今はGの途中までこぎつけた。全ライブラリの約32%ぐらいのメンテナンスが終わった感じである。

メンテナンスしていて気づくのは、「何故これがコンピレーションになっとるのか」というようなものが結構あること。アルバム1枚まるごと同じアーティストの演奏なのに、コンピレーションになってしまっているものがちょくちょく見当たる。

メンテナンス中も他の曲を再生しながらやっているが、諸般の事情(mixiミュージックとの絡み)で長い曲の方が都合がよい。
しかも、景気のよい曲の方が作業がはかどる。
E.L.&P.のメンテナンスが終わったので、早速長めの曲をチョイスしたプレイリストを作って、それをBGMにしながら作業をしてみると、非常に具合がよい(^_^)
今メンテ中のGenesisが終わったら、これもBGM候補だな(^_^)

それはともかく、次の休み(土曜日)は晴れてもらいたいものだ。

2007 02 14 07:12 PM [music with iPod] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.12

サポーター

サボタージュではない。今日も時折は逃避行動に走りつつ、一応仕事もした。

前にも少し書いたが、年末頃から左足のアキレス腱に痛みを感じており、それでもノルディック・ウォーキングは足腰に負担が軽いのでやっているのだが、ポールで体重の負荷が分散されているのならともかく、ポールなしの普段の生活では足にもろに重量がかかってくるので、時折しんしんと痛んでくることがある。
こういうときは、もう取り外せるものなら足だけ取り外してしまいたい、と思うものだが、何もしなくても、安静にしているといつの間にか痛みは収まってしまう。

で、昨日足首用のサポーターを買ってきて、今日は一日それを装着していたのだが、さすがに終日痛みは感じなかった。
まぁ根本的な解決ではないので、そのうちしっかり診てもらわねば、とも思うが、なかなか踏ん切りがつかない。

それにしても、この足首用サポーターをしながら靴下を履くのはなかなか難しい。

2007 02 12 11:05 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.11

福島・野田・玉川

私の生地は大阪・福島の野田である。正確には吉野。
・・・と並べただけで、既にあちこちに同名の地名があるので、他人に説明するときは注意が必要になる。

「出身は野田です」

に対して

「ああ、堺の? 北野田?」

ぐらいの反応ならともかく

「本州と陸続きでないチャイバ国において、さらに運河によって隔絶されたあのキッコーマン王国の、野田?」

というのは、大学のガイダンスの時に隣に座っていたクラスメイトで野田市出身者が自ら語っていたことなので、他意はない。

で、大阪市福島区にある野田の隣には「玉川」という、これまたあちこちにありそうな地名があって、JR「野田」駅には地下鉄の「玉川」という駅が接続している。

社員の交通費のチェックのためにYahoo!路線情報で「野田」と入力すると、たくさんの「野田」の中に、「野田玉川」という駅名を発見。いつから「玉川」の駅名に「野田」がつくようになったのだ、と思いながら、それを選択して検索してみると、とんでもない運賃が出てきてしまった(^_^;)

「野田玉川」は三陸鉄道の駅名なのであった(^_^;)
岩手県九戸郡「野田」村に「玉川」という地名があるのだそうで。

三陸鉄道というと、「三鉄赤字せんべい」が話題である。

三陸赤字せんべい

こっちはぬれせんべいではなくて、海藻を練り込んで焼いているそうな。
通信販売はしていないそうだが、ちょっと食べてみたい気がする。

・・・と、ここまで書いていて、実はここ(野田玉川)って通ったことがあるのを思い出した。
あれは22年ばかり前、お気楽な大学3年生だったワタシは、サークルの超お気楽な2年先輩(当時5年生)と同期の友人と3人で東北貧乏旅行をしていたのであった。
雪原で長谷の大仏を作ったり、トクユキの撮影をしたり、あまざけで酩酊したり・・・というようなことはしなかったが、亀ヶ岡の資料館を訪ねたり、十三湖で吹雪に見舞われたり、友人と青函連絡船の娯楽室を借り切って血涙三番勝負(将棋の)を繰り広げたり・・・と、なかなか意義深い旅だった。

で、先に出ていた二人との待ち合わせ場所が、三陸鉄道の「田野畑」駅。それから3人で久慈まで出て、さらに青森へと足を延ばし、ここの厚生年金会館を拠点に、あちこちフラフラと周遊する、というのが旅の基本プラン。
東北ワイド周遊券ってのは偉大だったなぁ、とつくづく思う。
だが、それより偉大だなぁと思うのは、学生の計画性のない行動力であろう(^_^;)

ということで、逃避行動(不良社員とも言う)はこの辺にして仕事に戻ろう(_ _)

2007 02 11 03:48 PM [etc.] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.10

Quad FX

いや、あればいいなぁ・・・と。
iTunesでリッピングしながら、別の楽曲データを再生しながら、ライブラリの整理をする・・・これでリッピングのスピードが落ちなければ言うことないのだが、さすがにシングルコアのSempron 3000+では少々荷が重かった(^_^;)
リッピングは後回しにしよう・・・

それにしても、部屋に高層ビル群のように林立するリッピング済み(のはずの)CDを仔細に眺めていくと、リッピングしようとしてやめたものや、一度リッピングしたけれど前の20GBのiPodでは容量的にきついので消してしまったものなどが結構混ざっている(ノートPCのHDD容量自体がきつかった、というのもある)
今なら余裕で入るので、この辺のものもぼちぼち復活させていくことにしよう。

・・・というような休日の午後。
鼻炎の症状は若干軽くなってきたが、今日もノルディック・ウォーキングは回避。次の休みは水曜日なので、それまでにはもうちょい体力を回復させておかねば。

2007 02 10 05:29 PM [music with iPod, パソコン・インターネット] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.09

波長

回転寿司って、時として、握ってる人とこちらの波長とか相性とかがあるのかと感じることがある。

そういう点では、本日はまるでだめおちゃん(+_+;)
こちらに「これが食いたいねんオーラ」が完全に欠如していたように思う。
しかし昆布無しの鯖棒も気合い入ってへんわな(^_^;)

2007 02 09 10:46 PM [(-_-;), 飲食] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.07

今日はひたすら

のんびり過ごすことに決定。
鼻炎の具合は一進一退。そんなに悪化しないが、もう抜けたのかな、と思うと「つつつーっ」と粘度の低いのが分泌してくるので、まだ抜けていないようである。
仕事のある日は夜しか飲まない鼻炎カプセルだが、今日は休みの日だから朝も飲む。おかげでぼちぼち眠気が・・・(+_+;)

それにしても、多少の風邪ひきでもマスクして出勤して、いつまで経っても治らない、という人が結構多いのだけど、どうも自分はそういう人とはカラダの作りが違うんではないか、と思ったりする。ちょっと風邪ひくとすぐにダウンします、ワタシ(^_^;)

ということで、これから眠気と戦いながらiTunesと戯れる予定。どこまで進むかな・・・

2007 02 07 01:19 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.05

来た・・・

これを半角カタカナで長音の安売りと顔文字付きで書かないのが、含羞、あるいはフトコロの深さ、というものである(そんなことはない)

ナニがキタか、というと、鼻の奥の違和感、というやつである。
毎冬、一度はなる。
風邪の治りかけ、鼻炎のなり損ない、そういうときによくなる。
鼻の奥の方で何かが居座っているのか、分泌し続けているのか、何かよくわからないが、微妙に嗅覚に変調を来たす。そして、これが始まるとかなりしつこく続く。

で、これが始まると、妙にノスタルジックな気分になってしまうのだ。
一番最初にこの現象に見舞われたのが高校3年のこの時期、受験シーズン真っ盛りの頃で、どうしても記憶がその頃に飛んでしまうワケである。
予備校の冬期講習をサボって、梅田の旭屋書店本店3Fにまだあった「リーブル」という喫茶店でのうのうとピラフなんぞ食してくつろいでいたことや、天王寺駅構内の立ち食いうどんをはふはふ言いながらすすっていたことなど、いろいろ思い出す。
当時書いていた武満もどきのピアノ曲の譜面なんぞを取り出してみたくなったり・・・

違和感だから、イヤなのだが、ときどき、少しイヤではない。
そして、気づかないうちに消えてしまっているのも、この違和感の不思議なところである。

2007 02 05 10:59 PM [日記・コラム・つぶやき] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック

2007.02.04

なかなか進まない

iTunesのライブラリ再構築作業は、ぢわぢわと進んではいるが、まだ先が長い。
アーティストの頭文字順に楽曲リストと楽曲ファイルをリンクしていくのだが、まだ「C」である(^_^;)

しかし、実はこの作業をやりながら、リンクが生きているものをちょこちょこと聴く(というか、聴きながら作業するの方が近いか)のがなかなか楽しいので、意識的に作業をのんびりやっている、という側面があるのは否定し難い。
昨年の春頃以降ライブラリに追加した楽曲(多分FMV C301でリッピングしたもの)については殆どリンクが生きているので、まだ再生履歴がないもの、殆ど再生していないものなどを中心にまとめて聴いたりしている。

疲れたら「大阪ハムレット」を読みふける。これはまぁ・・・大傑作ですよ。ナニがドウして森下裕美がこういう作品を書いてしまったのかよくわからないけれど、もしかしたらこれが彼女の本来の持ち味なのかも知れない・・・とも思ったりして。

今日はショーソンやらコルンゴルト、エルガーの交響曲を聴いて過ごす。いつ買ったのかよく覚えてないが、こういうCDラックの肥やしにしかなっていなかったものも、iTunesとiPodのおかげで日の目を見る、というのはめでたいことである(^_^)

2007 02 04 09:30 PM [music with iPod, アニメ・コミック] | 固定リンク | コメント(0) | トラックバック